Create issue ticket

考えれる97県の原因 肝臓安定

  • 大結節性肝硬変

    また、いったん肝硬変となってしまえば完全に治癒することはありませんが、アルコール性の肝硬変で完全に禁酒ができる例や、ウイルス性の肝硬変でウイルスが消失する例のように、肝臓を傷害する原因を排除できる場合には、長期間にわたって安定した経過を示すこともあります。[fujimoto.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    肝臓の解剖・生理 肝臓は右上腹部に位置する臓器で、代謝や解毒といった体を支えるはたらきをしています。肝臓は肋骨に囲まれているので、通常は体表から触れることはできません。肝臓にできる肝がんは、肝臓から生じる原発性肝がんと、大腸など他臓器のがんが肝臓に転移してできる転移性肝がんの大きく二つに分類されます。ここでは原発性肝がんのほとんどを占める肝細胞がんについて説明します。 肝細胞がん 原因[…][med.akita-u.ac.jp]

  • 特発性肝硬変

    今年になってから、父が息切れするようになったため、病院で診てもらったところ、心臓肥大が見られ入院。 心臓カテーテルの結果、血管には問題なし。不整脈なし。筋肉の壁が厚くなっていて、肥大型 、拡張型 、梗塞型 という状態で、血圧も低めで、一般的な心不全とは異なり、原因不明。 その検査の中で胃がんが見つかり手術。その後、心臓に関しては特に今すぐどうの、という状態ではないということで退院。[…][jhf.or.jp]

  • 先天性肝硬変

    その原因はまだはっきりしませんが、成人先天性心疾患に多い右心不全による、肝臓や腎臓のうっ血による臓器障害や運動不足も関係していると考えられています。 ですから、状態の安定した成人先天性心疾患の患者さんは、食生活に加え生活習慣の改善が大切です。[ncvc.go.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

  • アミロイドーシス

    本アミロイドーシス病型解析は、「検体検査の精度確保に係る改正医療法:平成30年12月1日施行」において「診療の用に供する検査」ではなく「研究」として位置づけられています。このため、必ずしも「同医療法における診断のための質の担保」がなされているものではありません。 注1)野生型ATTRアミロイドーシス(老人性全身性アミロイドーシス)が疑われる患者様に対するトランスサイレチン(TTR)遺伝子検 査(BMLによるTTR遺伝子変異解析, 保険収載)について。 当施設では、遺伝性ATTRアミロイドーシス(家族性アミロイドポリニューロパチー, ATTR-FAP)が疑われる患者様のTTR遺伝子[…][www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 転移性肝癌

    執筆者: Steven K. Herrine , MD, Professor of Medicine, Division of Gastroenterology and Hepatology, and Vice Dean for Academic Affairs, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University[…][msdmanuals.com]

  • ウィルソン病

    (Wilson病,先天性銅中毒) 執筆者: Larry E. Johnson, MD, PhD, Associate Professor of Geriatrics and Family and Preventive Medicine, University of Arkansas for Medical Sciences; Medical Director, Central Arkansas Veterans Healthcare System[…][msdmanuals.com]

  • 二次性胆汁性肝硬変

    肝硬変になってもウイルス性(B型、C型)の場合には種々の抗ウイルス剤によって、またアルコール性の場合でも完全断酒によって正常の肝臓に近づくような時代になってきております。しかし、まだまだ多くの肝硬変ではその原因となるものに対する治療を行っても改善しないことの方が多い状態です。 肝硬変では原因が何であれ、加齢とともに肝細胞癌を合併してくる頻度が上昇してきます。このような場合この肝細胞癌への対処法は定期的にエコーなどの検査を行い早期発見、早期治療が最善です。肝細胞癌以外の合併症に対するケアが肝硬変患者さんの日常生活上の注意として挙げられます。[…][asakura-med.or.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12は、主に血液の生成に重要な役割を果たすビタミンで、貧血予防や精神の安定などに有効とされています。肝臓(レバー)、チーズ、卵黄、魚介類などの動物性の食品に含まれていますが、植物性の食品には含まれていないので、ベジタリアンの方、レバーやチーズが嫌いな方は、不足しないように気をつける必要があります。[eonet.jp]

さらなる症状