Create issue ticket

考えれる125県の原因 肝臓紫斑病

  • 気管支原性癌
  • 大腸の腺癌

    大腸癌の腺癌で中分化型は増加傾向にあり、その背景には喫煙などの酸化ストレスによる環境因子を原因としたKRAS遺伝子変異が関わっている可能性が、ゲノム解析で明らかになった。7月16日から18日に大阪市で開催された第64回日本消化器外科学会総会のワークショップ「大腸中分化型腺癌への対応」で、九州大学大学院消化器・総合外科の掛地吉弘氏らが発表した。 大腸癌の大半を占める腺癌は組織学的に高分化型、中分化型、低分化型に分けられ、高分化型に比べて中分化型は予後が悪いとする報告もある。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

  • 盲腸腺癌

    Abstract 虫垂mucosa-associated lymphoid tissue(以下,MALTと略記)リンパ腫は極めてまれな疾患であるが,今回,我々は Helicobacter pylori (以下, H. pylori[…][jstage.jst.go.jp]

  • 肺結核

    肺結核症診断の信頼性、誤診を避ける方策 結核予防会第一健康相談所 増山 英則 この総説を書くきっかけは、結核予防会結核研究所での国際研修生用の講義録作成に由来する。肺結核症の診断においてDNAプローブ法、PCR、MTD、MGIT法等、最近の進歩は著しい。しかし、途上国において国の中央のラボラトリーでさえ従来の培養しかできないのにもかかわらず、DNAプローブ法を導入しても診断の向上は望めないであろう。[…][jata.or.jp]

  • 慢性糸球体腎炎

    慢性糸球体腎炎の治療 ブックマーク: 慢性糸球体腎炎 とは単一の疾患ではなく、多くの疾患の総称です。その名の通り 慢性の腎臓病 で、急性糸球体腎炎と異なり、現在の治療では完治しない場合も多いです。 腎生検などの検査や、副作用を伴うような強力な治療を必要とする場合には入院が必要ですが、 通院治療 が原則となります。定期的に外来受診し、病状が悪化していないかをチェックするため、検尿や蓄尿、血液検査などを行う必要があります。治療の目標は腎不全にならないようにすることです。(一部の疾患では寛解を目指します。) 慢性糸球体腎炎には、 IgA腎症 、 膜性腎症 、 膜性増殖性糸球体腎炎 、[…][plaza.umin.ac.jp]

  • 糖尿病性ケトーシス昏睡

    06 シックデイ対策を覚えておこう Q.529 ケトン体が増えると、どんな症状が現れますか? A. ケトーシスでは吐き気や腹痛などが現れますが、その症状は、シックデイの原因となった病気が引き起こしている症状と間違われたりして、ケトーシスに気付かないことがあります。そしてケトーシスからケトアシドーシスに進行すると、意識障害や昏睡といった緊急治療が必要な危険な状態に至ってしまいます。[…][dm-net.co.jp]

  • バルトネラ感染症

    細菌性血管腫症-紫斑病患者 49 人中 26 人 ( 53% ) が B. henselae に感染し,23人 ( 47% ) が B. quintana に感染していた.皮下および溶解性骨病変は,B. quintana に強く関連したが,肝臓紫斑は,B. henselae のみに関連した.B. henselae 感染患者は試験期間を通じて[nejm.jp] HIV感染などの免疫不全患者では細菌性血管腫や肝臓紫斑を惹起します。猫ひっかき病は温暖な地域ほどその発症例が多く、わが国においても西日本に多い傾向があります。また、ノミの繁殖と関連して秋から冬にかけて多く発症します。[jsbac.org] 実質臓器に嚢腫が波及した場合,細菌性肝臓紫斑(bacillary peliosis hepatic),脾臓性紫斑病(splenic peliosis)ともよばれる。 B. henselae に感染している猫は,通常臨床症状を示さない。[jabfid.jp]

  • 転移性腎細胞癌

    グラクソ・スミスクラインplc(以下、GSK)は、本日、第III相、無作為化、非盲検試験であるCOMPARZ試験(NCT000720941、COMParing the efficacy, sAfety and toleRability of paZopanib vs. sunitinib)の結果が New England Journal of Medicine 誌[2013年8月22日]に掲載されたことを発表しました 1[…][jp.gsk.com]

  • 血管腫症

    その後AIDS患者にみられる肝臓紫斑や持続熱でも同様な菌が検出され, Rochalimaea henselae と命名された。この Rochalimaea 属の新種はBAの病原体に関する10年にわたる探索の到達点であり,CSD患者からも検出されることからCSDの病原体としても注目されている。ネコとのコンタクトは両疾病のリスク因子である。[idsc.nih.go.jp] 細菌性血管腫症-紫斑病患者 49 人中 26 人 ( 53% ) が B. henselae に感染し,23人 ( 47% ) が B. quintana に感染していた.皮下および溶解性骨病変は,B. quintana に強く関連したが,肝臓紫斑は,B. henselae のみに関連した.B. henselae 感染患者は試験期間を通じて[nejm.jp]

さらなる症状