Create issue ticket

考えれる10県の原因 肝臓安定

  • 門脈性肝硬変
  • 特発性肝硬変
  • 大結節性肝硬変
  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

  • アミロイドーシス

    アミロイドーシス(Amyloidosis)とは「アミロイド」と呼ばれる蛋白が全身の臓器の細胞外に沈着する疾患。日本では特定疾患(難病)に指定されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 転移性肝癌
  • 先天性肝硬変
  • ウィルソン病

    ウィルソン病 (ウィルソンびょう、Wilson disease、略: WD)とは、先天性銅代謝異常 [1] によって無機 銅 が代謝されずに蓄積し、 大脳 の レンズ核 の変性と共に 肝硬変 ・ 角膜 輪等を生ずる疾患で、通常は5歳から15歳頃までに発病するが、2歳から72歳までは可能性があり、無治療では通常30歳までに死に至る [1] 。 肝レンズ核変性症 とも呼ばれる [1] 。 臨床像と病態 [ 編集 ] 30,000人に 1人程度性別に関係なく発症する [2] 。日本では2008年時点で、患者の約22%は発症から3年を経ても確定診断されず治療開始が遅れているとの指摘がある [3][…][ja.wikipedia.org]

  • 二次性胆汁性肝硬変
  • 潰瘍性大腸炎

    既に、同大付属病院での患者数が多いクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患(IBD)と乾癬を対象に、消化器・肝臓内科や皮膚科の協力を得て臨床研究に向けた準備が進行中だ。[medical.jiji.com] 免疫安定化の研究報告 東京慈恵会医科大学の嘉糠洋陸教授 嘉糠教授が寄生虫に注目したのは、アジアやアフリカなど寄生虫症が広がっている発展途上国では、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の患者が少ないことだった。[medical.jiji.com]

さらなる症状