Create issue ticket

考えれる4県の原因 肝静脈閉塞性疾患

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 臍炎
  • 肝静脈閉塞
  • ヒレハリソウ

    厚生労働省は、2004年6月14日、コンフリーを含む食品を摂取して障害(静脈閉塞疾患で、主に肝臓の細静脈の非血栓性閉塞による肝硬変又は肝不全及び肝臓癌)を起こす例が海外で多数報告されているとして、摂取を控えるよう注意を呼びかけると共に、2004年6月18日食品としての販売を禁止した。[ja.wikipedia.org] A.2 諸外国では、コンフリーを摂取した場合の主要な健康被害として、障害が報告されています。主な障害は静脈閉塞疾患で、主に肝臓の細静脈の非血栓閉塞による肝硬変又は肝不全です。主症状は、急性又は慢性の門脈圧亢進、肥大、腹痛です。 Q.3 コンフリーを含む製品を摂取していますが、どうすればいいですか。[mhlw.go.jp] 及びこれを含む食品の取扱いについて、「コンフリー(Symphytum spp.)が原因と思われるヒトの静脈閉塞疾患等の健康被害例が海外において多数報告されていること、また、日本においてコンフリーを使用した健康食品等がインターネットを使って販売されていることなどの情報から、日本においてコンフリーを摂食することによって健康被害が生じるおそれがあると[mhlw.go.jp]

さらなる症状