Create issue ticket

考えれる206県の原因 肝臓の肥大, 血小板減少

  • ゴーシェ病

    主な症状としては肝臓や脾臓の肥大や、血小板減少により貧血症状が起こったり、骨が大変もろくなり、非常に骨折しやすくなったり変形(X脚など)する。また、タイプによっては神経症状が出る患者もいる。[ja.wikipedia.org] 一方、成人では肝脾腫が軽度なため血小板減少から発見されることが多く「血小板減少が認められた場合には、可能性としてゴーシェ病を疑い、ACPとACEの検査および触診あるいはエコーによる肝脾腫の確認を行うことが望ましい」と同氏。確定診断は、皮膚や骨髄から細胞を採取し、グルコセレブロシダーゼの活性測定によって行う( 図 )。 図.[medical-tribune.co.jp] II型(乳児型) 乳児期 に発症し、I型の肝臓・脾臓の肥大、貧血や血小板の減少、骨症状などと共に重い神経症状が急速に進行する病状を伴う。2型は「急性小児神経障害性ゴーシェ病」と呼ばれており、ゴーシェ病の最も重篤な形態である。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性骨髄線維症

    これは貧血、脾臓および肝臓肥大、倦怠感などの症状を引き起こす。一部の骨髄線維症の患者では、急性骨髄性白血病へ進行することもある。 2011 年に承認されたルキソリチニブは、骨髄線維症の疾患に限定して承認された現在唯一の薬剤であり、 JAK 阻害剤として知られる分子標的治療薬である。[cancerit.jp] 血液検査 ヘモグロビン10g/dl未満の貧血(70%)、10万/μl未満の血小板減少(32%)、逆に 50万/μl以上の血小板増加(24%)に認められます。 末梢血塗抹標本では健常人では見ることができない赤芽球(87%)、巨大血小板 (44%)、涙滴赤血球(69%)、骨髄芽球(62%)を見ることができます。[med.osaka-cu.ac.jp] 骨髄線維症は骨髄が瘢痕組織に置き換わってしまう疾患で、骨髄で起こるはずの造血は肝臓や脾臓で行われるようになり、それらの臓器は肥大するが、貧血は解消されない。血小板や白血球の数も減少し、倦怠感、寝汗、体重減少、かゆみなどの症状が表れて、QOLが低下する。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 遺伝性血小板異常

    脾臓や肝臓肥大がみられることもあります。 赤丸:球状赤血球 赤矢印:赤血球貪食像 免疫介在性血小板減少症(IMTP) 末梢血中の血小板が著しく減少する疾患で、皮膚や粘膜の紫斑が高頻度に認められます。また、消化管出血、 鼻出血、血尿などの出血傾向が認められることもあります。[asakadai-ah.jp] 血小板減少症という名前はあくまでも症状を表すものであり、血小板減少した原因を表しているわけではありません。一般的に、血小板減少する理由で多いのは、自ら作った抗体で血小板を壊してしまう特発性血小板減少性紫斑病だと言われています。[n-opi.com] 特発性血小板減少性紫斑病には、血小板減少が急におこる急性特発性血小板減少性紫斑病(急性ITP)と、徐々におこってくる慢性特発性血小板減少性紫斑病(慢性ITP)の2つのタイプがあります。 急性特発性血小板減少性紫斑病(きゅうせいとくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう) 子どもに多くみられ、発生数に男女差はありません。[kotobank.jp]

