Create issue ticket

考えれる7県の原因 肉不耐性

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝性脳症

    肝性脳症(かんせいのうしょう、英語: Hepatic encephalopathy)とは、肝臓の機能低下による意識障害である。別名を肝性昏睡(かんせいこんすい、Hepatic coma)とも、また門脈体循環性脳障害とも言う。 肝硬変が進行した場合や劇症肝炎などの重篤な肝障害によって引き起こされる。まれに先天性尿路回路欠損を伴うことがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 消化性潰瘍

    消化性潰瘍(しょうかせいかいよう、英: peptic ulcer)は、主に胃酸が要因となって生じる潰瘍のことである。 胃癌等の悪性腫瘍も潰瘍病変を呈するが本稿では良性の潰瘍について記述する。 潰瘍の生じる部位別に旧来通り以下の通りに称される。 胃潰瘍(gastric ulcer、stomach ulcer) 十二指腸潰瘍(duodenal ulcer) 食道潰瘍(esophageal ulcer、胃食道逆流症を参照) デュラフォイ潰瘍(仏: ulcère de Dieulafoy)比較的小さな潰瘍であるが大出血を生じる潰瘍として1898年にフランスの外科医Paul Georges[…][ja.wikipedia.org]

  • 門脈圧亢進症

    門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう) は、 消化管 から 肝臓 へ 血液 を運ぶ 門脈 圧が上昇する疾患群。 概念 [ 編集 ] 門脈圧が上昇する病気をまとめて門脈圧亢進症と言う。(ここでいう門脈は腹部の門脈で、 下垂体 の門脈ではない。) 病態 [ 編集 ] 腸管 から吸収された栄養や毒素は、門脈系を通って 肝臓 内で処理されたのち、 下大静脈 を通って全身へと送られる。 肝硬変 などにより門脈圧が上昇して逃げ場を失った血流は、 臍静脈 、 左胃静脈 、 下直腸静脈 等を迂回して肝臓を介さずに直接 体循環 へ流れる。本来の道筋をショートカットする事を 短絡 ( シャント[…][ja.wikipedia.org]

  • オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症(平成22年度) おるにちんとらんすかるばみらーぜけっそんしょう 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 アミノ酸代謝により生じたアンモニアは、肝臓の尿素サイクルにより尿素 に転換され解毒される。この過程に異常があり、アンモニアの解毒が出来ず、高アンモニア血症を来すのが尿素サイクル異常症で、オルニチントランスカルバミ ラーゼ欠損症は尿素サイクル異常症の一つに分類され、尿素サイクル異常症の半数を占める。 2. 疫学[…][nanbyou.or.jp]

  • 尿素サイクル異常症

    概要 尿素サイクルとは体内で生成された有害なアンモニアを肝臓で無害な尿素へと変換する過程を指します。このサイクルに異常が生じると、アンモニアなどが体にたまり、さまざまな症状を呈します。ときに生命に関わるような状況に陥ることもあります。 尿素サイクルにはいくつかの酵素が存在し、この酵素のいずれかに先天的な異常があるものを尿素サイクル異常症と呼びます。尿素サイクル異常症はそれらの病気の総称であり、以下が含まれています。 Nアセチルグルタミン酸合成酵素欠損症 カルバミルリン酸合成酵素欠損症 オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症 古典型シトルリン血症 アルギニノコハク酸尿症 アルギニン血症[…][medicalnote.jp]

  • 下痢

    また、脂肪分が多い は、 胃腸への負担が大きいので下痢を引き起こす原因に。 乳糖を含むチーズ は、日本人のほとんど乳糖耐性なので下痢を起こします。 アルコールや、塩、油 も胃腸への負担が大きいので、下痢を起こすことも。 もちろん、過度に摂取しなければ問題は起きませんし、個人差もあるので一概には言えません。[lifehacker.jp]

さらなる症状