Create issue ticket

考えれる84県の原因 耳下腺の腫れ

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 門脈性肝硬変

    肝臓にもいろいろな病気がありますが、ここでは稀な病気を避けて、よくある病気にとどめて解説しておきます。 アルコール性肝疾患 (ALD) アルコールの過剰摂取により最初に起こる肝臓の変化は 脂肪肝 です。脂肪肝は日本酒1日5合程度1週間飲み続けると確実に起こりますが、2 3週間の断酒によって脂肪肝はなくなります。アルコール性脂肪肝の人がさらに継続して大量に飲酒すると、10 20%の人にアルコール性肝炎が発症します。この肝炎は重症になるとしばしば致命的な劇症肝炎になります。また日本酒3 5合の飲酒を続けていると、肝細胞の壊死を伴わない肝線維化が進行し、男性なら約20年、女性なら約12年後に 肝硬変[…][minophagen.co.jp]

  • アルコール性肝疾患

    アルコール性肝疾患(アルコールせいかんしっかん、英Alcoholic liver disease)または、アルコール性肝障害とは、飲用用途のエタノール常用飲用(アルコール乱用)によって引き起こされる一連の肝臓疾患のこと。アルコール性肝炎の状態では自覚症状はほとんど無い。アルコール性肝硬変は、全肝硬変の20%程度と考えられている。 アルコール性脂肪肝 {\displaystyle {\ce {- }}} アルコール性肝炎 {\displaystyle {\ce {- }}} アルコール性肝硬変 {\displaystyle {\ce {- }}} 肝細胞癌 の順に進行する。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 全身性エリテマトーデス(SLE) 193例(男性17例,女性176例)を対象にSLEの肝障害について検討した.肝障害は各患者の初診時からの全経過を調べTransaminaseが40IU/m l 以上を認めた症例とした. SLE193例中78例(40.4%)に肝障害を認めた. Transaminase 1回のみの異常例では全例(34例)肝障害の原因は不明であった. Transaminase 2回以上高値例では44例中35例(79.5%)に確定診断を得た.肝障害の原因として原病によるものが12例と最も多く,ついで脂肪肝の9例であった.ウイルス性肝炎としてA型肝炎2例, B型肝炎2例,[…][doi.org]

  • 嚢胞性線維症

    お子さんは呼吸器感染(肺炎、気管支炎)を繰り返していませんか? お子さんにキスをしたとき、塩辛く感じませんか? 合わせて、次のような症状があったら、嚢胞性線維症(CF)かもしれません。 ・生後まもなく胎便性イレウス(腸閉塞)をおこした ・咳を繰り返す ・便の量が多い ・脂肪便が出る ・便に特有の臭いがある ・体重がなかなか増えない ・副鼻腔炎がある *症状には個人差があります。全ての症状が現れるわけではありません。 Enter Copyright (C) 2012 Japan Cystic Fibrosis Network All Rights Reserved.[jcfn.jimdo.com]

  • 流行性耳下腺炎

    耳下腺が腫れる前9日から腫れがおさまった後9日までウイルスが排出されます。 症状 発熱、頭痛 倦怠感 耳下腺腫れ等 治療 有効な薬剤はありませんが、対症療法で出現した症状を楽にする治療が行われます。 予防方法 耳下腺が腫れる9日前から、腫れがひいた後9日過ぎるまで、ウイルスは唾液から排出されます。[city.nagano.nagano.jp] 症状 ムンプスウイルスに感染して起きる病気で、発熱と耳の下(耳下腺)の腫れが特徴です。潜伏期は2 3週間前後で、耳下腺腫れのほかに、あごの下(顎下腺)や首のリンパ腺の腫れ、発熱などがあります。 耳下腺腫れは3 7日でなくなり、一度感染すると終生免疫が得られます。[city.higashimatsuyama.lg.jp] 食欲不振、だるさ 耳下腺腫れ(1 5日してもう片方が腫れることがあります) 発熱 合併症 おたふくかぜから合併する病気(髄膜炎、脳炎、精巣炎、卵巣炎など)があります。下記の症状がある場合は、必ず医療機関で診察を受けてください。 ひどい頭痛、発熱、嘔吐、下痢、けいれんなどの症状がある。 1週間以上経つのに、耳下腺部の腫れがひかない。[city.tatsuno.lg.jp]

  • ぶどう膜耳下腺熱
  • アミロイドーシス

    アミロイドーシス(Amyloidosis)とは「アミロイド」と呼ばれる蛋白が全身の臓器の細胞外に沈着する疾患。日本では特定疾患(難病)に指定されている。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状