Create issue ticket

考えれる349県の原因 肛門痛

  • 便秘

    の有無をみる.直腸指診で便塊や肛門狭窄,肛門の有無,直腸腫瘤の有無,肛門括約筋のトーヌスなどを評価する.自律神経異常も評価する. 4)便秘の治療法・対策: 背景疾患が判明した場合は,まずはその治療を行う.最も多い機能性便秘は生活習慣病の側面があることが多いので,まず生活改善(高繊維食,早朝の飲水,規則正しい生活,特に朝食)を指導するのが重要[kotobank.jp] 日常生活の忙しさや排便を伴う肛門疾患のため故意に便意を抑え続けた場合、強い下剤や浣腸の乱用によって排便のリズムが障害された場合などにみられる。 4) 器質性便秘 腸の通過障害 ( 腫瘍、炎症などによる狭窄 ) あるいは腸以外の器質的疾患に伴う大腸の運動機能異常によって起こる。 a.[kanazawa-med.ac.jp] 痔 (じ) など直腸肛門 (こうもん) 疾患のために排便があったり、多忙のため便意があってもこれを抑制することを繰り返しているような場合にみられるが、下剤や浣腸 (かんちょう) の乱用、神経疾患、朝食抜きの食習慣なども排便反射を減弱させる。また、妊娠、肥満、慢性呼吸器疾患、長期臥床 (がしょう) などによる腹圧の減弱も原因となる。[kotobank.jp]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 6.慢性特発性肛門 肛門の奥が持続的に痛む病気です。 肛門鏡や直腸鏡で観察しても異常を認めません。しかし、指診(触診)で陰部神経管に圧を認めることより診断がつきます。 肛門の神経が障害され痛みが起こります。 軽症では内服治療を、重症では局所神経ブロック注射が有効です。 痔を予防するには?[fujikawa-cl.jp] 一時的な肛門出血や肛門は誰でもあり、自然治癒力で肛門は治ることもあるので、まずは冷静に様子をみましょう。「便が硬かったかどうか、便が元に戻ったら痛くないとか、様子や経過を観察します。症状が2 3週間続いたり、繰り返したりする場合には、肛門専門医に相談しましょう」(佐原さん)。[healthcare.omron.co.jp] 感染・炎症 ・扁平コンジローマ(梅毒) ・肛門周囲炎 真菌症(かび)、ウォシュレット使用過剰 ・膿皮症(臀部の広範囲な膿形成と排出) ・毛巣洞(尾仙骨部の体毛の混じった膿排出) 神経症 ・肛門異臭症 ・直腸肛門(原因がはっきり判らないもの) 直腸脱(直腸が同心円状に脱出) 炎症性腸疾患 ・クローン病 ・潰瘍性大腸炎 腫瘍 ・悪性 : がん[keijinkai-hp.net]

  • ポリープ

    こうもんひすい 肛門ポリープ こうもんぽりーぷ 肛門部腫瘍 こうもんぶしゅよう 肛門 こうもんつう 過敏性腸症候群(IBS) かびんせいちょうしょうこうぐん 直腸重積 ちょくちょうじゅうせき 肛門括約筋不全 こうもんかつやくきんふぜん[matsushima-hp.or.jp] 肛門周囲膿瘍 こうもんしゅういのうよう 血栓性外痔核 けっせんせいがいじかく 直腸粘膜脱 ちょくちょうねんまくだつ 嵌頓痔核 かんとんじかく 直腸脱 ちょくちょうだつ 直腸瘤 ちょくちょうりゅう 膿皮症 のうひしょう 毛巣洞 もうそうどう 肛門周囲皮膚炎 こうもんしゅういひふえん 粉瘤 ふんりゅう 尖圭コンジローマ せんけいこんじろーま 肛門皮垂[matsushima-hp.or.jp]

  • 卵管炎

    また、ダグラス窩膿瘍をおこすと、排便(はいべんつう)、肛門(こうもん)の痛みを感じ、膀胱の周囲に波及すれば、排尿(はいにょうつう)などの膀胱炎に似た症状をともなうことがあります。[kotobank.jp] ひどい場合は外陰から肛門にまで炎症が広がっている。 月経困難症 月経開始直前から、強い下腹部や腰痛、下腹部の膨満感などがある。吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、立ちくらみなどの症状を伴うこともある。[nms.nomura-magokoro-med.or.jp] 前のページへもどる 尖圭コンジローマ 状態 部位 潜伏期間 乳頭状、鶏冠状の淡紅色又は褐色調腫瘍が多発 男性 陰茎亀頭、冠状溝、包皮、肛門周囲 3週 8ヶ月 女性 大小陰唇、膣、子宮口、肛門周囲 前のページへもどる 淋菌感染症 初期症状 放置又は進行すると 潜伏期間 男性 尿道炎、尿道からの膿性分泌物(黄色)、排尿 前立腺炎、精巣上体炎[pref.fukushima.lg.jp]

