Create issue ticket

考えれる569県の原因 肝壊死

  • 急性肝不全

    急性障害を反映してAST,ALT値が高値となるが,絶対値よりもその推移を半減期との関連で評価し,壊死の持続を判定することが重要である。肝不全の程度はプロトロンビン時間とともに,総ビリルビン濃度,直接/総ビリルビン比などを指標に判定し,DICの有無は血小板数を参考にする。[jmedj.co.jp] の評価に必要な血液検査 1.GOT・GPT:細胞の変性・壊死を反映するが予備能の指標とはな らない。[nms.co.jp] :厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服事業)「難治性の肝・胆道疾肝疾患に関する調査研究」班による急性肝不全の成因分類に示す(自己免疫性に関する国際診断基準). ④画像検査 ①腹部超音波:エコーレベルの低下(組織壊死に一致),腹水の存在が劇症肝炎の特徴(-iin.com/disease/liver/AH_1.htm). ②腹部CT:CT[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 大結節性肝硬変

    性脳症 細胞性黄疸 肝不全 萎縮 壊死 原発性胆汁性肝硬変 原発性胆汁性肝硬変 シャルコー肝硬変 単葉性肝硬変 トッド肝硬変 症候性原発性胆汁性肝硬変 無症候性原発性胆汁性肝硬変 続発性胆汁性肝硬変 続発性胆汁性肝硬変 閉塞性肝硬変 胆汁性肝硬変,詳細不明 胆汁性肝硬変 胆細管性肝硬変 その他および詳細不明の肝硬変 非代償性肝硬変[scuel.me] 内臓幼虫移行症 回虫症 炎症性腫瘤 炎症性偽腫瘍 血腫 急性期血腫 陳旧性内血腫 梗塞・壊死 Zahn梗塞 壊死壊死梗塞) 虚血性偽小葉壊死 壊死結節 好酸球性壊死 細胞性腫瘍類似病変 限局性結節性過形成 FNH様結節 結節性再生性過形成様結節(NRH様結節) その他 放射線肝障害(放射線肝炎) 肝紫斑病 偽リンパ腫 髄外造血[igaku-shoin.co.jp] 肝炎から肝細胞癌への移行(1分46秒) イラストをダウンロード(2.02MB) ALT値の上昇を伴う活動性の慢性肝炎では、長期にわたって徐々に細胞壊死細胞再生が繰り返され、その多くが肝硬変や肝細胞癌へと進行していきます。[ds-pharma.jp]

  • 急性膀胱炎

    重大な副作用 ・ショック、アナフィラキシー ・中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群 ・偽膜性大腸炎 ・急性腎不全 ・間質性肺炎、PIE症候群 ・機能障害、黄疸 ・血小板減少 ・汎血球減少症、無顆粒球症、溶血性貧血 ・痙攣 その他の副作用 ・発疹(0.1 1%未満) ・蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱(0.1%未満) ・リンパ腺腫脹、関節痛(頻度不明[gohongi-clinic.com]

  • 門脈性肝硬変

    性脳症 細胞性黄疸 肝不全 萎縮 壊死 原発性胆汁性肝硬変 原発性胆汁性肝硬変 シャルコー肝硬変 単葉性肝硬変 トッド肝硬変 症候性原発性胆汁性肝硬変 無症候性原発性胆汁性肝硬変 続発性胆汁性肝硬変 続発性胆汁性肝硬変 閉塞性肝硬変 胆汁性肝硬変,詳細不明 胆汁性肝硬変 胆細管性肝硬変 その他および詳細不明の肝硬変 非代償性肝硬変[scuel.me] 慢性肝炎: 初期では細胞障害性T細胞(CTL)などの炎症性細胞が浸潤し、細胞壊死が起こり、再生のための細胞分裂が繰り返されます。次の段階では門脈域を中心とした線維化が進み、門脈域の拡大が起こります。[ds-pharma.jp] インターフェイス肝炎が種々の程度に多くの症例でみられ,PBC の壊死炎症反応を反映している.これに関連して細胞障害・壊死線維化が加わる.そして,胆汁うっ滞性および肝炎性の細胞障害により,細胞壊死が進行し,進行性の門脈域や小葉内肝線維化,そして肝硬変へと進展すると考えられる. ① 胆管病変: PBC の特徴的な胆管病変は,肝内小型胆管[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • 横紋筋融解症

