Create issue ticket

考えれる892県の原因 肝脾腫

  • 伝染性単核球症

    が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染性単核球症それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 一方成人での発症だと、 発熱 、全身倦怠感や 咽頭痛 、 頭頸部 リン パ節の 脹 、発 疹 、、異形 リン パ球の出現などの症状が出る。 30 50 日の潜伏期間の後全身倦怠感から始まり、2 3週間発熱が続くほか咽頭炎やアデノイドの腫 脹 を起こす。 感染経路 感染経路は口経由であり、飲み物の回し飲みだけでも伝染する。[dic.nicovideo.jp] サイトメガロウイルス(CMV)は,伝染性単核球症に類似した症候群を引き起こし,および肝炎に加えて異型リンパ球の増加を来すが,通常は重度の咽頭炎を伴わない。トキソプラズマ症,B型肝炎,風疹,または薬物有害反応に伴う異型リンパ球増多も伝染性単核球症様症候群を引き起こす。[msdmanuals.com]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    の鈍化,左葉の相対的大,腫で診断可能.シンチグラムはより診断に有効である.肝硬変の外来管理を行ううえではウイルス性肝硬変では腹部エコーを 3 カ月ごと, CT(造影 CT)と MRI(EOB-MRI)をそれぞれ最低年 1 回施行する.ウイルス性肝硬変以外の肝硬変でも腹部エコーを半年に1 回,CT/MRI はやはり年1 回施行して肝発癌監視[primary-care.sysmex.co.jp] には AFP と PIVKA-Ⅱを計測し,画像診断での肝癌早期診断を補完する. ④その他 耐糖能の低下が高頻度にみられる.また,γ-Glb の上昇を反映し,たとえ自己免疫性の肝硬変でなくとも自己抗体の陽性率が高い.たとえばリウマチ因子の陽性率は 関節リウマチ より高率(約 80%)である. ⑤画像診断 進行した肝硬変では腹部エコー,CTで[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 心筋疾患

    心筋症 心筋疾患は、主に原疾患を背景とした二次性の心筋症と、原因が今のところ不明である特発性心筋症とに分類できる。 二次性心筋症 二次性の心筋症の原疾患としては以下の表に上げるものが考えられる。その中でも特に臨床的に頻度が多く感じられるものは、糖尿病性や甲状腺機能異常(機能亢進、または機能低下)に伴う心筋症などいわゆる代謝性の疾患を背景としている心筋症や、アルコール多飲歴を有するアルコール性心筋症などがあげられる。 表1 二次性心筋症の主な原因 1.感染症に伴うもの エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどウイルス性または細菌性感染症、原虫、寄生虫など 2.炎症に伴うもの[…][osaka.hosp.go.jp]

  • ムコ多糖症

    2001年には酵素補充療法によるMPS Iの臨床試験結果が発表され、実際の患者(10名)への本酵素補充によりの縮小、身長と体重の増加、肩と肘関節の動きの改善、睡眠時無呼吸頻度の低下、心不全状態の改善といった効果が認められた。[ja.wikipedia.org] よく見られる症状は、発達の遅れ、低身長、骨変形、特異な顔つき、固い関節、お腹の膨れ()、臍・鼠径ヘルニア、心弁膜症(心雑音)、中耳炎、難聴などです。これらの症状は赤ちゃんの頃は目立たず、3-5歳頃になるとはっきりしてきます。[ncchd.go.jp] ムコ多糖症Ⅰ型(ハーラー症候群) 生後6カ月ごろまでに、粗い皮膚、(ひ)大、発達の遅れが始まり、特異的な顔貌、頭の骨が厚く大きくなる、手足の骨が太く短くなる、背中が丸まってくるなどの骨変形、関節がかたくなる、低身長などが徐々にあらわれてきます。[medical.jiji.com]

