Create issue ticket

考えれる18県の原因 肝壊死

  • 横紋筋融解症

    についても詳細な検討がなされている.一方,壊死が合併した症例の報告は少なく,播種性血管内凝固との関連も明確になされていない.しかしながら,本症例のごとく,強い黄疸や播種性血管内凝固が認められる場合には,肝障害の合併を考える必要があると思われる.[doi.org] 播種性血管内凝固の併発を考え,同日よりヘパリン療法を開始した.また急性腎不全が進行し,第6病日, BUN 103mg/dl, creatinine 9.8mg/dlに達したため,血液透析療法を行なつた.一方血清bilirubin値は, 23.lmg/dlにまで上昇し,再度昏睡状態となり,第7病日に到り死亡した.剖検所見では,強い小葉中心性の壊死[doi.org] と,腎遠位尿細管の変性,大腿四頭筋の変性などが認められた.以上より,急性腎不全,播種性血管内凝固,急性壊死を合併したexertional rhabdomyolysisと診断した. exertional heat stroke等の類縁疾患とともに, exertional rhabdomyolysisに伴う急性腎不全合併め報告は多く,その機序[doi.org]

  • 急性肝不全
  • 原発性硬化性胆管炎

    組織学的には、門脈域にリンパ球を主体とした細胞浸潤と線維化を認め、実質内には種々の程度の細胞の変性・壊死所見を認める。[ja.wikipedia.org] 慢性肝炎の活動性は piecemeal necrosis, 小葉内細胞浸潤, 細胞の変性・壊死(spotty necrosis, bridging necrosisなど)によりNone(A0), Mild(A1), Moderate(A2), Severe(A3)の4段階に分ける。[ja.wikipedia.org]

  • 肝炎

    組織学的には、門脈域にリンパ球を主体とした細胞浸潤と線維化を認め、実質内には種々の程度の細胞の変性・壊死所見を認める。[ja.wikipedia.org] では小葉内に巣状壊死が散在し,中心静脈周囲にも壊死が認められた.後者でも重篤な障害と血小板減少がみられ,肝組織像はbridging necrosisを示していた.アルコール摂取と絶食のために,少量のアセトアミノフェン服用にもかかわらず,予想以上に肝障害が重症化したと考えられ,本剤の使用にあたり,注意が必要である.[doi.org] 慢性肝炎の活動性は piecemeal necrosis, 小葉内細胞浸潤, 細胞の変性・壊死(spotty necrosis, bridging necrosisなど)によりNone(A0), Mild(A1), Moderate(A2), Severe(A3)の4段階に分ける。[ja.wikipedia.org]

  • アルコール性肝疾患

    3.アルコール性肝炎 :組織病変の主体が細胞の変性・壊死であり、 1)小葉中心部を中心とした細胞の著明な膨化(風船化、ballooning)、 2)種々の程度の細胞壊死、 3)マロリー体(アルコール硝子体)、および 4)多核白血球の浸潤を認める a. 定型的:1)-4)のすべてを認めるか、3)または4)のいずれかを欠くもの。[kurihama-med.jp] アルコールを大量・持続飲用することで、上記の代謝経路によって分解が追いつかず、かつ、代謝・合成された脂肪酸の酸化障害と、エタノールの代謝中間生成物のアセトアルデヒドの有する毒性とエタノール自体の影響によって細胞に炎症や壊死を生じる。[ja.wikipedia.org] 正常肝 脂肪肝(脂肪で黄色く膨らんでいる) 2.アルコール性肝線維症 :①中心静脈周囲性の線維化②細胞周囲性の遷移か門脈域から星ぼう状に延びる線維化のいずれかないし全てで、炎症性細胞浸潤や細胞壊死は軽度にとどまる。[kurihama-med.jp]

  • 2型糖尿病

    他にも脂肪、皮膚症状(糖尿病性リポイド類壊死)、創傷治癒能力の低下、易感染性(終末像は敗血症)などの症状が起こりやすい。 糖尿病はアルツハイマー型認知症のリスク要因となっている。インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。[ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    術式に関しては 切除術 を参照。 PEI・PMCT・RFA [ 編集 ] 体表から肝臓に穿刺針を挿入し腫瘍とその周囲のみを壊死させる方法。残に対する影響が小さいため、予備能が低くても施行可能である。穿刺針による壊死範囲は限られるため、腫瘍が大きすぎるものは適用にならない(一般的には3cm、3個まで)。[ja.wikipedia.org] そのため、腫瘍を栄養する動脈にカテーテルを挿入し、塞栓物質を注入し栄養血管を塞栓し腫瘍壊死を生じさせるという治療法。以前は「TAE」と呼ばれることが多かったが、現在では塞栓物質とともに 抗癌剤 を注入することが多いため「TACE」と称されていることが多い。[ja.wikipedia.org] RFA(radio frequency ablation) ラジオ波 によって熱を加え、癌細胞壊死を生じさせる方法。PEITより広範囲の焼灼が可能で広く行われてきている。細胞癌だけでなく、転移性肝癌に対しても施行され、 腹腔鏡 ・ 胸腔鏡 下で施行されることも多い。ガイドラインでは穿刺局所療法では 第一選択 とされている。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    他にも脂肪、皮膚症状(糖尿病性リポイド類壊死)、創傷治癒能力の低下、易感染性(終末像は敗血症)などの症状が起こりやすい。 糖尿病はアルツハイマー型認知症のリスク要因となっている。インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    組織学的には、門脈域にリンパ球を主体とした細胞浸潤と線維化を認め、実質内には種々の程度の細胞の変性・壊死所見を認める。[ja.wikipedia.org] 慢性肝炎の活動性は piecemeal necrosis, 小葉内細胞浸潤, 細胞の変性・壊死(spotty necrosis, bridging necrosisなど)によりNone(A0), Mild(A1), Moderate(A2), Severe(A3)の4段階に分ける。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性肝炎

    組織学的には、門脈域にリンパ球を主体とした細胞浸潤と線維化を認め、実質内には種々の程度の細胞の変性・壊死所見を認める。[ja.wikipedia.org] では小葉内に巣状壊死が散在し,中心静脈周囲にも壊死が認められた.後者でも重篤な障害と血小板減少がみられ,肝組織像はbridging necrosisを示していた.アルコール摂取と絶食のために,少量のアセトアミノフェン服用にもかかわらず,予想以上に肝障害が重症化したと考えられ,本剤の使用にあたり,注意が必要である.[doi.org] 慢性肝炎の活動性は piecemeal necrosis, 小葉内細胞浸潤, 細胞の変性・壊死(spotty necrosis, bridging necrosisなど)によりNone(A0), Mild(A1), Moderate(A2), Severe(A3)の4段階に分ける。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状