Create issue ticket

考えれる1,529県の原因 肝腫瘍

  • 肝細胞癌

    ( 2018年10月 ) 細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 癌 の90%以上を占める。[ja.wikipedia.org] 腫瘍 の中では最も頻度が高い.わが国の最新の調査(2004 2005年)では細胞癌,内胆管癌はそれぞれ原発性癌全体の94%,4%を占めるが,ほかの腫瘍は全体の1%以下できわめてまれである.癌による年齢調整死亡率は男性では人口10万人あたり肺癌・胃癌についで第3位,女性では胃癌・肺癌・乳癌・大腸癌についで第5位である(2005年厚生省人口動態統計[kotobank.jp] 本剤の治療が推奨される投与対象は、海外第Ⅲ相臨床試験を参考として、 Child-Pugh 分類Aの患者で、腫瘍数は2 〜3個かつ腫瘍径3cm 超の症例、もしくは腫瘍数が4個以上の患者であり、このうち、腫瘍数2 〜3個かつ腫瘍径3cm 超の患者では、切除および局所療法の有効な症例を除外すること、内病変であるが腫瘍径の大きさや重要血管などとの[pharma-navi.bayer.jp]

  • 肝腫瘍

    発生・分類 こどもの腫瘍は約60%が悪性で、そのうち90%が 芽腫 または 細胞癌(成人型癌) とよばれる腫瘍です。一方、良性腫瘍の大部分は 血管腫 で、他に 間葉性過誤腫 など稀な腫瘍があります。 芽腫 芽腫は最も多いこどもの悪性腫瘍です。[dokkyomed.ac.jp] 腫瘍 腫瘍について 腫瘍について 腫瘍(かんしゅよう)は、実質や胆管から発生したもの(原発性がん・胆管がん)と、他の臓器から転移したもの(転移性がん)に大きく分かれます。 悪性の腫瘍(がん)は、正常組織よりも増殖速度が速く、まわりの組織を破壊して発育し、時に他の場所に転移します。[osaka-igrt.or.jp] 胃がんからの転移性腫瘍と考えられま す。 転移性腫瘍の所見は、基本的には原発巣に準じます。胃・大腸・膵・胆嚢など腺癌からの血行性転移巣は乏血管性で、同心円状のパターンを呈することが多い です。[m-satellite.jp]

  • 肝血管腫

    概要 ポイント: 良性腫瘍として、血管腫、アデノーマなどが挙げられる。 血管腫: ポイント: 詳細情報 血管腫は良性の腫瘍の中で最も頻度が高く、剖検例の約5%にみられる。中高年 若年、女性 男性、右葉に多くみられる。[clinicalsup.jp] 発生・分類 こどもの腫瘍は約60%が悪性で、そのうち90%が 芽腫 または 細胞癌(成人型癌) とよばれる腫瘍です。一方、良性腫瘍の大部分は 血管腫 で、他に 間葉性過誤腫 など稀な腫瘍があります。 芽腫 芽腫は最も多いこどもの悪性腫瘍です。[dokkyomed.ac.jp] 機能障害がなければ、検診で見つかった高エコーを呈する腫瘍(良性も悪性も含めて腫瘍と言います)の場合、ほとんどが「血管腫」と呼ばれる良性腫瘍で、肝臓の中に毛細血管が一部増殖して腫瘍状に発育したものです。「顔などにできる赤あざのようなものが肝臓の中にできているものと考えて下さい。」と何時も患者さんには話しております。[www2.biglobe.ne.jp]

  • 極度の胎児未熟

    芽腫と細胞がんの両方の特徴を有するこの腫瘍は年長児および青年に見られるまれな新生物であり、芽細胞とこれより成熟した細胞様の腫瘍細胞間の中間的な位置を占めると推定される。腫瘍細胞は、古典的芽腫と明らかな細胞がん間の腫瘍の領域で変化しうる。国際的なコンセンサス分類において、これらの腫瘍細胞新生物、NOSと呼ばれている。[cancerinfo.tri-kobe.org] 原発腫瘍の大きさ。 多発性病変の存在。 肉眼的血管浸潤。 α-フェトプロテイン(AFP)値。 術前化学療法で、切除不能腫瘍を切除可能な腫瘍に潜在的に転換できる可能性が高いかどうか。 疾患が同所性移植のための手術および病理組織学的基準を満たすかどうか。[cancerinfo.tri-kobe.org] 乳児性絨毛がん。画像法およびβ-ヒト絨毛性ゴナドトロピン(β-hCG)値の顕著な上昇により診断が可能な乳児性絨毛がんでは、生検を併用しない化学療法がしばしば適応とされる。 [ 33 ] 腫瘍マーカー 腫瘍の診断と管理には、AFPおよびβ-hCG腫瘍マーカーが非常に有用である。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 肝芽腫

    発生・分類 こどもの腫瘍は約60%が悪性で、そのうち90%が 芽腫 または 細胞癌(成人型癌) とよばれる腫瘍です。一方、良性腫瘍の大部分は 血管腫 で、他に 間葉性過誤腫 など稀な腫瘍があります。 芽腫 芽腫は最も多いこどもの悪性腫瘍です。[dokkyomed.ac.jp] 切除は基本的に区域ごとに行い、定型的に切除した方が、腫瘍摘出率が高く局所再発率が低くなります。そして、芽腫では腫瘍の完全摘出率が高いほど生存率も高くなります。細胞がんについても腫瘍を完全に取りきれるかどうかが予後に大きく影響します。[ganjoho.jp] 後日、旦那と結果を聞きに行くと [肝臓にいくつか腫瘍があります。 紹介状出すから大きな病院行ってください]って診断。 青天の霹靂!ってこのことか!! 先生のPCを見ると[腫瘍の疑い]って文字が! なによ?腫瘍って⁈ ネットで色々調べて翌日も同じ病院で別の先生の診断も念の為聞いた。 セカンドオピニオン的な。 やっぱり結果は前日と同じ。[ameblo.jp]

