Create issue ticket

考えれる405県の原因 縮瞳

  • 翼状片

    Horner症候群 状態になる。 adie症候群 急性期には散瞳状態となる。 外傷性散瞳 外傷を起因として不可逆性散瞳を来す。 色覚異常 重症筋無力症、全身性エリテマトーデス(網膜症)、甲状腺眼症 羞明羞明とはまぶしく見えることで角膜、水晶体の障害を示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • ぶどう膜炎

    三叉神経刺激による充血、羞明、疼痛、流涙、視力低下、飛蚊症、調節障害 毛様充血、前房の炎症、前房蓄膿、、硝子体混濁、乳頭浮腫、白内障、眼圧上昇、緑内障 ぶどう膜炎は、炎症の様式により下記の二つに大別される。おのおのに分類される疾患を列挙する。[ja.wikipedia.org] 主な症状 (瞳孔が小さくなる)、結膜(白目)の充血、眼圧の低下(眼房水が作られないため)、虹彩色調の変化、虹彩腫脹、角膜に炎症細胞の沈着、鈍痛など。 炎症が網膜に及んで網膜剥離が起こったり、続いて白内障や緑内障が起こる場合もあります。 診断 ・身体検査 ・眼科検査 ・血液検査 治療 治療は原因に応じて行います。[irisplaza.co.jp]

  • オピオイド過剰摂取
  • 前部ぶどう膜炎

    主な症状 (瞳孔が小さくなる)、結膜(白目)の充血、眼圧の低下(眼房水が作られないため)、虹彩色調の変化、虹彩腫脹、角膜に炎症細胞の沈着、鈍痛など。 炎症が網膜に及んで網膜剥離が起こったり、続いて白内障や緑内障が起こる場合もあります。 診断 ・身体検査 ・眼科検査 ・血液検査 治療 治療は原因に応じて行います。[irisplaza.co.jp] 虹彩の浮腫や、瞳孔を調節する筋肉のけいれんなどにより 発生します。 ③羞明、まぶたのけいれん、流涙、痛み 羞明とは、目をショボショボさせる状態を言います。 ④前房フレア 充血が強い場合、眼球の前房と呼ばれる部分の蛋白質が増加することにより、 光の軌道が連続して観察される現象を言います。図のように白く濁って観察されます。[kamogawa-ac.jp] ぶどう膜炎 3.2 炎症の部位による分類 3.2.1 前部ぶどう膜炎 3.2.2 中間部ぶどう膜炎 3.2.3 後部ぶどう膜炎 3.2.4 びまん性ぶどう膜炎 4 治療 5 関連項目 自覚症状 [ 編集 ] 三叉神経 刺激による充血、羞明、疼痛、流涙、視力低下、 飛蚊症 、調節障害 他覚所見 [ 編集 ] 毛様充血、前房の炎症、前房蓄膿、[ja.wikipedia.org]

  • ヘロイン依存症

    皮膚は乾燥し、顔色も悪く、るいそう(やせすぎ)がみられ、 (しゅくどう) があり、注射部位に硬結がみられる。禁断症状は中断後12 16時間くらいして現れ、2、3日で最高となる。一般に慢性中毒者は、飽きっぽくて怠惰となり、麻薬を使えば元気になり、薬を入手するためにあらゆる手段を講ずる。[kotobank.jp]

  • 脳橋内出血

    脳幹部にある「橋」は生命維持に必要な機能を持っていることから、橋出血は重症に至ることが多く、意識障がいや四肢の麻痺、瞳孔が小さくなる「」などが起こったり、急速に昏睡状態となり、命に危険がおよぶことがあります。 「脳卒中」(「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」の総称)について 知りたい方は、こちらもご覧ください。[my-kaigo.com] 橋出血 突然の意識障害、高熱、(2mm以下)、呼吸異常、四肢麻痺などがみられます。大きな橋出血の場合は予後が不良です。 小脳出血 突然の回転性のめまい、歩行障害が現れ、頭痛や嘔吐がよくみられます。[mizutani-neuro.com] そのほか、眼球の下内方への凝視(鼻尖凝視)、、対光反射消失ないし低下、病巣側への共同偏視、Parinaudパリノー微候(垂直方向の注視麻痺)などもみられることがある。血腫が大きいと、発症時より意識障害を伴う。 [CT画像]:左視床内側に血腫が認められ、正中の第Ⅲ脳室へ穿破している。Ⅰbに分類される。[etrt.sakura.ne.jp]

