Create issue ticket

考えれる437県の原因 耳下腺炎

  • 精巣炎

    流行性耳下腺にともなう急性睾丸では、流行性耳下腺にかかった子どもからなるべく遠ざけるようにします。流行性耳下腺の予防には、おたふくかぜワクチンの使用が有効です。結核などの消耗性疾患の予防には、過労を避け、栄養をつけ、体力の増進をはかることがたいせつです。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 Yahoo![kotobank.jp] 流行性耳下腺 Mumps 更新日:2015年9月11日 流行性耳下腺の流行状況(東京都) 流行性耳下腺とは、ムンプスウイルスによる感染症で、一般には「おたふく風邪」として知られています。3 6歳の小児に多い感染症ですが、他の年齢でも感染することがあります。 病原体はムンプスウイルス(mumps virus)です。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] 流行性耳下腺をめぐっては、予防につながるMMRワクチンが1993年以降に任意接種となったために、成... この記事は会員限定コンテンツです。 ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。 ログイン 新規会員登録[m3.com]

  • ウイルス性発疹

    B扱い 各22名、結膜・流行性耳下腺 各13名、突発性発疹症 11名、伝染性膿痂疹・膿痂疹・扁桃 各6名、インフルエンザA扱い 5名、水痘 4名、乳糖不耐症・下痢・ヘルペス歯肉・流行性耳下腺疑い・ヒトメタニューモウイルス・二次性乳糖不耐症・腎盂腎炎・発疹症・発熱 各3名、喘息・気管支喘息発作・便秘・副鼻腔炎・ヘルペス口内炎 各2名[usagi.ocfc.jp] 日経過するまで 百日咳 発作性咳嗽の長期反復、持続 特有の咳が消失する迄 はしか (麻疹) 上気道のカタル・発熱・粘膜疹コブリック斑 解熱した後3日を経過する迄 発疹が消える迄 小児麻痺 (ポリオ) 発熱・頭痛・嘔吐・筋肉痛 急性期の主要症状が消退する迄 ウイルス性肝炎 発熱・だるさ・肝機能の悪化 主要症状が消退する迄 おたふく風邪 (流行性耳下腺[aimu-wel.or.jp] 流行性耳下腺(おたふくかぜ) ムンプスウイルスの飛沫感染による耳下腺や顎下腺など唾液腺の感染症です。3才 6才くらいに好発します。潜伏期は2 3週間です。冬 春にかけてよくみられますが、夏でもあります。発熱と耳下腺の腫脹で始まることが多く、耳下腺の腫れは片則、又は両側にみられますが、発赤はありません。[rockmoon.net]

  • 慢性喉頭炎

    1.唾液腺 唾液腺には、流行性耳下腺や化膿性耳下腺・顎下腺炎があります。化膿性炎症は、口内不潔などが原因でおこることもありますが、唾液排泄間からの異物の侵入や唾石が原因となっていることが多いです。唾石は石灰沈着によって排泄館内に生じる石状物で、唾液の排泄が妨げられるので唾液腺の腫脹や疼痛をおこします。[mimi-hana.jp] ) 扁桃肥大、いびき 味覚障害 唾液腺疾患 唾液分泌異常、耳下腺、顎下腺炎、唾石症、おたふくかぜ 咽頭異物 のどに魚の骨などの鋭利なものが刺さる等 いびき、睡眠時無呼吸症候群 急性喉頭炎、急性喉頭蓋炎 急を要するのどの病気。[kura-ent-na.com] 疾患 急性扁桃炎、慢性扁桃炎、急性咽頭炎、慢性咽頭炎、扁桃周囲腫瘍、喉頭蓋炎 咽後腫瘍、伝染性単核球症、咽頭カンジダ症、溶連菌感染症、口蓋扁桃肥大、アデノイド肥大 音声障害、声帯ポリープ、声帯結節、ポリープ様声帯、喉頭肉芽腫、喉頭白板症、中咽頭腫瘍、喉頭腫瘍 下咽頭腫瘍、反回神経麻痺 舌咽神経麻痺、咽頭異物 頸部の疾患 頸部リンパ節腫脹、耳下腺[ario-jc.com]