  • 汎血球減少

    具体的な症状としては、肝臓や脾臓の肥大、骨痛や骨折、皮膚腫瘤、胸腺腫大による呼吸困難、脳脊髄に浸潤すると頭痛やけいれんなどがみられます。 【診断】 骨髄穿刺で骨髄細胞の形態、細胞表面膜マーカーの検査、染色体検査、遺伝子検査を行って、白血病の診断、白血病の種類を確定します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] の診断基準(表3)に基づく. 4.血小板減少症 [診断] ①血小板の見かけの減少 ①末梢血液塗抹標本で巨大血小板なし:EDTA による偽性血小板減少 ②末梢血液塗抹標本で巨大血小板あり:Bernard-Soulier 症候群 ②血小板の真の減少 ①骨髄検査で骨髄巨核球数減少:特発性血小板減少症( 再生不良性貧血 ),無巨核球性血小板減少症,[primary-care.sysmex.co.jp] 血小板減少時は肝機能障害を疑うということでしたが、肝臓で血小板が作られなくなるからでしょうか? A73. 血小板減少時には確かに肝機能障害を疑いますが、肝臓が血小板を作っているわけではありません。 血小板など血球(白血球・赤血球など)は、骨髄の造血幹細胞で作られます。 ポイントは血小板を壊す方にあります。[rishou.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    また、肝臓、脾臓、リンパ節等いろいろな臓器に白血病細胞が侵入し、これらが次第に大きくなることで(肥大と呼ばれる)、いろいろな障害を引き起こすことになります。 抗がん剤を組み合わせた治療法やそれに造血幹細胞移植を加えた治療が必要です。[pref.aichi.jp] 腫大領域2ヶ所以内 12年 B 病期A 腫大領域が3ヵ所以上 7年 C 貧血 (Hg10g/dl以下)または血小板減少 (血小板数10万/μl以下) 2-4年 経過・予後 [ 編集 ] CLLでは進行の早い群と進行がゆっくりで治療しなくとも長い生存期間が期待できる2群に分けられるが、 免疫グロブリン H鎖遺伝子(IgVH)の突然変異の有無で[ja.wikipedia.org] 免疫の異常を伴うことも多く、赤血球や血小板を破壊する蛋白(自己抗体)が出現することによって赤血球や血小板減少したり (自己免疫性溶血性貧血、自己免疫性血小板減少症といいます)、それ以外の自己免疫性疾患を合併することもあります。 診断 血液中に成熟Bリンパ球が増えている(5,000/μL以上)ことが診断には必須です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 肝脾腫

    また、肝臓、脾臓、リンパ節等いろいろな臓器に白血病細胞が侵入し、これらが次第に大きくなることで(肥大と呼ばれる)、いろいろな障害を引き起こすことになります。 抗がん剤を組み合わせた治療法やそれに造血幹細胞移植を加えた治療が必要です。[pref.aichi.jp] 一方、成人では肝脾腫が軽度なため血小板減少から発見されることが多く「血小板減少が認められた場合には、可能性としてゴーシェ病を疑い、ACPとACEの検査および触診あるいはエコーによる肝脾腫の確認を行うことが望ましい」と同氏。確定診断は、皮膚や骨髄から細胞を採取し、グルコセレブロシダーゼの活性測定によって行う( 図 )。 図.[medical-tribune.co.jp] 血小板減少時は肝機能障害を疑うということでしたが、肝臓で血小板が作られなくなるからでしょうか? A73. 血小板減少時には確かに肝機能障害を疑いますが、肝臓が血小板を作っているわけではありません。 血小板など血球(白血球・赤血球など)は、骨髄の造血幹細胞で作られます。 ポイントは血小板を壊す方にあります。[rishou.org]

  • 難治性貧血

    具体的な症状としては、肝臓や脾臓の肥大、骨痛や骨折、皮膚腫瘤、胸腺腫大による呼吸困難、脳脊髄に浸潤すると頭痛やけいれんなどがみられます。 【診断】 骨髄穿刺で骨髄細胞の形態、細胞表面膜マーカーの検査、染色体検査、遺伝子検査を行って、白血病の診断、白血病の種類を確定します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 具体的には、頻繁に遭遇する鉄欠乏性貧血から稀な造血不全または難治性の貧血(再生不良性貧血、骨髄異形成症候群の一部)、血液のがん(急性白血病、慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)、血小板減少症(特発性血小板減少性紫斑病)、などの「血液の病気(血液疾患)」の診療を担当します。[kusatsu-gh.or.jp] このページのトップへ 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とは 特発性血小板減少性紫斑病は、血小板の産生には大きな異常はありませんが、自分自身の血小板を自分自身が間違えて攻撃してしまうことにより、血小板減少してしまう病気です。[ymghp.jp]

