Create issue ticket

考えれる180県の原因 肝内胆汁うっ滞

  • 閉塞性黄疸

    閉塞性黄疸 ( 外 ) :胆道系の機械的閉塞 --- 総胆管結石、胆道癌、膵頭部癌 4. 胆汁うっ症 : 胆管系の閉塞や拡張のないうっ滞 --- 薬剤性障害、原発性胆汁性肝硬変 5.[kanazawa-med.ac.jp] 胆汁うっは薬剤性肝炎や原発性胆汁性肝硬変が代表的ですが、通常のウィルス性急性肝炎で起こることもあります。細胞障害の指標であるAST(GOT)、ALT(GPT)の上昇に比較して胆道系酵素であるALPやγGTPの上昇が著しくなります。この場合、黄疸は長引きますが、予後は必ずしも悪くはないようです。[watanabe-md.com] たとえば、ウイルス性疾患、がん、細胞ガン、自己免疫性肝炎、薬剤性障害などです。 【(2-A-b)胆道系酵素(γ-GTP、ALP、LAP)の上昇がある場合】 胆汁うっ が疑われます。たとえば、原発性胆汁性肝硬変、薬剤性障害などです。[kango-oshigoto.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 2次性硬化性胆管炎

    自己免疫性膵炎(AIP)やIgG4関連疾患では胆管の硬化性変化を伴って胆汁うっを惹起し、それによる黄疸などの臨床症状を呈することがある。これらは病態や治療がPSCとは異なるため、精度の高い鑑別診断が必要である。[nanbyou.or.jp] 「対象疾患は、先天性胆道閉鎖症、進行性胆汁うっ症(原発性胆汁性肝硬変と原発性硬化性胆管炎を含む)、アラジール症候群、バッドキアリー症候群、先天性代謝性疾患(家族性アミロイドポリニューロパチーを含む。)、多発嚢胞肝、カロリ病、肝硬変(非代償期)及び劇症肝炎(ウイルス性、自己免疫性、薬剤性、成因不明を含む。)である。[yamadai-gesurgery.jp]

  • 原発性硬化性胆管炎

    自己免疫性膵炎(AIP)やIgG4関連疾患では胆管の硬化性変化を伴って胆汁うっを惹起し、それによる黄疸などの臨床症状を呈することがある。これらは病態や治療がPSCとは異なるため、精度の高い鑑別診断が必要である。[nanbyou.or.jp]

  • 上行性胆管炎

    【図1】 急性胆管炎の原因 急性胆管炎は、胆汁の細菌感染に加えて、胆汁がうっして胆管内の圧力が上がることの両方がそろったときに起こります。胆汁うっの原因には、総胆管結石、結石、良性胆管狭窄のほか、胆管癌、乳頭部癌、膵頭部癌などの悪性疾患があります。[jshbps.jp] 2.原因 1)細菌性(化膿性) 総胆管結石や膵胆道系悪性腫瘍による胆管閉塞に伴い、胆管内で胆汁うっが起こり、そこに腸細菌が感染、胆管炎を引き起こし、上行性に内におよんで膿瘍を形成するとされています。この場合、膿瘍が多発することが特徴とされています。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp] 原発性胆汁性胆管炎(原発性胆汁性肝硬変) 胆管がリンパ球などの免疫担当細胞による慢性的な破壊により、その胆汁排泄機能を障害されるために胆汁うっを生じ最終的に胆汁性肝硬変となる疾患です。[gh-gotoh-cl.com]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    肝臓のなかの小葉間胆管から隔壁胆管にかけての部位が、自己免疫の機序によって徐々に破壊されるために、細胞でつくられる胆汁の流れが悪くなって「慢性胆汁うっ」が起こり、最終的には肝硬変へと進行する病気です。[yomidr.yomiuri.co.jp] 肝臓で作られた胆汁の流出路である胆管が免疫学的機序により破壊され、胆汁が肝臓内にうっするために胆汁中の成分であるビリルビンが血管に逆流して全身の組織にビリルビンが沈着します。炎症と肝臓うっした胆汁により次第に細胞が破壊され、徐々に肝硬変へと進行します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] (5)鑑別診断 慢性薬物起因性胆汁うっ型原発性硬化性胆管炎、成人性肝内胆管減少症など (6)診断 次のいずれか1つに該当するものをPBCと診断する。[nanbyou.or.jp]

  • 薬物性中毒性肝炎

    原発性胆汁性肝硬変(PBC)は、自己免疫性障害の1つで、胆汁うっが生じる。中年以降の女性に好発する。 検査と診断、治療法 身体症状 皮膚掻痒感が現れ、やがて黄疸が出現する(症候性PBC)。しかし、現在は無症候性PBCが多い。進行して肝硬変の症状を呈す。 骨粗鬆症、脂質異常症(高脂血症)、自己免疫疾患などを合併することが多い。[nurseful.jp] また、薬剤性肝障害は生検による組織学的所見からつぎの3つの病型に分けられます。 ①胆汁うっ型 毛細胆管や細胞胆汁が停滞し、肝細胞傷害が軽い病型です。薬剤アレルギー性肝障害のなかでもっとも多くみられるタイプです。抗生物質、向精神薬(クロルプロマジンなど)、抗不整脈薬(アジマリンなど)、経口避妊薬などでおこります。[kotobank.jp]

  • 敗血症

    敗血症性ショックの患者が対象 研究班は、この報告より前の研究で、重症の感染により 敗血症性ショック という致命的な状態に陥った患者200人をランダムに分け、体温36.5 から37 の範囲にまで冷やしながら治療するか、冷やさないで治療するかを比較し、冷やしたグループのほうが14日目までの死亡率が低いという結果を得ていました。 ここで得られた治療データを解析し、体温の変化と死亡率の関係をさらに詳しく調べました。 38.4 が境界 体温で区切ったとき、体温が高い場合と低い場合で死亡率に最も大きな違いが出るように境界の値を計算したところ、「 体温が38.4[…][medley.life]

  • 胆汁うっ滞

    概要 進行性家族性胆汁うっ症(Progressive familial intrahepatic cholestasis; PFIC)は、常染色体劣性遺伝形式をとる先天性の胆汁うっ症であり、多くは乳児期(1歳未満)に発症する。[ped-hbpd.jp] 東京大学は2月14日、獨協医科大学越谷病院、済生会横浜市東部病院との共同研究により、患者数が極めて少ない子供の肝臓に関する希少疾患で、無治療の場合には思春期前に肝不全に陥り、死に至る難病である「進行性家族性胆汁うっ症2型(PFIC2:Progressive Familial Intrahepatic Cholestasis type2[news.mynavi.jp] 概要 新生児または乳児において、構造的または機能的原因によって肝臓から十二指腸へ胆汁を排泄できずに閉塞性黄疸を来たす疾患。 2. 疫学 胆道閉鎖症、新生児胆汁うっ症候群ともに出生児1万人に1人の割合で発生する。 3.[nanbyou.or.jp]

  • 薬物過敏症

    序文 医薬品が社会に多大な貢献をもたらし,今日の人間社会に必要不可欠な存在であることは周知のことである.その一方で,医薬品が数々の有害事象を生みだし,人々にとって悪しき存在であったことも事実である.今日の薬物治療で,医薬品の安全性の確保は医療従事者にとって責務である. 医薬品は主作用と有害作用という「光と影」を併せ持っており,適正な薬物療法は医薬品の「光と影」の調整が重要であり,医薬品の「影」に焦点を当て,いかにして「光」を輝かさせ,「影」を薄めるかを探究することが医薬品の安全性の向上につながる.[…][nanzando.com]

さらなる症状

類似した症状