Create issue ticket

考えれる25県の原因 肝疾患に次いで掻痒症

  • 黒色表皮腫

    に伴う 皮膚病変 黄疸 血管変化:くも状血管腫、紙幣様皮膚、手掌紅斑、メズサ冠 皮膚掻痒 女性化乳房 黄色腫 肝炎ウイルスによる皮膚疾患 Gianotti病 晩発性皮膚ポルフィリン症 扁平苔癬 蕁麻疹様血管炎、クリオグロブリン血症 膵疾患に伴う 皮膚病変 グルカゴノーマ症候群 壊死性遊走性紅斑 皮下結節性脂肪壊死症 消化管疾患と 皮膚病変[almediaweb.jp] 内臓悪性腫瘍の直接的皮膚浸潤 内臓癌皮膚転移(Sister Joseph’s noduleなど)、リンパ腫の皮膚浸潤など 内臓悪性腫瘍を生じやすい遺伝性皮膚疾患 Peutz-Jeghers症候群、Gardner症候群、Cowden病、Muir-Torre症候群など 環境因子で皮膚症状と内臓悪性腫瘍を生じる ヒ素中毒によるBowen病と内臓悪性腫瘍 疾患[almediaweb.jp]

  • 閉塞を伴う十二指腸潰瘍

    における難治性の掻痒細胞がん 膵臓 ・ 急性膵炎 ・ 標準療法不応膵がん その他 ・遺伝性血管性浮腫 循環器内科 心臓疾患 ・ 致死性心室性不整脈 ・ 非弁膜症性心房細動 ・ 慢性心不全 血管疾患 ・ 肺高血圧症(動脈性、慢性血栓塞栓性) ・ 急性冠症候群 ・ 急性冠症候群を有する2型糖尿病 精神科神経科 精神科疾患 ・ うつ病[mh.nagasaki-u.ac.jp] ・ 高血圧症 ・ 慢性腎不全 ・ 腎性貧血 消化器内科 上部消化管 ・ 手術不能進行・再発胃がん ・ 食道がん(化学放射線療法後の再発) ・ 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発抑制 下部消化管 ・ 潰瘍性大腸炎 ・ 過敏性腸症候群 ・ クローン病 肝臓 ・ 成人B型慢性肝炎 ・ C型肝炎 ・ C型代償性肝硬変 ・ 非アルコール性脂肪肝炎 ・ 慢性疾患患者[mh.nagasaki-u.ac.jp]

  • 非退行性先天性血管腫

    における難治性の掻痒細胞がん 膵臓 ・ 急性膵炎 ・ 標準療法不応膵がん その他 ・遺伝性血管性浮腫 循環器内科 心臓疾患 ・ 致死性心室性不整脈 ・ 非弁膜症性心房細動 ・ 慢性心不全 血管疾患 ・ 肺高血圧症(動脈性、慢性血栓塞栓性) ・ 急性冠症候群 ・ 急性冠症候群を有する2型糖尿病 精神科神経科 精神科疾患 ・ うつ病[mh.nagasaki-u.ac.jp] 糖尿病性腎臓病 ・ 慢性腎不全 ・ 腎性貧血 消化器内科 上部消化管 ・ 手術不能進行・再発胃がん ・ 食道がん(化学放射線療法後の再発) ・ 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発抑制 下部消化管 ・ 潰瘍性大腸炎 ・ 過敏性腸症候群 ・ クローン病 肝臓 ・ 成人B型慢性肝炎 ・ C型肝炎 ・ C型代償性肝硬変 ・ 非アルコール性脂肪肝炎 ・ 慢性疾患患者[mh.nagasaki-u.ac.jp]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    とくに胆汁うっ滞性疾患では皮膚掻痒を合併することが知られてお り、約20 25%の患者に認められるとされている。[ibaraisikai.or.jp] 皮膚掻痒の原因となる内臓疾患は、全身性の場合は疾患、慢性腎不全、糖尿病、甲状腺市疾患、血液疾患、悪性腫瘍、寄生虫疾患などです。局所性の場合は前立腺肥大症、尿管狭窄、膣カンジダ症、便秘、痔などがあります。これらが原因になっている場合は、基礎疾患の治療が最も大切です。 皮膚掻痒症の治療は抗ヒスタミン薬の内服と保湿です。[mizutaniclinic.com] 皮膚掻痒の原疾患による分類(清水宏『あたらしい皮膚科学』中山書店、p.114) 1. 汎発性 1) 内臓疾患 a. 内分泌障害:糖尿病、尿崩症、甲状腺機能異常、副甲状腺機能障害 b. 代謝障害:肝炎、肝硬変、カルテノイド症候群、胆道閉塞性疾患 痛風など c. 腎障害:慢性腎不全、尿毒症、腎透析など d.[ibaraisikai.or.jp]