  • fibrolamellar 型肝細胞癌

    腫瘍造影パターン組み合わせ分類による鑑別診断の有用性 磯崎哲男ほか 造影超音波検査CHAmodeを用いた腫瘍の鑑別診断 小川眞広ほか 造影Fusion3Dによる腫瘍診断 -鑑別診断と造影撮像条件の検討-仁平 武ほか 慢性疾患に合併した小結節の鑑別におけるレボビスト造影超音波の応用 ―動門脈相と後期相の造影所見から見た検討 吉住博明ほか[e-radfan.com] を指摘された患者 小さな細胞癌の診断と治療 肝硬変のfollow中に腫瘍を指摘された患者 肝硬変を背景とした3 .5 cmの細胞癌の診断と治療 肝硬変のfollow中,肝臓の2カ所に腫瘍を指摘された患者 多発性の細胞癌の診断と治療 下肢浮腫の精査中に腫瘍を指摘された患者 高度進行細胞癌の診断と治療 突然の腹痛とプレショックにて救急搬送[pro.kinokuniya.co.jp]  細胞性腫瘍 細胞腺腫 SAA陽性腫瘍 上皮性腫瘍 細胞性腫瘍 細胞癌 肝細胞癌(肝癌) 多段階発癌 早期肝癌 高分化型肝癌 中分化型癌,低分化型癌 病理学的亜型を伴う癌の分子病理学的・遺伝子学的分類と画像 上皮性腫瘍 細胞性腫瘍 成人型小児芽腫 上皮性腫瘍 細胞性腫瘍 fibrolamellar hepatocellular[igaku-shoin.co.jp]

  • 悪性肝腫瘍

    要約・抄録 過去10年間の当科において悪性腫瘍の疑いで切除された非悪性腫瘍11症例について臨床的検討を行った。術前診断は, 細胞癌8例, 転移性腫瘍2例, 嚢胞腺癌1例であった。肝細胞癌の診断の8例中, 肝炎ウイルスマーカー陽性は4例, AFP高値, CA 19-9高値は各1例, 背景は肝硬変4例, 慢性肝炎2例であった。[iss.ndl.go.jp] 試験デザイン 介入 適格性 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 80歳以下 性別 男女両方 選択基準 ・20歳以上の男女 ・組織学的ないし画像診断基準で診断された悪 性腫瘍症例(細胞癌、胆管細胞癌、転移 性癌) ・切除が不可能あるいは切除を患者が希望 しない症例 ・原発巣が制御されている ・最大腫瘍径が10 以下 ・Child-Pugh[rctportal.niph.go.jp] 発生・分類 こどもの腫瘍は約60%が悪性で、そのうち90%が 芽腫 または 細胞癌(成人型癌) とよばれる腫瘍です。一方、良性腫瘍の大部分は 血管腫 で、他に 間葉性過誤腫 など稀な腫瘍があります。 芽腫 芽腫は最も多いこどもの悪性腫瘍です。[dokkyomed.ac.jp]

  • 胆管嚢胞腺腫
  • 低血糖症

    代表的な原因 糖尿病治療薬、ペンタミジン、キニーネなどによる薬剤性 副腎不全(副腎皮質ホルモン剤の急な中止など) インスリン産生腫瘍(インスリノーマなど) 細胞癌はそれそのものがインスリン様物質(IGF-II)を産生し、低血糖症の原因となることがある(腫瘍随伴症候群) 肝不全 重篤な慢性疾患(癌など何でも) 自己免疫性低血糖(インスリン・インスリン[ja.wikipedia.org]

  • 転移性肝癌

    腫瘍 腫瘍について 腫瘍について 腫瘍(かんしゅよう)は、実質や胆管から発生したもの(原発性がん・胆管がん)と、他の臓器から転移したもの(転移性がん)に大きく分かれます。 悪性の腫瘍(がん)は、正常組織よりも増殖速度が速く、まわりの組織を破壊して発育し、時に他の場所に転移します。[osaka-igrt.or.jp] 肝癌・膵癌・胆管癌・転移性癌について このページでは、 癌(肝臓癌) 膵癌 胆管癌(胆道癌) 転移性癌(転移性腫瘍) について、原因や治療法等を説明します。 癌(肝臓癌) 【種類】 癌は、肝臓自体から発生した原発性癌と、他の癌から肝臓に転移した転移性癌( 転移性腫瘍)に分けられます。[mito.jrc.or.jp] 熱で腫瘍組織を壊死させるため, 転移でも確実に抗腫瘍効果が得られる. 今回は, 症例数の多い大腸癌転移および胃癌肝転移におけるわれわれのRFAの治療成績をお示しし, RFAを推進する立場から議論したい. 対象および方法 われわれは延べ3,844名の腫瘍にRFAを実施した.[med.m-review.co.jp]

さらなる症状