Create issue ticket

考えれる6県の原因 肘、膝、肩拘縮

  • 脳幹梗塞

    [筋力] えん下障害:消失 発語:第三者には殆ど異常に聞こえない程度(自分では少し話難い) 上肢:握力 0kg 指の伸展 中指と薬指のみ完全に可能(4-)、人差指、小指は不十分(3) 親指(3) 手関節 (3)ただし軽度運動制限()あり 関節 屈曲(4-)、伸展(3 ) 関節(挙上・・・三角筋) (4-) 下肢:指の運動 かなり良[shunkaikai.jp] 足関節 (4-) 伸展 (4-)、屈曲 (3 ) 股関節 (4-) [生活動作] 両手で洗顔:不可能(左手の指が伸びず、かつ指の間が開くために水をすくえない) 食事:左手に茶碗を持つのは不可能 入浴:女房の介助による、タオルを掴めないので体を擦ることはできない.[shunkaikai.jp]

  • 先天性脊椎上骨幹端形成不全

    — 絞扼性神経障害 — など 参照:肩・・手の外科 関節の主な病気 変形性膝関節症(内反膝・外反膝) 特発性大腿骨顆部骨壊死症 半月板損傷 など 参照:膝関節外科 スポーツ整形外科の主な疾患 上肢 スポーツ障害 リトルリーガーズショルダー、テニス肘、野球肘 スポーツ外傷 肩関節脱臼、肩鎖関節脱臼、骨折 など 下肢 スポーツ障害[lab.toho-u.ac.jp] (リウマチなど)脊椎炎 骨粗鬆症性脊椎障害(脊椎圧迫骨折など) 脊椎・脊髄腫瘍 仙腸関節障害 以上、頚椎 胸椎 腰痛にわたる脊柱全般 など 参照:脊椎脊髄外科 肩・肘・手の主な病気 肩腱板断裂 上腕骨外上顆炎 変形性肩関節症 変形性肘関節症 母指CM関節症 ヘバーデン結節 関節リウマチや糖尿病による上肢障害 — バネ指 — デュプイトレン[lab.toho-u.ac.jp]

  • ケロイド

    などの関節部位は特にその傾向が強く、治療に難渋します。保険はききます。 瘢痕(保険適応) ひきつれのある傷痕のことです。 手やわき、関節部位に多く、関節の機能障害を引き起こします。 形成外科の医師が得意とする傷痕治療の一つです。保険はききます。[higashiyama-clinic.jp]

  • β-ウレイドプロピオナーゼ欠乏

    一つの態様では、本発明は治療用の方法を提供している。 は、関節、関節、関節、足首、股関節、指関節、手首、足指関節、または側頭下顎関節、椎間関節、耳骨関節、またはそれらの組み合わせに影響を与えうる。[patentswamp.jp] 異なる種類のが多数存在し、関節、関節、関節、足首、股関節、指関節、手首、足指関節、側頭下顎関節、耳骨関節、椎間関節 (例:首または背中の関節)などの関節、軟組織、筋肉、腱、靭帯、脂肪、滑膜、関節被膜、結合組織(例:筋膜)などのその他の関節外構造、および掌側板が影響を受ける。[patentswamp.jp] 一つの態様では、関節、関節、または関節における完全なまたは一部のの形成を予防的に予防する方法が提供されているが、しかしながら、拘縮を形成する可能性をもつ方法を使用して関節を治療することができる。 外傷的事象の後、針(滅菌技法を用いる)を用いて治療化合物を関節内に導入することができる。[patentswamp.jp]

  • 指短縮多指症と脛骨無形成/発育不全

    — 絞扼性神経障害 — など 参照:肩・・手の外科 関節の主な病気 変形性膝関節症(内反膝・外反膝) 特発性大腿骨顆部骨壊死症 半月板損傷 など 参照:膝関節外科 スポーツ整形外科の主な疾患 上肢 スポーツ障害 リトルリーガーズショルダー、テニス肘、野球肘 スポーツ外傷 肩関節脱臼、肩鎖関節脱臼、骨折 など 下肢 スポーツ障害[lab.toho-u.ac.jp] (リウマチなど)脊椎炎 骨粗鬆症性脊椎障害(脊椎圧迫骨折など) 脊椎・脊髄腫瘍 仙腸関節障害 以上、頚椎 胸椎 腰痛にわたる脊柱全般 など 参照:脊椎脊髄外科 肩・肘・手の主な病気 肩腱板断裂 上腕骨外上顆炎 変形性肩関節症 変形性肘関節症 母指CM関節症 ヘバーデン結節 関節リウマチや糖尿病による上肢障害 — バネ指 — デュプイトレン[lab.toho-u.ac.jp]

  • リコフェロン

    一つの態様では、本発明は治療用の方法を提供している。 は、関節、関節、関節、足首、股関節、指関節、手首、足指関節、または側頭下顎関節、椎間関節、耳骨関節、またはそれらの組み合わせに影響を与えうる。[patentswamp.jp] 異なる種類のが多数存在し、関節、関節、関節、足首、股関節、指関節、手首、足指関節、側頭下顎関節、耳骨関節、椎間関節 (例:首または背中の関節)などの関節、軟組織、筋肉、腱、靭帯、脂肪、滑膜、関節被膜、結合組織(例:筋膜)などのその他の関節外構造、および掌側板が影響を受ける。[patentswamp.jp] 一つの態様では、関節、関節、または関節における完全なまたは一部のの形成を予防的に予防する方法が提供されているが、しかしながら、拘縮を形成する可能性をもつ方法を使用して関節を治療することができる。 外傷的事象の後、針(滅菌技法を用いる)を用いて治療化合物を関節内に導入することができる。[patentswamp.jp]

さらなる症状