Create issue ticket

考えれる242県の原因 聴性脳幹反応なし

  • 先天性難聴

    新生児聴力のスクリーニング方法には自動脳幹反応(AABR)と耳音響反射(OAE)があります。 最近は出生時に産婦人科で自動脳幹反応(AABR)を施行することが多くなってきました。簡単に短時間の検査で聴覚系の全経路を検査できます。しかし、その精度にはまだ改善の余地が残されています。[nihonbashi-ent.com] 耳鼻科では年齢にあった幼児聴力検査(BOA:行動反応検査、COR:条件詮索聴力検査)や他覚的聴力検査(ABR:脳幹反応やOAE:耳音響放射)を行い、聴力を調べます。[sakura-hochouki.com] 新生児聴覚スクリーニングとその必要 小児難聴の精密検査はABR(脳幹反応)で行いますが、鎮静が必要で1時間程度かかります。近年、自動判定機能のある自動ABRが開発され出生直後に多くの産科施設でおこなわれています。授乳後の自然睡眠中で検査時間は5-10分程度と簡便におこなえ、精度は98%程度です。[sakura-hochouki.com]

  • 難聴

    意図的に難聴を装った結果難聴になった詐(さちょう)も含まれる。また、ヒステリー難聴も含まれ、「ヒステリー」と付けられたことからも女性に多い難聴である。診断には脳幹反応(ABR)測定が用いられる。 かつては中年女性に見られる難聴とされていた。当時から男性よりも女性に多い難聴と認識されており、その点は近年も変わらない。[ja.wikipedia.org] 耳鼻科では年齢にあった幼児聴力検査(BOA:行動反応検査、COR:条件詮索聴力検査)や他覚的聴力検査(ABR:脳幹反応やOAE:耳音響放射)を行い、聴力を調べます。[sakura-hochouki.com] 自動脳幹反応検査(自動ABR) 新生児聴覚スクリーニング用の脳幹反応検査です。結果はpassあるいはreferと判定されます。刺激音圧は通常35 dB nHLを用います。[naramed-u.ac.jp]

  • 鉤状回発作

    Rodriguez, MD "Cerebral herniations"(pdf) APPLIED RADIOLOGY , May 1998 長尾 省吾ほか 「 脳幹反応 による天幕切痕ヘルニアの診断」 Neurologia medico-chirurgica 24(6), 日本脳神経外科学会 pp.396-400, (1984-06-[ja.wikipedia.org]

  • 新生児顔面神経麻痺

    詳細はこちら 扱う疾患 このような症状の方を診察いたします 難聴、耳だれ、めまい、顔面神経麻痺、鼻閉、鼻汁、くしゃみ、頸部腫瘍 主な検査 純音聴力検査、語音明瞭度検査、耳鳴検査、耳管機能検査、ABR(脳幹反応)、OAE(耳音響反射)、ENG(電気眼振図検査)、VEMP(前庭誘発筋電位検査)、ENoG(Electroneurography[med.jrc.or.jp] 乳幼児難聴に対しては耳音響放射検査装置(DPOAE)、脳幹反応測定装置(ABR)、遊戯聴力検査を行う言語聴覚士が在籍しており、幼児難聴を正確に診断ができます。両側難聴と診断した場合、専門病院を紹介しています。[toyota-mh.jp] 検査に関しては聴力検査、小児の脳幹反応検査、エコー検査、頭頸部腫瘍(鼻腔、咽頭、喉頭、唾液腺、甲状腺など)の組織診断、CT等の画像検査、末梢性顔面神経麻痺の予後診断としての筋電図検査などを行っております。 治療に関しては保存的治療と手術療法を行っております。[municipal-hospital.toyohashi.aichi.jp]

  • 常染色体劣性難聴 46

    検査所見 MRIで大脳および小脳白質にT2強調画像でび漫に高信号を呈し,髄鞘化を全く認めない.脳梁の菲薄化と脳室拡大,脳幹と小脳の萎縮も認める.脳幹反応ではI波の遅延とII波以降の消失をみる. 遺伝子診断 HSPD1 のDNA塩基配列決定法による.上記の家系ではD29G変異のホモ接合体で発症し,へテロ接合体の保因者は無症状である.[plaza.umin.ac.jp] 用いる脳幹反応検査(ABR)の値よりも高い.この違いにより,定常反応聴力検査(ASSR)では脳幹反応検査(ABR)で反応を示さない小児の聴覚感受性を測定できる場合が多い.[grj.umin.jp] 検査所見 末梢神経伝導速度,視覚誘発電位,脳幹反応は正常である.MRI所見は,び漫性T2高信号とT1での同等あるいは軽度高信号を呈す.脳梁低形成と小脳(ことに皮質)萎縮を示す.当初認めない大脳萎縮も,臨床的な退行が認められる時期には観察される.[plaza.umin.ac.jp]