  • 胃蜂窩織炎

    、小児皮膚科、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、やけど、湿疹、掻痒、膠原病、脱毛症、疥癬、血管炎、水イボ、うおのめ、ほくろ、斑、しみ、毛のう炎、蜂窩織炎など 検査 胃・大腸内視鏡検査 胃・大腸内視鏡装置 レントゲン撮影 胃・大腸透視装置 胸・腹部X線撮影装置 X線撮影制御装置 レントゲン操作室 腹部・頸部エコ- 腹部・頸部エコ-装置 肺機能 肺機能検査装置[tokumo.jp] コールドレーザー治療器 デルマレイ光線治療器 パルス式電磁場装置 ホットレーザー治療器 高圧滅菌装置 弱酸性水産生装置 診療疾患 〇内科・総合内科・小児科 胃腸疾患、肝疾患、糖尿病、高血圧、高脂血症、心疾患、不整脈、肺疾患、気管支喘息、腎疾患、関節リウマチ、痛風、骨粗鬆症、腰痛、関節痛、頭痛、貧血、甲状腺など 〇皮膚科・小児皮膚科 皮膚疾患[tokumo.jp]

  • 透析痴呆

    目次に戻る 第3章 診断・管理・治療 皮膚疾患 1.皮膚掻痒とその疫学 木全 直樹 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター血液浄化療法科 講師 要旨 皮膚掻痒症は透析者に高頻度に認められる合併症の1つであり,掻痒に伴う精神的ストレスは QOL にも影響を与え,透析者にとっては大きな問題である.臨床では毎日のように患者からの訴え・相談がある[saishin-igaku.co.jp] 胞感染を起すこともある.著明な腫大腎または腫大肝に対しては,腎動脈または肝動脈塞栓術(TAE)が,サイズ縮小に有効である.TAE は,腫大腎に対しては極めて効果的であるが,腫大においては効果が限定的であり,課題が残されている.[saishin-igaku.co.jp]

  • 落屑性紅皮症

    とくに胆汁うっ滞性疾患では皮膚掻痒を合併することが知られてお り、約20 25%の患者に認められるとされている。[ibaraisikai.or.jp] 皮膚掻痒の原疾患による分類(清水宏『あたらしい皮膚科学』中山書店、p.114) 1. 汎発性 1) 内臓疾患 a. 内分泌障害:糖尿病、尿崩症、甲状腺機能異常、副甲状腺機能障害 b. 代謝障害:肝炎、肝硬変、カルテノイド症候群、胆道閉塞性疾患 痛風など c. 腎障害:慢性腎不全、尿毒症、腎透析など d.[ibaraisikai.or.jp] 汎発性皮膚掻痒症では10 50%に何らかの基礎疾患がみられるとされ、基礎 疾患としては腎疾患(慢性腎不全、血液透析患者)、代謝内分泌疾患(甲状腺 機能障害)、血液疾患(悪性リンパ腫、赤血球増多)、内臓悪性腫瘍などが ある。[ibaraisikai.or.jp]

  • 肛門痛

    ⑥肛門掻痒 肛門掻痒とは、肛門のかゆみを訴える疾患の総称です。多くは何らかの他疾患(糖尿病、疾患、アレルギー疾患、ビタミン欠乏症、過度の発汗、真菌症など)に続いておこりますが、原因の不明なものもあります。かゆみの悪循環を絶つことが必要になります。[utsunomiya.jcho.go.jp]

  • 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症

    その疾患は進行性家族性内胆汁うっ滞2型(PFIC2)といい、常染色体劣性遺伝形式を取る難治性の疾患だ。乳幼児期に黄疸や皮膚掻痒感、成長障害などの症状が現れ、放置すれば肝硬変に至る。治療としては生体肝移植が行われるが、再発する患者がいる他、生体肝移植後は一生免疫抑制剤を飲み続けなければならず、費用もそれなりの負担になる。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 自己免疫間質性肺疾患 - 関節炎症候群

    における難治性の掻痒細胞がん 膵臓 ・ 急性膵炎 ・ 標準療法不応膵がん その他 ・遺伝性血管性浮腫 循環器内科 心臓疾患 ・ 致死性心室性不整脈 ・ 非弁膜症性心房細動 ・ 慢性心不全 血管疾患 ・ 肺高血圧症(動脈性、慢性血栓塞栓性) ・ 急性冠症候群 ・ 急性冠症候群を有する2型糖尿病 精神科神経科 精神科疾患 ・ うつ病[mh.nagasaki-u.ac.jp] ・ 高血圧症 ・ 慢性腎不全 ・ 腎性貧血 消化器内科 上部消化管 ・ 手術不能進行・再発胃がん ・ 食道がん(化学放射線療法後の再発) ・ 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発抑制 下部消化管 ・ 潰瘍性大腸炎 ・ 過敏性腸症候群 ・ クローン病 肝臓 ・ 成人B型慢性肝炎 ・ C型肝炎 ・ C型代償性肝硬変 ・ 非アルコール性脂肪肝炎 ・ 慢性疾患患者[mh.nagasaki-u.ac.jp]

さらなる症状