Create issue ticket

考えれる11県の原因 肝臓過誤腫

  • 結節性硬化症

    (経過観察) 自覚症状が有り治療が必要(酸素療法、ホルモン薬・抗腫瘍薬内服療法) 自覚症状があり、肺移植などの外科的治療が必要 MMPH なし あり その他 肺外LAM なし あり(経過観察) あり(治療が必要) あり(治療に抵抗性) 肝臓、卵巣などの腎以外の臓器の嚢過誤腫、PEComa なし あり(経過観察) あり(治療が必要) 悪性化[nanbyou.or.jp]

  • 術後膵臓炎

    の病理形態の理解と診断へのアプローチ(41) 肝の過誤 福井県済生会病院 中 沼 安 二…153 バックナンバーはこちら[arcmedium.co.jp] 新たな治療戦略の展開 信州大学 田中 直樹,他…125 胆汁酸研究の歴史とこれからの展開 世界とわが国の胆汁酸臨床応用の軌跡と今後の展開 帝京大学 滝 川 一…133 座談会“胆汁酸研究の新展開 回腸胆汁酸トランスポーター阻害剤投与に伴う大腸運動と胆汁酸代謝の変化 ………137 (司会) 牧野 勲、松靖司,中島 淳,田妻 進 シリーズ 肝臓[arcmedium.co.jp]

  • 骨硬化症

    ノバルティス ファーマ社内資料 腎以外の過誤(肝AML等) 結節性硬化症では、肝臓、脾臓や子宮でも過誤が発生することがあります。腎以外の過誤腫は小児よりも成人に多く( 図1 ) 3) 、男性よりも女性に頻発します。いずれも自覚症状はなく、経過観察で十分な場合が多いとされています。[afinitor.jp] 肝臓にできる過誤には、肝血管筋脂肪腫(肝AML)、血管腫、肝腺腫があります。超音波を用いた2つの異なる研究で、結節性硬化症患者の16 24%に肝AMLが認められたという報告があります 3) 。[afinitor.jp]

  • 遺伝性歯肉線維腫症

    20代後半の特に女性で肺の過誤(肺LAM)などが好発します。 その他、網膜の過誤や、骨症状、肝臓の腫瘍、頬粘膜や歯肉、口蓋、歯などの歯科口腔外科領域にも病変が認められます。 年齢期ごとに特徴的な臨床症状の発現時期を考慮しながら、必要に応じて各病変の専門医と連携をおこないながら、定期的なモニタリングを継続していくことが重要です。[afinitor.jp]

  • Aagenaes症候群

    後部胎生環 はRieger症候群,Bannayan-Riley-Ruvalcaba症候群(PTEN過誤症候群の表現型の一つ),多くの他の症候群でも見られる.一般集団の8-15%にもまたみられる.ALGSは他の所見の存在や遺伝学的検査によって区別することができる.[grj.umin.jp] 肝内胆汁うっ滞 と関連する他の疾患として,常染色体劣性遺伝性疾患である家族性肝内胆汁うっ滞1および2(Byler症候群),ノルウェー胆汁うっ滞(Aagenaes症候群),良性反復性肝内胆汁うっ滞(BRIC),北アメリカインディアン胆汁うっ滞(NAIC)が含まれる.これらの症状は主に肝臓に限定されるが,ALGSだけは多臓器での症状を認める.[grj.umin.jp]

  • 麦芽労働者肺

    […] karaciğer enfeksiyonu【日語:医】肝臓感染症 karaciğer haemangioma【日語:医】肝臓の海綿状の血管腫 karaciğer hamartoma【日語:医】肝間葉性過誤 karaciğer hastalığı【日語:医】肝静脈閉塞症 karaciğer hastalığı【日語:医】肝静脈閉塞病 karaciğer[gigadict.com] 【日語:医】肝芽細胞腫 karaciğer böbreği syndrome【日語:医】より生きている腎臓症候群 karaciğer böbreği syndrome【日語:医】肝腎症候群 karaciğer cirrhosis【日語:医】肝硬変症 karaciğer cyst【日語:医】肝嚢腫 karaciğer derti【日語:医】肝臓[gigadict.com] […] hastalığı【日語:医】肝臓病 karaciğer hastalığı【日語:医】肝多嚢胞症 karaciğer hemangioma【日語:医】肝血管腫 karaciğer hemangiosarcoma【日語:医】肝血管肉腫 karaciğer hücresi adenoma【日語:医】肝細胞腺腫 karaciğer hücresi[gigadict.com]

  • 新生児皮膚硬化症

    20代後半の特に女性で肺の過誤(肺LAM)などが好発します。 その他、網膜の過誤や、骨症状、肝臓の腫瘍、頬粘膜や歯肉、口蓋、歯などの歯科口腔外科領域にも病変が認められます。 年齢期ごとに特徴的な臨床症状の発現時期を考慮しながら、必要に応じて各病変の専門医と連携をおこないながら、定期的なモニタリングを継続していくことが重要です。[afinitor.jp]

  • 常染色体優性無症候性精神遅滞

    20代後半の特に女性で肺の過誤(肺LAM)などが好発します。 その他、網膜の過誤や、骨症状、肝臓の腫瘍、頬粘膜や歯肉、口蓋、歯などの歯科口腔外科領域にも病変が認められます。 年齢期ごとに特徴的な臨床症状の発現時期を考慮しながら、必要に応じて各病変の専門医と連携をおこないながら、定期的なモニタリングを継続していくことが重要です。[afinitor.jp]

  • 筋周皮腫

    1 0 0 0 0 0 1 過誤 0 0 1 0 0 0 1 肝臓血管肉腫 0 1 0 0 0 0 1 血管腫 1 0 0 0 0 1 2 血管内皮腫 0 1 0 0 0 0 1 骨形成生成エプリス 0 0 0 1 0 0 1 子宮線維腫 0 0 0 0 1 1 2 子宮腺筋症 0 0 1 0 0 0 1 神経内分泌細胞癌 1 0 0 0[ncah.jp] 0 0 3 軟部組織肉腫 0 1 0 1 1 1 4 基底細胞腫 2 1 0 0 0 0 3 化膿性肉芽腫 0 0 2 0 1 1 4 悪性メラノーマ 1 0 0 1 0 2 4 脂肪腫 1 1 0 0 0 1 3 平滑筋肉腫 0 1 0 0 0 0 1 卵巣腫瘍 0 0 0 0 1 0 1 組織球肉腫 0 0 0 1 0 1 2 骨肉[ncah.jp]

  • 結節性硬化症 2型

    (経過観察) 自覚症状が有り治療が必要(酸素療法、ホルモン薬・抗腫瘍薬内服療法) 自覚症状があり、肺移植などの外科的治療が必要 MMPH なし あり その他 肺外LAM なし あり(経過観察) あり(治療が必要) あり(治療に抵抗性) 肝臓、卵巣などの腎以外の臓器の嚢過誤腫、PEComa なし あり(経過観察) あり(治療が必要) 悪性化[nanbyou.or.jp]

さらなる症状