Create issue ticket

考えれる189県の原因 耳硬化症

  • 老人性難聴

    (聴神経腫瘍外来の項参照) 硬化 鼓膜から入った音を内耳に伝える3つの骨のうち、内耳に一番近い「アブミ骨」と呼ばれる骨の動きが悪くなることにより難聴がおこります。手術により聴力の改善が期待できます。 騒音性難聴 工場など、騒音の大きい環境に長時間いることによって徐々に進行する難聴です。[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 耳硬化症

    早期発見のポイント 硬化は、難聴を自覚し耳鼻咽喉科を受診した際、純音聴力検査で伝音難聴を指摘されることで診断されます。中耳炎などの他の伝音難聴と鑑別することが必須となるため、CTによる画像検査なども行います。 硬化に限らず、難聴を自覚した際は耳鼻咽喉科を受診し、聴力検査を受けてください。[saiseikai.or.jp] 硬化では難聴を訴えて病院を受診する方がほとんどなので、当科の統計では難聴は100%、鳴は2/3の67%、が塞がったように感じる閉塞感が1/3の33%、めまいは約10%の方に見られています。 検査と診断 硬化は臨床的および病理学的に活動型と非活動型に分類されます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 基本的概念 硬化は骨増殖がおこりアブミ骨の動きが悪くなった状態で、アブミ骨の振動が障害されるために難聴が起こる病気です。そのため固着したアブミ骨を除去して人口アブミ骨に置き換えることで劇的な聴力改善が得られます。硬化の好発部位は卵円窓窩前方のfissula ante fenestramという場所です。[tokushima-u.ac.jp]

  • アブミ骨切除術

    基本的概念 硬化は骨増殖がおこりアブミ骨の動きが悪くなった状態で、アブミ骨の振動が障害されるために難聴が起こる病気です。そのため固着したアブミ骨を除去して人口アブミ骨に置き換えることで劇的な聴力改善が得られます。硬化の好発部位は卵円窓窩前方のfissula ante fenestramという場所です。[tokushima-u.ac.jp] 処置できる症状 硬化 難聴の原因となる硬化は、小骨のひとつであるアブミ骨の動きに支障が出てしまい、内耳に鼓膜からの振動が伝わりにくくなることで起こります。通常、小骨は周囲の骨とは別に独立した状態で動くことで、音を効率よく伝えています。しかし、硬化になった場合、アブミ骨底板の周囲に海綿様骨変化(病的な骨)が発生します。[sendai-surg.gr.jp] 硬化 ・ 中耳には、鼓膜から音を内耳へ伝える3つの小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)が存在します。硬化は、アブミ骨の動きが悪くなり難聴が徐々に進行する原因不明の病気です。片耳に生じる方と両に生じる方がいます。 ・ 手術ではアブミ骨手術を行いますが、人工耳小骨(テフロンピストン)を用います。[tmd-otohns.jp]

  • 中耳真珠腫

    硬化 ・ 中耳には、鼓膜から音を内耳へ伝える3つの小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)が存在します。硬化は、アブミ骨の動きが悪くなり難聴が徐々に進行する原因不明の病気です。片耳に生じる方と両に生じる方がいます。 ・ 手術ではアブミ骨手術を行いますが、人工耳小骨(テフロンピストン)を用います。[tmd-otohns.jp] 5 硬化 思春期頃から徐々に難聴が進行してくる病気で、手術的に改善できるものに、硬化があります。以前は、白人女性に多い、遺伝的素因を持つ疾患とされていましたが、実際には、日本人にも割とあるのではないかといわれています。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp] 硬化なのに、感音難聴や老人性難聴と言われて放置されてきた多くの患者さんをアブミ骨手術で聴力改善してきました。近医で「硬化かもしれない」と言われた患者さんは当科に是非ご相談下さい。 人工内耳(高度難聴ー聾の方) 人工内耳は臨床応用されてから30年弱で、日本では保険適応になってから15年余が経過しました。[hyo-med.ac.jp]

  • 運動失調

    メニエール病、突発性難聴、またストレプトマイシン、カナマイシン、ミノサイクリンなどの薬物中毒による前庭神経の障害、外傷、梅毒、音響外傷、硬化、内耳炎やその続発症などがある。前庭迷路血管に血行障害のある中枢性めまいにも認められる。一般に平衡機能障害の状態であり、めまいには耳症状を伴い、方向一定性眼振(前庭性眼振)を示す。[ja.wikipedia.org]

  • ターナー症候群

    ターナー症候群 (ターナーしょうこうぐん、Turner syndrome)とは、 染色体異常 の一つで、正常女性の 性染色体 がXXの2本なのに対し、X染色体が1本しかないことによって発生する一連の症候群のこと。その名称は、この症候群を報告したアメリカの内分泌学者 ヘンリー・ターナー ( 英語版 ) に由来する。大多数は適切な医学的介入のもとで健康な社会生活を送ることから、病気・障害ではなく一種の体質であることを強調する意味で「ターナー女性」という呼称を用いることが推奨されている [1] 。 原因 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 難聴