  • 子宮内膜症

    月経痛(いわゆる生理痛) ・年々増強する生理痛 ・日常生活に支障がある程の強い生理痛 ・生理が始まる4 5日前から腹痛がはじまる ・市販の鎮痛剤でも痛みがおさまらない 生理以外の痛み ・排卵の頃に腹痛がある ・生理の始まる4 5日前から腹痛がある ・排便(排便の時腹痛や肛門がある) ・性交(性交時に腟の奥や、肛門周囲に不快感や痛みを[kusuhara-womens.jp] ・ 年々痛みが増強する(5年前よりも3年前、3年前よりも今年というように年々月経が増強する)。 ・ 腹痛だけでなく、肛門や膣の奥の方も痛い。 ・ 腹痛だけでなく、悪心や嘔吐を伴うこともあります。 2.生理以外にも時々腹痛がある。 特に排卵期(生理と生理の中間の頃)や生理前にも腹痛がある。[suzuki-lc.jp] かなり強い生理痛 かなり痛みが強いので鎮痛剤が必要である 市販の鎮痛剤を服用しても十分痛みがとれない 年々痛みが増強する(5年前よりも3年前、3年前よりも今年というように年々月経が増強する) 腹痛だけでなく、肛門や膣の奥の方も痛い 腹痛だけでなく、悪心や嘔吐を伴うこともある 生理以外にも時々腹痛がある 特に排卵期(生理と生理の中間の頃)[shinsaibashilc.com]

  • 直腸癌

    急性期有害事象 下痢・膀胱炎・肛門・会陰部皮膚炎などが挙げられます。 晩期有害事象 頻便・ろう孔形成・腸閉塞・潰瘍形成・穿孔などが挙げられます。 用語解説 化学放射線療法 : 抗がん剤と放射線を組み合わせて行うがんの治療方法 CT : コンピュータ断層法。[gan.med.kyushu-u.ac.jp] 2)肛門癌 ストーマになる確率がかなり高い癌です。全大腸癌の3 5%を占めています。 肛門部の腫瘤、肛門、出血などが多い。 検査は直腸指診・肛門鏡が重要で、内視鏡や造影検査ではかえって見落とすことがあります。 特徴的なのは、痔瘻に合併することがあることです。特に10年以上痔瘻がある場合は注意が必要です。[bouquet-v.com] 癌による血便では肛門がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。肛門から離れた盲腸癌や上行結腸癌では血便を自覚することは少なく、貧血症状があらわれてはじめて気がつくこともあります。腸の内腔が狭くなっておこる腹痛や腹鳴、腹部膨満感や痛みを伴うしこりが初発症状のこともあります。[saiseikai.com]

  • 急性前立腺炎

    放射線療法の副作用としては,排尿間隔が短くなる頻尿,排尿,痔の悪化,肛門,直腸からの出血,皮膚のただれなど一種のやけどのような症状が現れる場合があります。性機能障害(勃起障害)が起きることもあります。しかし最近は治療法が進歩し副作用を抑えることができるようになっています。[okayamah.johas.go.jp] 症状は排尿、排尿困難感、頻尿、残尿感、会陰部肛門と陰嚢の間の疼痛)、残便感と38 を超える発熱です。検尿では白血球と細菌が多数みられることが多く、肛門からの触診で前立腺の腫脹、圧などがあれば診断できます。起炎菌は大腸菌が圧倒的に多いですが、緑膿菌やブドウ球菌などの細菌や時には淋菌やクラミジアが原因となる場合もあります。[matsumoto-hinyoukika.jp] ー慢性前立腺炎 下腹部および陰嚢と肛門の間の不快感、鈍痛および排尿時の違和感などの症状あり 排尿時、頻尿、残尿感などの排尿症状もある。 肛門から指を入れて前立腺マッサージ後、前立腺液を採取し細菌性、非細菌性、前立腺(プロスタディニア)3タイプに分類される。[kurume-urol.com]

  • 肛門周囲膿瘍

    痔裂 痔裂は肛門粘膜が裂けて出血や排便時の肛門の原因となるもので、肛門の6時、または12時方向に好発します。多くの場合、硬い便が原因です。1歳から3歳ぐらいの乳児に多く、排便時の痛みから排便を我慢するため、さらに便がたまり硬い便をつくる結果となり、悪循環となります。[dokkyomed.ac.jp] 手術療法 慢性裂肛で肛門狭窄を伴う場合は肛門拡張術(内肛門括約筋部分切除術、皮膚弁移動術)が必要なことがあります。 肛門周囲膿瘍・痔瘻 症状 肛門肛門近傍の熱感・腫脹、排膿。30 50歳代の男性に多いとされます。 治療 肛門腺から入ってきた細菌が肛門周囲に感染巣を形成し、膿瘍を作ったものを肛門周囲膿瘍といいます。[heiwakai.or.jp] 2、熱毒積盛型 症候 肛門に腫脹・疼痛が激しい、夜に痛くて眠れない、悪寒、発熱、口や咽喉部の乾燥感、便秘、小便困難等を伴う。肛門部の圧、波動感、化膿。舌質が紅、舌苔が黄、脈は弦滑。[fujiyoshi-clinic.jp]

  • 大腸憩室症

さらなる症状