  • リンパ水腫

    難聴を起こす原因疾患としては、 流行性耳下腺(じかせんえん) 、外傷、上気道感染、 ジフテリア 、ウイルス感染、 内耳炎 、先天性・若年性一側聾(いっそくろう)などが主なものです。[medical.itp.ne.jp] 難聴を起こす原因疾患としては、 流行性耳下腺 、外傷、上気道感染、 ジフテリア 、ウイルス感染、 内耳炎 、先天性・若年性一側聾などが主なものです。[qlife.jp] 嗅覚障害、花粉症、アレルギー性鼻炎、声帯ポリープ、咽喉頭、扁桃、咽頭蓋、口内耳下腺、顔面神経麻痺などの疾患を治療します。[byoinnavi.jp]

  • 唾液腺疾患

    Recurrent Parotitis 解説:小田 直治 ( 済生会境港総合病院 耳鼻咽喉科部長) 反復性耳下腺はこんな病気 耳下腺の腫れる病気で最も有名なものは「 流行性耳下腺 (おたふくかぜ)」ですが、おたふくかぜは一回罹患すると原因菌のムンプスウイルスへの免疫ができ、繰り返し発症しないというケースがほとんどです。[saiseikai.or.jp] 流行性耳下腺 ムンプスウイルス感染によって発症する疾患で属に言う『おたふく風邪』のことです。感染経路は唾液(飛沫感染) あるいは接触です。主な症状は両側の耳下腺部が腫れです。この疾患は発症から引くまでは約1週間位です。 (個人差はあります。)また合併症として,睾丸または卵巣・漿液性髄膜があります。[shiga-med.ac.jp] 主に、のう胞やその内部に膿を伴う膿瘍が耳下腺内にできます。 小児反復性耳下腺 10歳ぐらいまでに繰り返し起こる耳下腺です。原因はよくわかっていません。その他まれではありますが、結核、梅毒および放線菌などが唾液腺に感染を起こして唾液腺炎が発症することもあります。 症状 いずれの原因であっても耳下部、顎下部といった唾液腺が腫脹します。[medicalnote.jp]

  • 精巣炎と精巣上体炎

    精巣 は、流行耳下腺(りゅうこうせいじかせんえん:いわゆる"おたふく風邪")に伴って起こるものが代表的です. 思春期以降の流行性耳下腺の約20%に合併し、耳下腺発症の3 5日目に痛みを伴って精巣が腫れてきます。精子形成障害を起こすことがあります。[urol.or.jp] 流行性耳下腺をめぐっては、予防につながるMMRワクチンが1993年以降に任意接種となったために、成... この記事は会員限定コンテンツです。 ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。 ログイン 新規会員登録[m3.com] おたふくかぜに併発 精巣は子どもから大人まで年齢にかかわりなく発症する。尿道から侵入した細菌も原因になり得るが、多くはおたふくかぜ(流行性耳下腺)に伴って起こる。桑満院長によると、おたふくかぜにかかった男性の1 3割が精巣炎となり、おたふくかぜの発症後、4 5日して睾丸が腫れて痛くなるという。[medical.jiji.com]

  • ヨウ化物中毒

    1).ヨウ素中毒:長期連用により、結膜、眼瞼浮腫、鼻炎、喉頭、気管支、声門浮腫、喘息発作、前額痛、流涎、唾液腺腫脹、耳下腺、胃炎等が現れることがあり、更に中毒症状が進行すると発疹、面疱、せつ、蕁麻疹、水疱、微熱、甲状腺腫、粘液水腫等が現れることがある。[medical.nikkeibp.co.jp] さらに、重大な副作用として、あるいは長期の摂取によりヨウ素中毒を起こす可能性が指摘され(医療用医薬品集(2010)、HSDB(2006))、ヨウ素中毒の所見には皮膚と甲状腺に関する症状以外に、眼、口および呼吸器に対する刺激性、喘息、耳下腺、胃炎、全身衰弱などが記載され(医療用医薬品集(2010)、HSDB(2006))、また、経口摂取した[nite.go.jp] このほか、長期連用による重大な副作用として、ヨウ素中毒として皮膚や甲状腺の病変のほかに、喉頭、気管支、声門浮腫、喘息発作、唾液腺浮腫、耳下腺、胃炎、ヨウ素悪液質として、全身衰弱、心悸亢進、抑うつ、不眠、神経過敏などが記載されている (医療用医薬品集 2016 (2015))。[anzeninfo.mhlw.go.jp]

