Create issue ticket

考えれる124県の原因 肝移植拒絶反応

  • 肝移植拒絶反応

    移植後の拒絶反応を抑制するための標準療法は、副腎皮質ステロイドの併用または非併用下でカルシニューリン阻害薬(Calcineurin inhibitor、以下CNI)を投与する免疫抑制療法です。[novartis.co.jp] T862 FSHH 12 心臓移植不全 T862 ECF6 13 心肺移植拒絶反応 T863 LJF6 14 心肺移植不全 T863 P2C3 15 移植拒絶反応 T864 LLKR 16 移植不全 T864 ACGR 17 GVHD・末梢血幹細胞移植後 T868 G0K0 18 GVHD・臍帯血移植後 T868 CL94 19 移植歯不全[dis.h.u-tokyo.ac.jp] FDGは、腫瘍だけでなく炎症部位にも集積することが知られており、炎症状態の診断に も利用できることが考えられていましたが、移植拒絶反応の診断に使えるかどうかの検討は行われていませんで した。そこで、辻らの研究グループは、ラット同所性移植モデルを用いて、FDG-PETが移植拒絶反応の診断に応 用可能かどうか検討しました。[nirs.qst.go.jp]

  • 肝硬変

    これを避けるために、移植が行われる場合もあるものの、仮に移植が成功したとしても、拒絶反応を防止するために生涯にわたって免疫抑制剤を使用し続ける必要があるため、患者は日和見感染症を含めて感染症全般に注意せねばならない。また移植後の長期経過の中で、移植された肝臓の機能低下など更なる問題が出てくる場合もある。[ja.wikipedia.org] なお、非代償性肝硬変に至ったとしても、移植が成功した患者の生命予後は改善される。しかしながら、移植を行った場合、HLAが完全に一致しない限り拒絶反応を抑えるための免疫抑制を生涯行う必要が出てくるなど、問題もある。 肝臓学 消化器学 肝線維症 肝がん 脂肪肝 独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター 肝硬変 - 04.[ja.wikipedia.org]

  • 尿毒症性肺炎

    (拒絶反応) T862 心移植不全(拒絶反応) T864 移植不全(拒絶反応) T868 拒絶反応,他臓器 T999 MOF(多臓器不全) R539 全身の身体荒廃 R649 悪液質・るいそう R549 老衰 R578 エンドトキシンショック T782 アナフィラキシーショック T882 麻酔ショック R579 ショックNOS R589[pathology.or.jp] Q890 多系統奇形-無脾症 Q893 多系統奇形-内臓逆位 Q894 多系統奇形-胎児重複 Q895 多系統奇形-無心体 Q898 多系統奇形NOS Q909 常染色体異常.ダウン症 Q938 常染色体異常NOS Q989 性染色体異常NOS Q999 染色体異常NOS T803 ABO,Rh不適合輸血 T860 GVHD T861 腎移植不全[pathology.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    成人のABO血液型不適合移植の成績は、1990年代後半は極めて成績不良でしたが、2000年代になって抗体関連拒絶反応に対する克服方法が確立し、成績が改善しました。 国内の ABO 血液型不適合の成人生体移植における時期別の生存率曲線 最近の2006 2010年へ、移植成績の改善がみられます。[med.nagoya-u.ac.jp] なお、非代償性肝硬変に至ったとしても、移植が成功した患者の生命予後は改善される。しかしながら、移植を行った場合、 HLA が完全に一致しない限り拒絶反応を抑えるための免疫抑制を生涯行う必要が出てくるなど、問題もある。[ja.wikipedia.org] 決められた薬をきっちりと服用続けることが、移植の機能を保つために大切です。薬の飲み忘れなどで、拒絶反応が起こる可能性がありますので、薬の管理は重要です。 定期的に外来で機能のチェックを行い、移植肝の状態が安定していることを確認します。問題が認められる場合は、その都度、原因を確認して、治療に当たります。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 超急性移植拒否反応

