Create issue ticket

考えれる113県の原因 肝臓超音波異常

  • 肝腫瘍

    音波肝臓内に異常な影(病変)を検出した場合、さまざまな腫瘍との区別が必要です。一般的に2cmより大きい病変は、肝細胞がんでしか見られないような超音波画像が見られますが、小さい場合は超音波検査だけで診断することは困難です。 腹部造影CT、MRI検査: 腹部造影(ふくぶぞうえい)CTは、造影剤を静脈注射しながらCTを撮影する検査です。[medicalnote.jp] 血液検査では、白血球数増多症、貧血、血小板減少、肝数値(GPT,GOT,ALP)上昇が一般的ですが、何も異常を示さないこともあります。 腹部音波検査は肝臓の腫瘤を発見するには非常に有用ですが、腫瘤が巨大な場合、重要な血管との関係性や他臓器への浸潤が明確には分かりません。[mah.jp] ウイルス感染や免疫異常の有無は血液検査でわかります。 さらに肝臓の状態を把握し、がんができていないか調べるために、エコー(音波検査)やCT(X線による断面撮影)などの画像検査をおこないます。[min-iren.gr.jp]

  • 胆嚢膿瘍

    腹部音波検査は外来で比較的簡単に検査ができます。肝臓、胆のう、胆管に異常があるか、胆汁の閉塞が疑われるかなどを評価します。 これらの検査で胆管がんが疑われた場合には続いてMDCT(マルチスライスCT)検査を行います。いわゆるCTスキャンですが、最近の機器の進歩により1回の撮影で様々な角度からの画像を作成することが可能です。[jshbps.jp]

  • 肝転移

    2018.02.07 大腸外科 投稿者: 外科部長 山口達郎 1.大腸がん肝転移の割合 悪性腫瘍、いわゆる「がん」は様々な臓器(肝臓や肺など)に転移する可能性があります。大腸がんでは、初めて病気が見つかった時点で、2割近い患者さんに肝臓や肺などの転移がみられ、中でも最も多く転移がみられる臓器が「肝臓」で、およそ半数を占めます。また、初回治療時にがんが取り切れたと判断されても約7%の患者さんが肝臓に再発すると言われています。 2.大腸がん肝転移の診断と治療のために必要な検査 採血 肝機能検査[…][cick.jp]

  • 脂肪肝

    中には、人間ドックなどの腹部音波検査で「あなたは脂肪肝です」と指摘された人もいるかもしれません。 脂肪肝とは、肝臓に脂肪が異常に蓄積した状態です。脂肪肝の原因として、アルコール以外に、過栄養があります。後者を「非アルコール性脂肪肝」と言います。[nissay.co.jp] 肝生検、腹部音波検査、肝臓の硬さの計測、経口ブドウ糖負荷試験は有効であるとされ隠れた糖代謝異常を早期に把握し、糖尿病治療を開始する事は有効と考えられている。血中フコシル化糖タンパク質を血清マーカーとして実用化するための研究が進められている。[ja.wikipedia.org] これには肝臓音波検査が最適です。超音波検査で脂肪肝を認めた場合、アルコールを飲まない方で、血液検査で肝障害(AST やALT の異常高値など)があるとNAFLDの疑いが出てきます。そして、血液検査でB型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎や自己免疫性肝疾患などの他の肝臓病がないことを確認した時点で、NAFLD と診断します。[nakanohp.com]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    経過観察中に、肝機能異常を認め、腹部音波検査施行し、肝臓右葉内に径10cmの単発性の腫瘤を認めた。血清アメーバ抗体400倍を認め、アメーバ性肝膿瘍の診断にて12月9日当院転院となる。当院入院時に実施した便原虫検査からは栄養型が検出された。入院後、メトロニダゾール投与、膿瘍穿刺を行い、臨床症状の改善を認めた。[idsc.nih.go.jp]

  • 肝血管腫

    肝腫瘍の中で最も頻度の高い良性の腫瘍です。血管腫は太い血管が密に増生した病変で、健診の際に偶然にみつかります。エコー検査で特徴的な像を呈すれば診断は容易ですが、まれに初期の肝細胞がんと所見が似ていることがあり、CTかMRIで鑑別診断を行う必要があります。脂肪肝のなかに血管腫ができた場合も、エコーでは確定診断が難しく、やはり、CTかMRIが必要です。典型的な所見でない場合は、肝生検するか、定期的な観察が必要です。肝血管腫でも増大して腹痛や圧迫感などの症状が出てきた時は切除の適応と考えられます。[tobu-hp.or.jp]

  • 横隔膜下膿瘍

    ベストツイート 【腹痛(左上腹部)】膵炎、脾梗塞、横隔膜下膿瘍、大動脈解離 【腹痛(右下腹部)】 虫垂炎 、尿路結石、 憩室炎 、大腿ヘルニア陥頓、閉鎖後ヘルニア、子宮外妊娠、精巣/卵巣捻転、十二指腸潰瘍穿孔 【腹痛(左下腹部)】大腸癌、尿路結石、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎 【腹痛(左上腹部)】膵炎、脾梗塞、横隔膜下膿瘍、大動脈解離 【腹痛(右下腹部)】 虫垂炎 、尿路結石、 憩室炎 、大腿ヘルニア陥頓、閉鎖後ヘルニア、子宮外妊娠、精巣/卵巣捻転、十二指腸潰瘍穿孔 【腹痛(左下腹部)】大腸癌、尿路結石、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎 【腹痛(左上腹部)】膵炎、脾梗塞、横隔膜下膿瘍、大動脈解離[…][search.yahoo.co.jp]

  • 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症

    腹部音波がしばしば最初に行われる検査であり,肝臓の大きさおよび胆嚢と総胆管の特定の異常を非侵襲的に評価できる。しかし,非特異的である。肝胆道シンチグラフィーも行うべきである;腸管内への造影剤排泄により胆道閉鎖は否定されるが,排泄がない場合は胆道閉鎖症,重度の新生児肝炎,および胆汁うっ滞に対する他の原因が考えられる。[msdmanuals.com]

  • 骨髄増殖性疾患

    UMIN試験ID UMIN000031960 最終情報更新日: 2018年6月10日 公開日:2018年5月22日 登録・組み入れ開始日:2018年5月22日 慢性骨髄増殖性疾患に対する3種混合WT1 ペプチドワクチン免疫療法WT1 Trioの臨床試験 基本情報 試験簡略名 慢性骨髄増殖性疾患に対するWT1 Trioワクチン免疫療法 試験進捗状況 一般募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 骨髄増殖性腫瘍 (真性多血症、本態性血小板血症) 評価 主要アウトカム評価 安全性 副次アウトカム評価 WT1特異的免疫応答の誘導 臨床効果 試験デザイン 介入 介入1[…][rctportal.niph.go.jp]

さらなる症状