Create issue ticket

考えれる22県の原因 耐糖能障害

  • メタボリックシンドローム

    日本人の肥満や生活習慣病の増加は、食生活の欧米化が大きく影響していると言われています。例えば、ハンバーガーやフライドポテト、シェイクなどこどもの大好きなファストフード。甘いものや脂質の多い食事はエネルギー量が高いうえに、食べ口がよく、つい食べ過ぎてしまいますので、身体を動かしてエネルギーが消費されなければ過剰な分は脂肪として溜め込まれてしまいます。[…][web.archive.org]

  • 肥満

    いつでも食べたい物が手に入る豊かな時代になり、肥満による健康問題が増えています。近年は欧米だけでなく、中国などのアジア諸国でも肥満が急増中。日本では成人における肥満の割合は約30%。最近30年間の推移を見ると、成人男性の肥満が増え続けています。健康を支える上で肥満に対する対策が課題となっているなか、日本肥満学会によって「肥満症の診断基準」の見直しが行われ、2011年9月、11年ぶりに新しい診断基準が示されました。[…][healthcare.omron.co.jp]

  • 動脈硬化症

    フラミンガム研究などをはじめとする各種疫学研究により、現在、悪玉コレステロール(低密度リポ蛋白LDL)の血中濃度が高い場合、障害をふくむ糖尿病患者、高血圧患者、喫煙者などでは動脈硬化が進行しやすいことが証明されており、こういった危険因子をコントロールして発症予防をおこなうことが推奨されている。[ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺、呼吸筋麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋筋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    障害(糖尿病ではないが血糖が高めの状態)がある人を対象に行われた無作為比較試験(効果を検証する上で信頼性が高い研究方法)では、生活習慣に取り組み減量することで糖尿病発症のリスクが低下することがわかっています。境界型糖尿病や糖尿病の方は体重管理が重要ですので、医師の指示に従ってください。[epi.ncc.go.jp]

  • 脂肪腫

    これは、内臓肥満が障害のマーカーであり、心血管疾患の独立した危険因子(糖尿病と高血圧をはじめとして、引き起こされる疾患をメタボリックシンドロームと呼ぶ)であることを示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • グルカゴン産生腫瘍

    症状 糖尿病やアミノ酸血症、壊死性移動性紅斑である皮膚病変が主症状です。糖尿病の症状はインスリン分泌に影響されるものではなく、グルカゴン作用によって引き起こされると言われており、二次性の糖尿病となります。低アミノ酸血症はほとんどのケースで見られ、他の症状が強く出ていなくても低アミノ酸血症だけは明らかに出現していたとする症例も見られます。壊死性移動性紅斑は顔面、殿部、鼠径部、四肢末端部といった個所に出現します。色素沈着や痂皮(かさぶた)、糜爛、水疱といったものが見られます。その他、血栓塞栓症、赤沈亢進、萎縮性舌炎、精神症状、口唇炎、貧血、体重減少などを示すこともあります。 原因[…][lalso.com]

  • 膵腺癌
  • 膵の悪性新生物
  • 嚢胞性線維症

    嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状