    についても詳細な検討がなされている.一方,壊死が合併した症例の報告は少なく,播種性血管内凝固との関連も明確になされていない.しかしながら,本症例のごとく,強い黄疸や播種性血管内凝固が認められる場合には,肝障害の合併を考える必要があると思われる.[doi.org] 播種性血管内凝固の併発を考え,同日よりヘパリン療法を開始した.また急性腎不全が進行し,第6病日, BUN 103mg/dl, creatinine 9.8mg/dlに達したため,血液透析療法を行なつた.一方血清bilirubin値は, 23.lmg/dlにまで上昇し,再度昏睡状態となり,第7病日に到り死亡した.剖検所見では,強い小葉中心性の壊死[doi.org] と,腎遠位尿細管の変性,大腿四頭筋の変性などが認められた.以上より,急性腎不全,播種性血管内凝固,急性壊死を合併したexertional rhabdomyolysisと診断した. exertional heat stroke等の類縁疾患とともに, exertional rhabdomyolysisに伴う急性腎不全合併め報告は多く,その機序[doi.org]

  • 肝硬変

    今月の主題 肝硬変update より良き診療のために 福井 博 (奈良県立医科大学第3内科) 肝硬変は長期にわたる細胞の壊死,脱落に対して著明な線維化と再生結節形成をきたす慢性疾患の最終像です.原因にかかわらず,構築の改変は門脈圧亢進症を惹起し,細胞量の減少は機能不全をもたらします.再生は本来,壊死,炎症に対する修復反応ですが,[igaku-shoin.co.jp] 慢性的な炎症により、細胞の変性・壊死再生が繰り返され、その過程で肝臓内に線維化が生じ、肝硬変により肝臓癌が発生する危険性が高まることが知られています。[rohto.co.jp] 肝硬変 1.肝硬変とは 図:肝硬変の成因別実態(1998年,日本肝臓学会大会の集計) 出典:内科学 第9版、朝倉書店 p.968 肝硬変とは、長年の炎症(慢性肝炎)により細胞の壊死と再生が繰り返され、線維成分が増生(線維化)して肝臓が硬くでこぼこになった病態です。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 酒害

    消化器では食道がん、咽頭がん、膵炎、脂肪、肝硬変。循環器では高血圧、不整脈、アルコール性心筋炎、代謝障害では糖尿病、痛風、他に多発神経炎や大腿骨頭壊死など、もちろんこれ以外にも様々な怖い病気の原因になります。 「酒は百薬の長」と言って擁護される事がありますがこの言葉の続きも覚えて下さい「されど万病のもと」です。[niihama-med.or.jp]

  • G細胞洞過形成

    微小循環障害が広汎壊死の成立に関与すると考えられます.[saitama-med.ac.jp] が残存した領域もありますが,大部分は壊死に陥っております.このような広汎壊死が劇症肝炎の病理組織学的な特徴です.一般に肝炎はウイルスが感染した細胞を,細胞障害性Tリンパ球(CTL)が排除する過程で発症すると考えられておりますが,この組織像を見ても浸潤リンパ球はほとんど認められません.このような広汎な壊死の成立をCTLによる細胞障害で[saitama-med.ac.jp] 移植後肝不全に特徴的な広汎壊死の成立機序を微小循環障害の観点から論じ,その対策としての類洞を標的とした治療法を紹介したいと思います.更に,壊死と線維化や再生の病態連繋に関して,類洞という血管系の立場から言及することに致します.[saitama-med.ac.jp]

  • インスリン抵抗性

    他にも脂肪、皮膚症状(糖尿病性リポイド類壊死)、創傷治癒能力の低下、易感染性(終末像は敗血症)などの症状が起こりやすい。 糖尿病はアルツハイマー型認知症のリスク要因となっている。インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。[ja.wikipedia.org]

  • アルコール性肝疾患

    3.アルコール性肝炎 :組織病変の主体が細胞の変性・壊死であり、 1)小葉中心部を中心とした細胞の著明な膨化(風船化、ballooning)、 2)種々の程度の細胞壊死、 3)マロリー体(アルコール硝子体)、および 4)多核白血球の浸潤を認める a. 定型的:1)-4)のすべてを認めるか、3)または4)のいずれかを欠くもの。[kurihama-med.jp] アルコール性肝線維症:肝病変の主体が ①中心静脈周囲性の線維化 ②肝細胞周囲性の線維化 ③門脈域から星芒状にのびる線維化のいずれか、ないしはすべて 4.アルコール性肝炎:組織病変の主体が細胞の変性・壊死 1) 定型的: ①小葉中心部の細胞の風船化 ②細胞壊死 ③マロリー体 ④多核白血球の浸潤 上記すべてか、③または④のいずれかを欠くもの[kanazawa-med.ac.jp] アルコールを大量・持続飲用することで、上記の代謝経路によって分解が追いつかず、かつ、代謝・合成された脂肪酸の酸化障害と、エタノールの代謝中間生成物のアセトアルデヒドの有する毒性とエタノール自体の影響によって細胞に炎症や壊死を生じる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状