Create issue ticket

考えれる349県の原因 耐糖能障害

  • メタボリックシンドローム

    日本人の肥満や生活習慣病の増加は、食生活の欧米化が大きく影響していると言われています。例えば、ハンバーガーやフライドポテト、シェイクなどこどもの大好きなファストフード。甘いものや脂質の多い食事はエネルギー量が高いうえに、食べ口がよく、つい食べ過ぎてしまいますので、身体を動かしてエネルギーが消費されなければ過剰な分は脂肪として溜め込まれてしまいます。[…][web.archive.org]

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • 低カリウム血症

    症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺、呼吸筋麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺、呼吸筋麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋筋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L) [2] 消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害異常) 重度 (K 2.5mEq/L) [2] 麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺、呼吸筋麻痺)、 イレウス 、心興奮性亢進 [1] などが起こる。[ja.wikipedia.org]

  • グルカゴン産生腫瘍

    (注4) 2.参考事項 副症候及び検査所見 (1)発汗過多 (2)頭痛 (3)視野障害 (4)女性における月経異常 (5)睡眠時無呼吸症候群 (6)異常 (7)高血圧 (8)咬合不全 (9)頭蓋骨及び手足の単純X線の異常(注5) 3.診断基準 Definite:1(1)①から③の1項目以上を満たし、かつ1(2)①から③全ての項目を満たすもの[nanbyou.or.jp]

  • 膵の悪性新生物

    病態生理 癌が主膵管を閉塞すると膵液のうっ滞が生じる.膵頭部癌では胆管閉塞による閉塞性黄疸や膵管閉塞による膵液のうっ滞が出現する.膵液・胆汁のうっ滞は上腹部の痛みや不快感,重苦感など愁訴の原因となる.また胆汁・膵液の排出減少は消化吸収障害をきたし,栄養不良や体重減少の原因となる.しばしばLangerhans島の機能が障害され異常が現れる[kotobank.jp]

  • 膵腺癌

    【背景】膵腺房細胞癌は成人膵腫瘍の約0.5 1.0%を占める稀な腫瘍である.当院では今まで3例の腺房細胞癌を経験している.今回繰り返す急性膵炎の加療中に急速に増大し,術前診断が困難であった膵腫瘍に対して手術を施行し,膵腺房細胞癌の病理診断となった症例を経験したので,他の2例とあわせて報告する.[…][micenavi.jp]

  • 嚢胞性線維症

    お子さんは呼吸器感染(肺炎、気管支炎)を繰り返していませんか? お子さんにキスをしたとき、塩辛く感じませんか? 合わせて、次のような症状があったら、嚢胞性線維症(CF)かもしれません。 ・生後まもなく胎便性イレウス(腸閉塞)をおこした ・咳を繰り返す ・便の量が多い ・脂肪便が出る ・便に特有の臭いがある ・体重がなかなか増えない ・副鼻腔炎がある *症状には個人差があります。全ての症状が現れるわけではありません。 Enter Copyright (C) 2012 Japan Cystic Fibrosis Network All Rights Reserved.[jcfn.jimdo.com]

  • 先端巨大症

    特に、未加の場合には、代謝異常や脳血管疾患の発症が多く、これらが予後を大きく規定している。AGHDでは、成長ホルモン分泌障害により脂質異常や異常が生じるだけでなく、うつ症状なども引き起こすことが知られている。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp] 4)女性における月経異常 5)睡眠時無呼吸症候群 6)異常 7)高血圧 8)咬合不全 9)頭蓋骨および手足の単純X線の異常 診断の基準 確実例:Ⅰのいずれか、およびⅡをみたすもの アクロメガリーは、なぜ治療しなければならないか?[showa-u.ac.jp] )先端巨大症様顔貌(眉弓部の膨隆、鼻・口唇の肥大、下顎の突出など) 3)巨大舌 Ⅱ.検査所見 1)成長ホルモン(GH)分泌の過剰 血中GH値がブドウ糖75g経口投与で正常域まで抑制されない 2)血中IGF-I(ソマトメジンC)の高値 3)MRIまたはCTで下垂体腺腫の所見を認める Ⅲ.副症候および参考所見 1)発汗過多 2)頭痛 3)視野障害[showa-u.ac.jp]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    【0118】 本明細書で用いられるように、「代謝障害」という用語は、血糖コントロール異常、特に空腹時高血糖症、異常(impaired glucose tolerance)、特に2型糖尿病である糖尿病、若しくはインスリン抵抗性に関するか、或いは肥満若しくはリポジストロフィー症候群と任意的に関連した脂質異常症に関する。[ipforce.jp]

  • クッシング症候群

さらなる症状