  • 脳幹梗塞

    脳梗塞と深い関係のある さまざまな病気 脳幹梗塞 人間の脳の最も中心部にある脳幹は、脳に12種類あるという脳神経のうちの10種類が集まっている、最重要部分と言えます。脳幹に梗塞が起きた場合の症状の特徴や治療法、後遺症について、まとめて解説します。 脳幹梗塞とは 脳幹梗塞は、人間の脳の中でも脳幹と呼ばれる部分へ続く血管で血栓や狭窄ができてしまって起こる脳梗塞です。 脳幹は脳のちょうど真ん中に位置していて、脳を支えている小さなキノコのような形の部分です。下から順に延髄、橋(きょう)、中脳の3つからできていて、それぞれの部分に人間の思考や活動の原点となる脳神経の中枢があります。[…][braininfarct-nav.com]

  • 代謝性脳症

    瞳孔径と対光反射の観察 瞳孔径が2 mm以下の場合を「」,5 mm以上の場合を「散」と呼び,瞳孔径に0.5 mm以上の左右差があれば「瞳孔不同」とする.[igaku-shoin.co.jp] (3) 広範な中枢神経病変又は代謝性病変 特徴: a,対光反射あり、していることが多い b,一般的には局所の脱力はないが、局所症状を呈することあり、 c,振せん、アステレキシス、ミオクローヌス等出現 d,電解質、血液ガス、腎機能、血中アンモニア、肝障害出現等 意識障害の主な原因: a、低酸素血症、虚血性脳症、低血糟、サイアミン欠之。[nakamoto-plan.co.jp] 血圧変動、心拍数増加、、顔面紅潮、頭痛、自発呼吸減弱、ばち指、発汗、熱感、筋けいれん、アステリキシス(羽ばたき振戦)、意識障害などがみられます。呼吸器疾患や神経筋疾患がないにもかかわらず、重篤な呼吸困難で発症する筋萎縮性側索硬化症や重症筋無力症などの神経筋疾患、中毒性疾患もあります。[neurology-jp.org]

  • 虹彩炎

    アトロピン 白内障 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 大辞林 第三版 の解説 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 虹彩炎 こうさいえん 虹彩の炎症で、軽い視力の低下、羞明 (しゅうめい) (まぶしさ)、流涙、充血、疼痛 (とうつう) などを訴え、他覚的には角膜周囲充血、[kotobank.jp] ぶどう膜炎 3.2 炎症の部位による分類 3.2.1 前部ぶどう膜炎 3.2.2 中間部ぶどう膜炎 3.2.3 後部ぶどう膜炎 3.2.4 びまん性ぶどう膜炎 4 治療 5 関連項目 自覚症状 [ 編集 ] 三叉神経 刺激による充血、羞明、疼痛、流涙、視力低下、 飛蚊症 、調節障害 他覚所見 [ 編集 ] 毛様充血、前房の炎症、前房蓄膿、[ja.wikipedia.org] この散および虹彩根部の損傷によって外傷性の続発性緑内障を起こしてくる場合もあります。また,が小さくなる(外傷性)場合もあります。 7. 前房出血 チェックポイント ・鈍的外傷が強かったときによく起き,急激な視力低下が起こります。 ・前房の下%の瞳と角膜の間に真赤な血が満ちています。[ocular.net]

  • ホルネル症候群

    1869年にスイスの眼科医ヨハン・フリードリヒ・ホルネルによって記載されたが、1727年にフランスの軍医フランソワ・プルフール・デュ・プチによってイヌの頚部交感神経を切断してが起きることを観察し初めて発見されたが不明だったため、記載されず逆ホルネル症候群として呼ばれている。[ja.wikipedia.org] (交感神経の障害が瞳孔散大筋の麻痺を結果し、瞳孔が縮小する。) 眼瞼下垂、瞼裂狭小(上眼瞼筋の麻痺により眼瞼裂が狭小する。また、眼球陥凹は瞼裂狭小による見せかけのもので、ヒトでは出現しない) 発汗低下(同側顔面の無汗症等) 虹彩異色症(必発ではなく、まれ) 相川直樹 他『南山堂 医学大辞典』南山堂、1993(1954) 神経学[ja.wikipedia.org]

さらなる症状