Create issue ticket

考えれる8県の原因 肝臓摩擦音

  • 肝腫瘍

    UMIN試験ID UMIN000014522 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2014年7月9日 登録・組み入れ開始日:2014年7月10日 基本情報 試験簡略名 悪性肝腫瘍に対するIRE治療 試験進捗状況 限定募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 肝細胞癌、転移性肝癌、胆管細胞癌 評価 主要アウトカム評価 IRE治療の有効性(治療6か月後のmodified RECISTによる評価) 副次アウトカム評価 IRE治療の安全性(治療1か月以内の有害事象の評価)。有害事象の評価はCTCAE version 4.0を用いる。 試験デザイン 介入 適格性 年齢(下限) 20歳以上[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 肝芽腫

    肝芽腫(かんがしゅ、英: Hepatoblastoma)は乳児・小児に発生する稀な悪性肝新生物であり、組織型は胎児肝細胞、成熟肝細胞、胆管細胞に類似している。通常、腹部腫瘤として触知される。3歳以下の幼児でα-フェトプロテイン(AFP)上昇により診断されることが多い。診断時にAFPが上昇していない場合は予後不良である。 肝芽腫は未熟な肝前駆細胞に由来し、孤立的で、肝左葉に比べて右葉に多い。転移し得る。 早期に大腸ポリープや腺癌を有する家族性大腸腺腫症(FAP)の患者はしばしば肝芽腫を併発する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    肝膿瘍 (かんのうよう、 英 : liver abscess )とは 肝臓 に 膿瘍 が出現する状態。 大腸菌 、 連鎖球菌 、 ブドウ球菌 、 赤痢アメーバ などの感染を原因とするものと 腸炎 、 胆道炎 、 虫垂炎 などの 炎症 によるものとがある。肝膿瘍では 発熱 、 発汗 、 腹痛 などが認められ、 血液所見 として 白血球 の増加が認められる。治療には排膿のために 穿刺 あるいは 開腹手術 が行われる。 ウシ では主として グラム陰性 無 芽胞 嫌気性 桿菌 の1属である フソバクテリウム属 の 壊死桿菌 (学名: Fusobacterium necrophorum[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝臓疾患

    本センターは、関連各科が協力し、最新かつ最適な医療の提供を目的とした肝臓病に対する一元的な組織です。 主な診療業務 肝生検を含む専門的な検査と治療方針の決定 難治例や高度肝障害例、診断困難例への対応 24時間体制での肝不全への対応 食道・胃静脈瘤、肝性脳症、腹水などの肝硬変合併症への対応 肝がんの早期発見と専門的な治療の実施 病気の悩みや治療への不安、日常生活の注意点等の相談対応、医療費助成や障害者手帳等の諸制度の案内、仕事と治療の両立支援等業務 他の肝疾患専門医療機関やかかりつけ医との連携業務 医療従事者向き研修会、市民公開講座、肝臓病教室等の開催[…][hospital.iwata.shizuoka.jp]

  • 淋菌性肝周囲炎

    症状で救急外来を受診する患者もありますが,そこで分泌液を染めて,顕微鏡検査で淋菌が検出されて診断がつくケースが多いのです。ときに睾丸炎,副睾丸炎,前立腺炎を起こすこともあります。女性では子宮頸管炎や骨盤腹膜炎等を起こすことがあります。 時に菌血症を起こして,淋菌性関節炎を起こすことがあります。整形外科に手の指の関節炎で来院し,関節穿刺液を調べたら淋菌が検出されて診断された例もありました。治療はニューキノロン系抗菌薬や第3世代セファロスポリン(セフトリアキソン)などがよく効きます。 3.クラミジア クラミジア感染症は最近増えてきている感染症です。成人では男性の3[…][nippon.zaidan.info]

  • 肝梗塞

    注意! これは神戸大学病院医学部5年生が提出した感染症内科臨床実習時の課題レポートです。内容は教員がスーパーバイズしています。そして本人に許可を得て署名を外してブログに掲載しています。 2016年7月15日より、レポート提出のルールを変えています。学生に与えられたレポート作成時間は総計5時間。月曜日に「質問形式」のテーマを考え、岩田が審査し、そのテーマが妥当と判断された時点からレポート作成スタート、5時間以内に作成できなければ未完成、完成して掲載レベルであればブログに掲載としています。[…][georgebest1969.typepad.jp]

  • 転移性肝癌

    肝臓の血管雑音と摩擦音を伴う胸膜炎様の疼痛は,まれであるが特徴的な所見である。ときに脾腫がみられ,特に原発巣が膵臓である場合に多い。腹膜播種を併発すると腹水を来すことがあるが,黄疸は通常,腫瘍による胆道閉塞が生じない限り,初期にはみられないか軽度である。 末期では,進行性の黄疸および肝性脳症が死の前兆となる。[msdmanuals.com]

さらなる症状