Create issue ticket

考えれる51県の原因 肛門または直腸の疼痛

  • 内痔核 は、 肛門部 にある直腸静脈叢の 静脈瘤 。慢性的に経過し、排便時に出血や肛門脱などを伴う。あまり疼痛(とうつう)はない。外痔核は、逆に激しい疼痛を伴う。また肛門粘膜に断裂をきたす 裂肛 もあり、強い疼痛と少量の鮮出血を見る。さらに直腸脱、肛門脱も、広い意味での痔。[kotobank.jp] 外痔核は血栓を形成し腫大すると疼痛を伴います。内痔核と外痔核が連続した痔核もあります。 痔ろう 直腸粘膜と肛門上皮の境目の肛門陰窩に存在するアポクリン腺(フェロモンを出す)の遺残の感染症で、その結果肛門周囲に膿瘍(うみの溜まり)を形成する病気です。 初期では1本の単純痔瘻ですが、時間が経つと複数の複雑痔瘻を形成することもあります。[morimoto-clinic.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    妊産婦・女性生殖器疾患の婦人科疾患のお話。 今回は、性感染症と骨盤内炎症性疾患の説明です。 [性感染症と骨盤内炎症性疾患]sexually transmitted disease and pelvic inflamatoty disease 【概念】 性感染症sexually transmitted disease(STD)は性行為を介して感染し、発症する疾患です。 古くは、梅毒、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫症、淋疾、トリコモナス症や真菌症が挙げられますが、最近ではクラミジア感染症、性器ヘルペスや尖圭コンジローマが増加しています。[…][blogs.yahoo.co.jp]

  • 前立腺癌

    方法としては、①経直腸式(肛門から超音波のプローブを挿入し、針で採取します。麻酔は基本的に施行しませんが、疼痛が強い場合は仙骨麻酔を行います。)②経会陰式(肛門から超音波プローブを挿入しますが、組織は会陰部から針を穿刺し採取します。麻酔施行します。)の2種類がありますが、高槻病院では①経直腸式に生検を施行しております。[takatsuki.aijinkai.or.jp]

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう、 英 : Endometriosis )は、 子宮内膜 やそれに類似した組織が 子宮 内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜症のデータ ICD -10 N80 統計 出典: 世界の患者数 約890万 人 (20xx年xx月xx日) 日本の患者数 約12万 人 (2006年) 子宮内膜症学会 日本 日本産科婦人科学会 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 概念 [ 編集 ] 子宮内膜 が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、 転移 や 浸潤 するなど 悪性腫瘍[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性前立腺炎

    肛門から指を入れて,前立腺を触診(直腸診)すると、腫大した疼痛・熱感と伴う前立腺が触れます(急性期に前立腺を触ると悪化するケースがあるので、行わないこともあります)。 急性(細菌性)前立腺炎の治療 高熱で緊急を要する場合,入院が必要となります。点滴を行い,細菌に有効な抗生剤を使用します。[sakuma-cl.jp]

  • 前立腺腺癌

    限局性前立腺癌の根治療法: 全摘手術と小線源療法 について 骨やリンパ腺などへの転移が無く、周辺臓器にも浸潤していない限局性の前立腺癌は、根治療法が可能ですが、その治療法には前立腺全摘術と放射線療法があります。2003年より当院ではヨード125を用いた密封小線源を多数前立腺内に刺入する放射線療法の一種である小線源療法を開始いたしました。 小線源療法と全摘手術は、それぞれ適応が少しずつ異なるほか、長所・短所・副作用などの特徴が 異なります。患者さんの病状をよく検討した上でより適した方針を決めることになりますが、 患者さんのご希望をふまえて治療法を選んで頂くことも可能です。[…][hokkaido-cc.hosp.go.jp]

  • 坐骨直腸膿瘍

    また,直腸肛門指診,肛門鏡検査を患者の疼痛に十分留意しながら行う。ただし,上記所見などから診断が明らかな場合は行わなくてもよい。 直腸肛門指診:膿瘍は直腸壁外の波動性硬結として触知され,圧痛を認める。高位の膿瘍は直腸膨大部に触知する。圧迫で直腸内の原発口や皮膚側から排膿を認める場合がある。[jmedj.co.jp]

  • 小児クローン病

    ただし、クローン病の肛門病変からは肛門管癌や痔瘻癌などの悪性腫瘍が生じる危険性があるため、外来で注意深く観察するとともに、機能温存が不可能である場合は、肛門を閉鎖する手術(腹会陰式直腸切断術)について相談します。 手術アプローチ 開腹手術のみならず、整容性に優れ、術後疼痛の軽減が可能とされる腹腔鏡手術も行っています。[medic.mie-u.ac.jp]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    抄録 症例は42歳男性.当院にて潰瘍性大腸炎と診断され,以後緩解を維持していたが,発症14年目より下行結腸の狭小化を認め,18年目にイレウスのため下行結腸切除術を受けた.切除標本上粘液を産生する異型の乏しい腺管が粘膜下から漿膜下まで認められ,深在性嚢胞性大腸炎(CCP)に類似していた.しかし粘膜下の一部の腺管に明らかな異型があり,筋層内の神経組織内に異型腺管が認められたことより高分化腺癌と診断した.[jstage.jst.go.jp]

  • 肛門周囲膿瘍

    家庭医学館 の解説 こうもんしゅういのうようじろう【肛門周囲膿瘍/痔瘻 Periproctal Abscess / Anal Fistula】 肛門周囲膿瘍 は 痔瘻 の前段階 [どんな病気か] 肛門周囲膿瘍は、直腸(ちょくちょう)と肛門の境目にあるくぼみ(肛門小窩(こうもんしょうか))から細菌が侵入し、奥にある肛門腺(こうもんせん)に感染して肛門周囲に膿瘍(のうよう)(膿(うみ)のかたまり)をつくる病気です。 膿瘍ができる場所によっていくつかの型に分けられ、症状や治りにくさがそれぞれ異なります。なお、肛門周囲膿瘍は痔瘻(じろう)の前段階と考えられています。[…][kotobank.jp]

さらなる症状