Create issue ticket

考えれる21県の原因 肝トランスアミナーゼ増加

  • 伝染性単核球症

    異型リンパ球の出現は、EBウイルスがBリンパ球に感染し、感染細胞に対する細胞性免疫反応により活性化された幼若なT細胞が増加することによる。 多くの症例で脾腫を伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 肝炎

    インターフェロン療法の適応がない人や有効でなかった人には、グリチルリチン製剤、ウルソデオキシコール酸、瀉血 (しゃけつ) などを使用してトランスアミナーゼを下げておくことが、肝硬変への進展と細胞癌の合併を抑制するうえで重要である。 [恩地森一] 日本では増加傾向にある。常時飲酒をしている人が急激に飲酒量を増やしたときに発症する。[kotobank.jp]

  • 門脈性肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • アルコール性肝疾患

    アルコール性肝炎は,飲酒量の増加を契機に発症し,AST優位の血清トランスアミナーゼの上昇や黄疸を認める.著明な 腫大 ,腹痛,発熱,末梢血白血球数の増加,ALPやγ-GTPの上昇を認めることが多い.このような所見を伴う場合,臨床的アルコール性肝炎として取り扱う.一部のアルコール性肝炎では,禁酒しても肝腫大などアルコール性肝炎の症状が持続するものもあり[kotobank.jp]

  • 非乏尿性腎不全

    、好酸球増多、悪寒、悪心、感冒様症状、拘束性肺機能障害、発熱、白血球増加、筋肉痛、トランスアミナーゼ上昇、肺浮腫、肺線維症、腹水貯溜、血尿、頭痛、食欲不振、CCr 低下、convulsions、fever、general fatigue、VLS様症状 54 sparfloxacin 10 光線過敏、光線過敏型薬疹、光線過敏症、多形浸出性紅斑型薬疹[selimic.imic.or.jp] 血小板数減少、血小板減少、貧血、頭痛、顆粒球数減少、食思不振、骨髄抑制、クレアチニン上昇、Anorexia、Cardiovascular、GOT上昇、GPT上昇、Nausea、Pneumonia、Renal dysfunction、Sepsis、vomiting 54 interleukin 2 10 全身倦怠、全身倦怠感、嘔吐、嘔気、好酸球増加[selimic.imic.or.jp]

  • 大結節性肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 特発性肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 先天性胆汁酸合成障害4型

    値が正常化したのにもかかわらず,ビリルビンと胆道系酵素の増加が持続し,内胆汁うっ滞となる症例がある. 2)薬物性肝内胆汁うっ滞 【 9-9】 3)自己免疫性肝内胆汁うっ滞: 原発性胆汁性肝硬変【 9-6】と原発性硬化性胆管炎【 9-7】とがある. 4)重症感染症による肝内胆汁うっ滞: 重症感染症に伴って肝内胆汁うっ滞が起こることがある.Gram[kotobank.jp] ステロイド,フェノバルビタールなどを投与する.瘙痒感に対しては,陰イオン交換樹脂であるコレスチミドを投与する.経過が長期にわたる場合は,脂溶性ビタミンの補給も必要である.肝内胆汁うっ滞は表2-3-1のように経過により分類する場合もあるが,ここでは原因別に分類することにする. 1)ウイルス性肝内胆汁うっ滞: A型肝炎およびB型急性肝炎の回復期に,トランスアミナーゼ[kotobank.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    、好酸球増多、悪寒、悪心、感冒様症状、拘束性肺機能障害、発熱、白血球増加、筋肉痛、トランスアミナーゼ上昇、肺浮腫、肺線維症、腹水貯溜、血尿、頭痛、食欲不振、CCr 低下、convulsions、fever、general fatigue、VLS様症状 54 sparfloxacin 10 光線過敏、光線過敏型薬疹、光線過敏症、多形浸出性紅斑型薬疹[selimic.imic.or.jp] 血小板数減少、血小板減少、貧血、頭痛、顆粒球数減少、食思不振、骨髄抑制、クレアチニン上昇、Anorexia、Cardiovascular、GOT上昇、GPT上昇、Nausea、Pneumonia、Renal dysfunction、Sepsis、vomiting 54 interleukin 2 10 全身倦怠、全身倦怠感、嘔吐、嘔気、好酸球増加[selimic.imic.or.jp]

さらなる症状