  • 梅毒

    先天梅毒では、生後まもなく皮膚病変、、骨軟骨炎などが認められるものを早期先天梅毒と称する。乳幼児期は症状を呈さず、学童期以降Hutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)を呈するものを晩期先天梅毒という。 検査と治療:梅毒の起因菌である T. pallidum は培養ができない。[nih.go.jp] 生後まもなく水疱性発疹、斑状発疹,丘疹状の皮膚病変に加え、鼻閉、全身性リンパ節腫脹、、骨軟骨炎、などの症状が認められる。 晩期先天梅毒では、乳幼児期は症状を示さずに経過し、学童期以後にHutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)などの症状を呈する。[niid.go.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    臨床症状 1)自覚症状: 動悸・息切れ・全身倦怠感などの貧血様症状,に伴う腹部膨満感・腹痛,発熱,夜間盗汗,骨痛,食欲低下,体重減少,出血傾向などがみられる. 2)他覚症状: が約80%に認められる.骨髄線維症は,巨脾をきたす代表的疾患である.ときに門脈圧亢進症をきたし,腹水,浮腫が生じる.[kotobank.jp] 症状としては動悸、息切れ、全身倦怠感などの貧血症状を40-50%、による腹部 膨満感などの腹部症状を10-20%、発熱・全身倦怠感を10%に認めます。 検査所見 理学的検査 が86%、 腫 が55%に認められます。[med.osaka-cu.ac.jp] 髄外造血によるを伴い、末梢血では幼若な顆粒球と赤芽球が出現する白赤芽球症(leukoerythroblastosis)を認める。約半数に JAK2V617F 変異、20 30%に CALR 変異、数%に MPL 変異を認める。[clinicalsup.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    診断基準 末梢血のクローナルなB リンパ球増加( 5,000/μL)の所見が,診断に必須である.なお,小リンパ球性リンパ腫(small lymphocytic lymphoma:SLL)は,末梢血ではCLL と診断されないが(すなわちB 細胞は5,000/μL 未満), リンパ節大 との両者または一方を認めるものをいう.CLL とSLL[primary-care.sysmex.co.jp] 病期分類でリンパ球の増加のみである低リスク (Rai分類)や病期A (Binet分類)では投薬は行わず経過観察を行い、病期が進み、リンパ節大や、貧血、血小板減少などがあらわれてくる中間リスク (Rai分類)や病期B (Binet分類)以上の病期になったときに投薬治療が始められることが多い [10] 。[ja.wikipedia.org] 全身のリンパ節大、扁桃大、がみられ、進行例では貧血や血小板減少をみます。 治療は1999年に認可されたフルダラビンを使用します。[jalsg.jp]

  • ゴーシェ病

    一方、成人ではが軽度なため血小板減少から発見されることが多く「血小板減少が認められた場合には、可能性としてゴーシェ病を疑い、ACPとACEの検査および触診あるいはエコーによるの確認を行うことが望ましい」と同氏。確定診断は、皮膚や骨髄から細胞を採取し、グルコセレブロシダーゼの活性測定によって行う( 図 )。 図.[medical-tribune.co.jp] 共通した症状として、血小板症状がある。よって血小板減少である程度脾腫を伴っている人では骨髄検査を行うことを少し考えなくてはならないかと思った(血小板10万/μL程度だと様子をみてしまうことが多い)。[sk-blood.com] 効果としては、の改善、貧血症状の改善、骨痛の改善などが認められる。たとえばイミグルセラーゼの効果をみてみると、では24週くらいから減少が認められ、96週時点で平均減少率は肝臓31%(n 15)、脾臓59%(n 16)となった。[carenet.com]

  • 原発性免疫不全症

    XII.中心静脈閉鎖症を伴う免疫不全症 診断方法: A.主要臨床症状 1.中心静脈閉鎖 2. 3.反復する呼吸器感染 4.血小板減少 B.重要な検査所見 1.記憶T細胞の低下 2.記憶B細胞の低下 3.画像検査にて中心静脈閉鎖の所見 4.確定診断として、細胞核に発現する SP110 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 1.特徴的臨床症状 生後まもなくよりの湿疹様皮膚病変、リンパ節大、、易感染性など 2.特徴的検査所見 末梢血T細胞は存在( 300/µL)し、好酸球増加、高IgE血症を伴う。 3. RAG1 、 RAG2 を含む重症複合免疫不全症の責任遺伝子の異常による。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状