    T862 FSHH 12 心臓移植不全 T862 ECF6 13 心肺移植拒絶反応 T863 LJF6 14 心肺移植不全 T863 P2C3 15 移植拒絶反応 T864 LLKR 16 移植不全 T864 ACGR 17 GVHD・末梢血幹細胞移植後 T868 G0K0 18 GVHD・臍帯血移植後 T868 CL94 19 移植歯不全[dis.h.u-tokyo.ac.jp] もしも免疫抑制剤を全く使用しない場合には、拒絶反応はすべてのレシピエントにおこり、その移植は早晩壊死に陥ります。免疫抑制剤の主な効果は、移植に対する拒絶反応を抑えることですが、この薬剤の投与により、レシピエントは感染症にかかりやすくなります。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp] これらは免疫力の低下や成長障害、糖尿病、腎障害などの副作用をひきおこすこともある薬剤ですが、主な効果は、移植に対する拒絶反応を抑えることです。この薬剤の投与により、レシピエントは感染症に対する抵抗力が弱くなります。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 先天性肝硬変

    (拒絶反応) T862 心移植不全(拒絶反応) T864 移植不全(拒絶反応) T868 拒絶反応,他臓器 T999 MOF(多臓器不全) R539 全身の身体荒廃 R649 悪液質・るいそう R549 老衰 R578 エンドトキシンショック T782 アナフィラキシーショック T882 麻酔ショック R579 ショックNOS R589[pathology.or.jp] 重篤な場合は移植の機能不全ともなるため、術前の検査で移植の大きさを慎重に検討します。 e) 拒絶反応と術後免疫抑制療法に伴う副作用 新しい肝臓が体内に移植されると、患者さんの体はそれを異物として排除しようとします。これを拒絶反応と呼び、放置すると移植は機能しなくなる可能性があります。[keio-hpbts.jp] この場合、ご家族への過大な負担を避けるため、他の生体ドナーからの再移植は原則として行わない予定です。 手術に関する主な合併症は出血、移植血流障害、胆管合併症、移植のサイズ不適合、拒絶反応と術後免疫抑制療法に伴う副作用などに分類されます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 卵巣淡明細胞腫瘍

    原発性胆汁性肝硬変 内胆管癌 移植拒絶反応 胆管癌 急性膵炎 慢性膵炎 膵管癌 ランゲルハンス島腫瘍 【泌尿器】 膜性糸球体腎症 膜性増殖性糸球体腎炎 IgA腎症 半月体形成糸球体腎炎 ループス腎炎 糖尿病性糸球体硬化症 播腫性血管内凝固症候群 良性腎硬化症 腎アミロイドーシス 悪性腎硬化症 腎細胞癌 膀胱炎 【内分泌】 乳腺症 浸潤性乳管癌[nanzando.com] ヘリコバクター・ピロリ感染 消化性潰瘍 胃管状腺腫 胃MALTリンパ腫瘍 消化間葉系腫瘍 早期胃癌・分化型 早期胃癌・未分化型 進行胃癌・分化型 進行胃癌・未分化型 クローン病 潰瘍性大腸炎 アメーバ赤痢 大腸腺腫 大腸腺癌 【肝・胆・膵】 急性ウイルス性肝炎/A型肝炎 慢性ウイルス性肝炎/C型肝炎 アルコール性肝炎 胆汁うっ帯性疾患 肝硬変 細胞癌[nanzando.com]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    これにより、リツキサン注は、 造血器腫瘍 自己免疫疾患 ネフローゼ症候群 慢性特発性血小板減少性紫斑病―の治療、また 腎移植 移植―における拒絶反応防止に用いることができるようになりました。[medwatch.jp]

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    これにより、リツキサン注は、 造血器腫瘍 自己免疫疾患 ネフローゼ症候群 慢性特発性血小板減少性紫斑病―の治療、また 腎移植 移植―における拒絶反応防止に用いることができるようになりました。[medwatch.jp]

  • 特発性肝硬変

    (拒絶反応) T862 心移植不全(拒絶反応) T864 移植不全(拒絶反応) T868 拒絶反応,他臓器 T999 MOF(多臓器不全) R539 全身の身体荒廃 R649 悪液質・るいそう R549 老衰 R578 エンドトキシンショック T782 アナフィラキシーショック T882 麻酔ショック R579 ショックNOS R589[pathology.or.jp] Q890 多系統奇形-無脾症 Q893 多系統奇形-内臓逆位 Q894 多系統奇形-胎児重複 Q895 多系統奇形-無心体 Q898 多系統奇形NOS Q909 常染色体異常.ダウン症 Q938 常染色体異常NOS Q989 性染色体異常NOS Q999 染色体異常NOS T803 ABO,Rh不適合輸血 T860 GVHD T861 腎移植不全[pathology.or.jp]

さらなる症状