    適切に治療されると、感染が治癒され、聴力が回復する 外耳道の過剰なあか 継続的な問題 外耳または中耳の奇形 腫瘍 硬化の原因となる麻疹やおたふく風邪は、中耳の小骨の一部が正常に機能しないことを意味する 耳の骨に影響を及ぼす突発頭部外傷 伝音難聴の治療 ある種の伝音難聴は、簡単な医療処置で治療することができます。[resound.com] 耳の病気メニュー一覧 外耳道炎・外耳道湿疹・外耳道真菌 外耳道異物 サーファーズイア(外耳道外骨腫) 急性中耳炎 慢性中耳炎 滲出性中耳炎 真珠腫性中耳炎 先天性真珠腫 硬化 外傷性鼓膜裂傷 好酸球性中耳炎 突発性難聴 メニエール病 閉感について[sendai-surg.gr.jp] 伝音性難聴ー 滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、硬化など 感音性難聴ー 突発性難聴、老人性難聴、メニエール病、騒音性難聴など 急性中耳炎 急性中耳炎とは、風邪を引いた時のウィルス(菌)が中耳まで入り込んでしまい炎症を起こす病気です。よくお子さんがかかる中耳炎が急性中耳炎です。[iwano-jibika.or.jp]

  • 変形性骨炎

    骨パジェット病(変形性骨炎)に関して 骨パジェット病(変形性骨炎)とは、骨の代謝異常によって骨の肥厚や変形が生じ、骨の強度が弱まってしまう骨の慢性疾患です。当疾患はどの部位にも発症する可能性がありますが、大腿骨・頭蓋骨・脛骨・脊椎・鎖骨などの比較的大きな骨への好発が確認されています。基本的には無症状であるとされていますが、症例によっては骨の痛みや骨の変形、神経圧迫によって生じる痛み、関節炎などの症状があらわれます。また、四肢に発症した症例では骨の強度低下によって骨折しやすくなります。[…][konohikara.com]

  • 悪性中耳炎

    硬化なのに、感音難聴や老人性難聴と言われて放置されてきた多くの患者さんをアブミ骨手術で聴力改善してきました。近医で「硬化かもしれない」と言われた患者さんは当科に是非ご相談下さい。 人工内耳(高度難聴ー聾の方) 人工内耳は臨床応用されてから30年弱で、日本では保険適応になってから15年余が経過しました。[hyo-med.ac.jp] 疾患】 突発性難聴、メニエール病、内耳性めまい(前庭神経炎や良性発作性めまい)、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、硬化、外リンパ瘻、滲出性中耳炎、急性中耳炎など 【鼻・副鼻腔疾患】 アレルギー性鼻炎、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症など 【口腔・咽頭疾患】 耳下腺・顎下腺・舌下腺の炎症性疾患、唾石症、急性・慢性扁桃炎、IgA腎症[showa-u.ac.jp] 科疾患 慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎の治療はもちろん、硬化に対するアブミ骨手術や顔面神経麻痺に対する顔面神経減荷術、聴器癌の治療もおこなっています。科手術も技術の進歩とともに治療成績の向上のみではなく、より低侵襲な手術が求められるようになりました。[hamanomachi.jp]

  • 気管の外傷性穿孔

    硬化 ・ 中耳には、鼓膜から音を内耳へ伝える3つの小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)が存在します。硬化は、アブミ骨の動きが悪くなり難聴が徐々に進行する原因不明の病気です。片耳に生じる方と両に生じる方がいます。 ・ 手術ではアブミ骨手術を行いますが、人工耳小骨(テフロンピストン)を用います。[tmd-otohns.jp] 、コレステリン肉芽腫、外傷性中耳炎、小骨連鎖離断、結核性中耳炎、中耳ポリープ、中耳出血、内真菌、中耳奇形、硬化管狭窄症、耳管炎、耳管開放症、急性乳様突起炎、錘体炎、鼓膜炎、外傷性鼓膜損傷、鼓膜穿孔、鼓膜出血、内耳炎、内耳梅毒、伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴、内耳性難聴、中枢性難聴、特発性難聴、先天性難聴、遺伝性難聴、老人性難聴[jibika.com] など)、両側高度難聴(人工内耳対象者)、等 中耳炎外来 慢性中耳炎(鼓膜穿孔、化膿性中耳炎、真珠腫性中耳炎、など)、中耳炎術後症(鼓室形成術後の難聴残存、乳突洞削開術後のcavity problem(耳漏持続)など)、伝音難聴(小骨奇形、固着など)、外耳道閉鎖・小耳、側頭骨腫瘍、混合性難聴(硬化、中耳炎後遺症など)、等 はな外来 慢性副鼻腔炎[h.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状