Create issue ticket

考えれる12県の原因 肝トランスアミナーゼ増加

  • 伝染性単核球症

    異型リンパ球の出現は、EBウイルスがBリンパ球に感染し、感染細胞に対する細胞性免疫反応により活性化された幼若なT細胞が増加することによる。 多くの症例で脾腫を伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 肝炎

    インターフェロン療法の適応がない人や有効でなかった人には、グリチルリチン製剤、ウルソデオキシコール酸、瀉血 (しゃけつ) などを使用してトランスアミナーゼを下げておくことが、肝硬変への進展と細胞癌の合併を抑制するうえで重要である。 [恩地森一] 日本では増加傾向にある。常時飲酒をしている人が急激に飲酒量を増やしたときに発症する。[kotobank.jp]

  • 門脈性肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 大結節性肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 特発性肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 先天性肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • ウォルマン病

    薬理作用 ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症のモデルラットにセベリパーゼ アルファ(遺伝子組換え)を週1回又は隔週1回反復投与したとき、肝臓においてライソゾーム酸性リパーゼ活性の回復、組織中コレステロール及びトリグリセリドの減少、血清トランスアミナーゼ値の低下、腫大の軽減、体重増加及び生存期間の延長が観察された 7)8) 。[meds.qlifepro.com]

  • ペグビソマント

    、ALT(GPT)増加トランスアミナーゼ上昇、機能検査値異常 肝酵素上昇、血中アルカリホスファターゼ増加 皮膚 そう痒症、多汗症 顔面腫脹、丘疹、紅斑、紅斑性皮疹、挫傷発生の増加傾向、寝汗、皮膚乾燥、皮膚乾燥・皮膚過敏、皮膚疼痛 筋・骨格系 関節痛 関節炎、筋痛、頚部痛 腎臓 血尿、尿潜血陽性、多尿、蛋白尿、腎機能障害 全身症状 疲労[kegg.jp] 、ALT(GPT)増加トランスアミナーゼ上昇、機能検査値異常 肝臓 (1%未満) 肝酵素上昇、血中アルカリホスファターゼ増加 皮膚 (1%〜3%未満) 皮膚 (1%未満) 顔面腫脹、丘疹、紅斑、紅斑性皮疹、挫傷発生の増加傾向、寝汗、皮膚乾燥、皮膚乾燥・皮膚過敏、皮膚疼痛 筋・骨格系 (1%〜3%未満) 関節痛 筋・骨格系 (1%未満)[meds.qlifepro.com] 亢進、錯乱状態、怒り、不眠症、無感情、末梢ピリピリ感 感覚器 眼痛 眼精疲労、眼圧迫感、視力低下、眼球運動異常、メニエール病、耳鳴 循環器 血圧上昇、高血圧 ほてり、不整脈 呼吸器 低換気 消化器 下痢 悪心、嘔吐、胃不快感、鼓腸、腹部膨満、腹痛、軟便、便秘 口内乾燥、歯間の増大、歯肉腫脹、流涎過多、消化不良、痔核 肝臓 AST(GOT)増加[kegg.jp]

  • 黄疸がある髄鞘形成異常

    特に、 B型、C型肝炎感染の既往のある患者あるいはその疑いのある患者、及び毒性が知られている薬剤の投与を受けている患者では、 重篤な障害発現のリスクが増加する。[pmda.go.jp] 血清トランスアミナーゼの正常範囲の上限より5倍以上の上昇が持続している患者では、本剤による重篤な毒性発症のリスクより本剤の有用性が上回ると判断された場合にのみ投与すること。」 と改める。 625 抗ウイルス剤 31.【医薬品名】サキナビルメシル酸塩 【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。[pmda.go.jp]

さらなる症状