  • 骨髄線維症

    骨髄線維症は骨髄が瘢痕組織に置き換わってしまう疾患で、骨髄で起こるはずの造血は肝臓や脾臓で行われるようになり、それらの臓器は肥大するが、貧血は解消されない。血小板や白血球の数も減少し、倦怠感、寝汗、体重減少、かゆみなどの症状が表れて、QOLが低下する。[medical.nikkeibp.co.jp] 血液検査 ヘモグロビン10g/dl未満の貧血(70%)、10万/μl未満の血小板減少(32%)、逆に 50万/μl以上の血小板増加(24%)に認められます。 末梢血塗抹標本では健常人では見ることができない赤芽球(87%)、巨大血小板 (44%)、涙滴赤血球(69%)、骨髄芽球(62%)を見ることができます。[med.osaka-cu.ac.jp] と貧血であり,投与量の減量,治療の中断,輸血によって管理された.各群 1 例が血小板減少症のために治療を中止したが,貧血のために中止した例はなかった.血液以外の有害事象はまれであり,ほとんどがグレード 1 または 2 であった.利用可能な最良の治療群では急性骨髄性白血病が 2 例報告された.[nejm.jp]

  • 薬物性血小板減少症

    肝細胞の線維化が起こると、肝臓の血流が低下して肝臓の上流にある脾臓に血液がたまり、脾臓が肥大します。 脾臓では古くなった血液を分解しているので、脾臓に血液がたまることによって壊される血小板数も増え、血液中の血小板の数が減少します。 肝細胞が線維化してくると、肝硬変や肝がんへ進展する確率が高いため、線維化の程度を知ることは非常に重要です。[kanen-net.info] 偽性血小板減少症 DIC 薬剤性 大出血 肝不全 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) 溶血性尿毒症症候群(HUS) 骨髄抑制 その他 « 頭部CT(脳CT)正常像の各名称 :前の記事 次の記事: 偽性血小板減少症(EDTA依存性偽性血小板減少症) » お問い合わせ ポケットガイドの内容に関してのお問い合わせは[qq8oji.tokyo-med.ac.jp] ホーム 新着文献 リファンピシンによる免疫学的血小板減少 薬剤 リファンピシン 抗生物質製剤 副作用 血小板減少 概要 89歳、男性。来院3週間前より下肢浮腫が出現し徐々に増悪。2週間前からは労作時呼吸困難も自覚し、来院当日は自力での移動が困難となり救急搬送された。[imic.or.jp]

  • 高グロブリン血症性紫斑

    肝細胞の線維化が起こると、肝臓の血流が低下して肝臓の上流にある脾臓に血液がたまり、脾臓が肥大します。 脾臓では古くなった血液を分解しているので、脾臓に血液がたまることによって壊される血小板数も増え、血液中の血小板の数が減少します。 肝細胞が線維化してくると、肝硬変や肝がんへ進展する確率が高いため、線維化の程度を知ることは非常に重要です。[kanen-net.info] 出血症状とし て自覚はなく、健康診断などで血小板減少を指摘され、受診する場合もあります。 検査所見 1.末梢血 a) 血小板減少: 10万/μl 以下 。時に抗凝固剤EDTAによって血小板減少が認められる 偽性血小板減少症(見かけ上の血小板減少症) が見られる場合があります。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在では免疫の異常により血小板に対する自己抗体(「抗血小板抗体」)ができ、血小板が脾臓で壊されやすくなることが血小板の数が減る原因であることが明らかになり、「免疫性血小板減少症」という名前で呼ばれるようになってきました。なお、特発性血小板減少性紫斑病も免疫性血小板減少症も英語の略号は「ITP」です。[kanazawa-med.ac.jp]

さらなる症状