  • 多発性硬化症

    視覚誘発電位 (visual evoked potential)、 体感覚誘発電位 (somatosensory evoked potential)、 脳幹誘発反応 (auditory brainstem evoked potential)などがある。[bsd.neuroinf.jp] 電気生理学的検査 誘発電位検査 は、当該伝導路に存在する潜在病巣の検出に有用である。[bsd.neuroinf.jp]

  • 老人性難聴

    【材料と方法】4-40週齢の早期進行性老人性難聴マウスDBA/2Jと聴力正常のCBA/Nを用いた.GGAは,粉末餌に混ぜて4週齢から投与した.Hsp発現はwestern blot assayで評価した.聴覚評価には脳幹反応検査(ABR)を使用した.組織学的評価をH.E.染色,蛍光免疫染色で評価した.さらに有毛細胞数を評価した.[petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp] ・ 先天性難聴の50%以上が遺伝難聴であり、残りは先天風疹症候群、サイトメガロウイルス感染などの環境要因が関与します。 ・ 当施設では乳幼児聴力検査、脳幹反応(ABR)などによる精密聴覚機能検査を行っています。[tmd-otohns.jp] ・ 診断には、脳幹反応(ABR)、耳音響放射(OAE)、自記オージオメトリーなどが有用です。 ・ 心理的要因が明らかな場合には、問題の解決が重要です。 ・ 必要により、心療内科医、精神神経科医(小児神経精神科医)と連携して治療を行います。 特発性両側性感音難聴 ・ 原因不明に、両側の難聴が進行する感音難聴です。[tmd-otohns.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    としての項目 C身体所見と鑑別 1.身体発育 2.皮膚所見 3.頭 4.顔 5.毛髪・眼 6.耳・難聴 7.心奇形・心肥大・肝脾腫 Part 3 診断に必要な神経学的検査 A発達検査・知能検査 1.発達検査 2.知能検査 3.その他の神経心理学的検査 B頭部画像検査 1.CT 2.MRI 3.脳血流SPECT C脳波 D神経生理検査 1.脳幹反応[shindan.co.jp] 感覚誘発電位 444 3. 視覚誘発電位 445 4. 脳幹反応 445 D. 脳波 446 1. 脳波の起源 446 2. 脳波の分類 447 3. 正常脳波 447 4. 異常脳波 448 第19章 診断学 水野美邦 I. 神経学的診察の進め方 453 II. 精神状態 453 1. 意識障害 453 2. [rnavi.ndl.go.jp]

  • 良性移動性舌炎

    各種内耳機能検査、電気眼振検査、脳幹反応検査(ABR)も必要な症例に対し施行しています。それぞれの症例の診断に応じて入院治療も含めた薬物療法や理学療法などの新しい治療を行っております。また、アレルギー性鼻炎に対しては、レーザー治療ならびに高周波電気治療を外来で積極的に行っています。[hospital.japanpost.jp] 副鼻腔内視鏡手術 57件 鼻中隔矯正手術 29件 口蓋扁桃摘出術 109件 舌・口腔腫瘍摘出術 9件 ラリンゴマイクロサージェリー 32件 耳下腺腫瘍摘出術 19件 顎下腺腫瘍摘出術 1件 甲状腺腫瘍摘出術 14件 頚部嚢胞摘出術 4件 気管切開術 11件 喉頭気管分離術 5件 輪状咽頭筋切断術 3件 頚部リンパ節生検 32件 など 特殊検査 脳幹反応聴力検査[chp.toyonaka.osaka.jp] 5.聴覚障害 難聴(高齢者、成人、小児および乳幼児)に対する、語音聴力検査や脳幹反応検査等の他覚的聴力検査を行い、適確な診断と適切な治療を行っております。高齢者の補聴器の相談や補聴器の導入なども積極的に行っています。また乳幼児・小児の難聴に対しては,山形大学医学部連携し難聴児の早期発見および早期聴能訓練に努めています。[ypch.gr.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    ・ 先天性難聴の50%以上が遺伝難聴であり、残りは先天風疹症候群、サイトメガロウイルス感染などの環境要因が関与します。 ・ 当施設では乳幼児聴力検査、脳幹反応(ABR)などによる精密聴覚機能検査を行っています。[tmd-otohns.jp] 検査・治療について 当科で可能な検査・治療 当科でできない検査・治療 鼓膜形成術(接着法) リンパ節生検 小唾液腺生検(lip biopsy) ステロイド鼓室内投与 静脈味覚検査(アリナミンテスト) 脳幹反応(ABR) 誘発耳音響放射(DPOAE) ピシバニール(OK-432)による頚部嚢胞(正中頸嚢胞・顎下型がま腫など)の癒着術 後鼻神経切断術[kyushuh.johas.go.jp] 難聴 加齢に伴って進行するもの以外にも先天的に生じるものや突発的に聞こえが悪くなる突発難聴などがあります。当院では、耳音響放射や脳幹反応などの検査も可能であり、必要に応じてこれらの検査やMRI検査なども行います。 突発性難聴は、発症早期にはステロイドなどの投与が有効とされており、内服や点滴で加療を行います。[ojiya-ghp.jp]

さらなる症状

類似した症状