  • 頸部リンパ節炎

    耳下腺 耳下腺には、ムンプスウイルスによって起こるもの( 流行性耳下腺 )と、その他のウイルス・細菌によって起こるもの( 急性 または 慢性耳下腺 )があります。 流行性耳下腺は、小児に発生することが大部分です。 咳やくしゃみによる飛沫感染が多く、2 3週間の潜伏期の後、耳下腺の腫れと痛み、発熱が起こります。[miyake-jibika.com] 耳鼻咽喉科[6.頸部の病気] 疾患一覧 側頸嚢胞 正中頸嚢胞 梨状陥凹瘻 頸部リンパ節炎 伝染性単核球症 頸部の蜂巣炎 結核性リンパ節炎 放線菌症 亜急性壊死性リンパ節炎 頸部外傷 Basedow病 亜急性甲状腺 慢性甲状腺(橋本病) 甲状腺腫瘍 軟部好酸球性肉芽腫(木村病) サルコイドーシス 頸部腫瘍 流行性耳下腺 反復性耳下腺[jasanoko.or.jp] ウイルス性の代表的なものとしては、流行性耳下腺、いわゆる「おたふくかぜ」があります。唾液腺炎を発症すると、抗菌作用、粘膜保護作用、消化作用など唾液のもつ機能が低下します。 症状 炎症がある部分の腫れと痛み、口の中の乾燥、発熱、寒気、唾液の減少などがみられます。 検査 血液検査や画像検査(超音波検査、頭部CT検査など)が行われます。[fujimura-jibika.jp]

  • ライム髄膜脳炎

    メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性緑膿菌感染症、流行性角結膜、流行性耳下腺、淋菌感染症 変更 : 尖圭コンジローム 尖圭コンジローマ 追加 : RSウイルス感染症[jamt.or.jp] メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性緑膿菌感染症、流行性角結膜、流行性耳下腺、淋菌感染症 追加…バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症(全数)、RSウイルス感染症(定点) 変更…尖圭コンジローマ(定点)(「尖形コンジローム」から変更)、急性脳炎(定点把握から全数把握に変更) (注)現行の4類感染症は、媒介動物の輸入規制、消毒、ねずみ[fuchu-ishikai.net] 感染性胃腸 水痘 手足口病 伝染性紅斑 突発性発しん 百日咳 ヘルパンギーナ 流行性耳下腺 インフルエンザ定点医療機関による報告 インフルエンザ (鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く) 眼科定点医療機関による報告 急性出血性結膜炎 流行性角結膜炎 性感染症定点医療機関による報告 性器クラミジア感染症 性器ヘルペスウイルス[pref.kanagawa.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    小児科の主な疾患 おたふくかぜ おたふくかぜはムンプスウイルスによる感染症で、流行性耳下腺、ムンプスと呼ばれることもあります。 主な症状は、両側または片方の唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)の腫れや痛み、発熱などです。接触感染や飛沫感染で広がり、3 6歳の小児に多い感染症ですが、成人が感染すると症状が重くなる傾向にあります。[obata-c.jp] 感染症の発生状況のページにもどる 流行性耳下腺(おたふくかぜ) (1)定義 ムンプスウイルス感染により耳下腺が腫脹する感染症です。 (2)臨床的特徴 上気道を介して飛沫感染し潜伏期は2 3週間で、両側又は片側の耳下腺が腫脹し、ものを噛むときに顎に痛みを訴えることが多いです。このとき数日の発熱を伴うものが多いです。[city.okazaki.lg.jp] 耳下腺開ロ部の発赤が認められますが、膿汁の排泄は ありません。合併症としては、髄膜、脳炎、膵炎、難聴などがあり、その他成人男性には睾丸炎、成人女子には卵巣炎がみられることがあります。 (3)予防方法 予防接種(ワクチン)があります。1歳以上で受けれますが、任意接種ですのでかかりつけの医師に相談しましょう。[city.okazaki.lg.jp]

さらなる症状

類似した症状