Create issue ticket

考えれる112県の原因 肝生検の異常

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症の患者さんや疑いのある方には、一体どのような症状が現れるのでしょうか?その特徴的な症状を以下にまとめました。 アルコール依存症にかかると体だけでなく社会生活にも悪影響が アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなった状態のことをいいます。飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなります。[…][alcoholic-navi.jp]

  • つわり

    つわりは妊娠5 6週目から始まり、12 16週ごろに自然とおさまりますが、5か月を過ぎても続いたり、時にはお産まで続くこともあります。原因は不明です。 つわりが始まるころの赤ちゃんはまだ小さく、わずかな栄養しか必要ないので、あまり神経質にならず、食べたいときに食べたいものを好きなだけ食べることが良いと思います。長い間の空腹や寝起きに気分が悪くなることも多く、何回にも分けて食事をとったり、寝覚めにヒ スケットなどをとってみるのも良いでしょう。暖かいものより冷たいものが食べやすいです。 吐いてばかりだと脱水になってしまうので、スーフ[…][pref.kyoto.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    ヘモクロマトーシスは,白人 1,000 人当り約 5 人の割合で発症し,HLA に連鎖した HFE 遺伝子の突然変異のホモ接合性によるものが一般的である.スクリーニングが提案されているが,ヘモクロマトーシスに関連した病態を有するホモ接合体の割合は明らかではない. われわれは,ヘモクロマトーシス発端患者の血縁者において,ヘモクロマトーシス関連病態の有病率についての検討を行った.ヘモクロマトーシスの徴候または症状によって診療所を受診した者,あるいはトランスフェリン飽和度が高値であった者から,発端患者を同定した.そして,これらの発端患者との HLA 型の一致に基づいて HFE[…][nejm.jp]

  • アルコール性肝疾患

    による比較) 脂質異常症と非アルコール性脂肪性疾患 非アルコール性脂肪性肝疾患における 脂質異常症 (高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症)の合併は、約50%との報告があります。[office-purej.com]

  • 原発性硬化性胆管炎

    を認められず,でのみ診断されるPSC)の存在が知られており,AASLD・EASL 両ガイドラインでも肝生検が強く推奨されている.わが国はPSC そのものが稀少疾患であり,胆管像で診断可能なものが大部分( 95%)だが,肝生検の併施が望ましい. ④血液検査 ①生化学検査:ALP などの胆道系酵素の上昇を認める.Mayo Clinic 診断基準[primary-care.sysmex.co.jp] 入院期間は5日間程度でしたが、現在では入院期間もできる限り短く, ということで、検査前日入院 検査翌日異常がなければ退院と、3日程度で済ませられるようになっているようです。 そして診断確定 での検査結果は、 《原発性硬化性胆管炎》 で間違いないだろうということでした。[storys.jp] 壁不整所見.典型的症例では頻度が高い. ③組織学的所見 肝生検で,原発性硬化性胆管炎に特徴的と考えられる所見は,肝内小胆管にみられるものである.一方,原発性硬化性胆管炎を他の胆汁うっ滞性慢性肝疾患と分け隔てる主たる病変部位は,肝内胆管でも肉眼的に病変の認識が可能な大型胆管である.しかし欧米ではsmall bile duct PSC(胆管造影で異常[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • fibrolamellar 型肝細胞癌

    A 疫学・診断 1.概説 2.臨床症状と検査所見 3.病期分類(ステージング)(AJCC 第7 版、2009) 4.肝細胞がん患者における臨床検査とサーベイランス B 治療 1.外科的切除 2.肝移植 3.肝動脈化学塞栓術 4.放射線療法 5.ラジオ波焼灼療法 6.経皮的エタノール注入療法 7.全身化学療法 文献 1.概説 肝細胞がん(hepatocellular carcinoma: HCC)は肝臓原発の悪性腫瘍であり、通常慢性肝疾患、特にB型肝炎、C型肝炎を背景とすることが多い。肝細胞がんの診断は難しく、通常複数の画像モダリティが必要である[ 1 , 2[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    PBC 診断基準(平成27年度): 図表 PBC診断、治療のアルゴリズム: 肝生検組織像(1): 図表 組織像(2):… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 胆道系酵素異常がある場合、飲酒歴、薬物服用歴、サプリメント摂取などの病歴をよく聞き取る。[clinicalsup.jp]

  • 肝臓類肉腫症

    時々発熱し紅斑症、赤沈促進、ALPの 上昇がみられるほかには機能にも大した異常はみられずで診断できる場合が 多い。不明熱の原因として重視される。[ibaraisikai.or.jp]

  • 急性肝不全

    @article{41bb9da9a05642a1b89bd509a6eafdb4, title "【急性肝不全の概念と分類の見直し】「劇症肝炎に対する肝移植適応ガイドライン」の問題点について", author "Akinobu Takaki", year "2004", language "Japanese", volume "38", pages "117--121", journal "消化器科", number "1", }[okayama.pure.elsevier.com]

さらなる症状