Create issue ticket

考えれる63県の原因 縦隔リンパ節腫脹

  • 肺炎

    リンパ腫脹はまれであり,過敏性肺炎をサルコイドーシスから区別する目安となる。 肺機能検査 肺機能検査は,過敏性肺炎の疑いがある症例における標準評価の1つとして行うべきである。この症候群は,閉塞性,拘束性,または混合パターンの気道変化を引き起こしうる。[msdmanuals.com]

  • 肺癌

    当院は尾張東部医療圏の地域がん診療連携拠点病院であり、当科でもガイドラインに従った治療を基本としつつ、より良い治療を目指して診療しています。現在の肺癌治療は主として外来で治療を継続していきますが、初回は入院で行い安全性を確認したうえで、外来化学療法センターと連携して診療しています。また名古屋大学を中心としたNPO臨床研究グループ(中日本呼吸器疾患研究機構(CJLSG))の一員として、さらに他の臨床研究グループとの共同研究においても、より良い治療方法の確立を目的に臨床研究に参加しております。新しい治療の開発のための治験をご紹介することもできます。[…][tosei.or.jp]

  • 小児ホジキン病

    リンパ芽球型 バ-キット型 大細胞型 Ki-1リンパ腫(未分化大細胞型) リンパ芽球型悪性リンパ腫は頸部やとよばれる胸の中央に見つけられることもしばしばあります。そのため、リンパ腫脹の他に息苦しさや顔面の浮腫が初発症状となり得ます。[eph.pref.ehime.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(びまんせいだいさいぼうがたBさいぼうせいリンパしゅ、英: diffuse large B-cell lymphoma, DLBCL)は、小型リンパ球の2倍を超えた、あるいは正常の組織球の核と同等かそれ以上の大きさの核を有する大型のB細胞性の腫瘍細胞が、びまん(瀰漫)性の増殖を示す疾患である。生物学的・臨床病理学的に異種なものを包括した疾患概念のため、後述するようにさらに細かな分類がなされている。 一部のDLBCLは、低悪性度リンパ腫(主に濾胞性リンパ腫)からの組織学進展から形質転換したものである。 日本では全悪性リンパ腫の33.3%を占める。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性リンパ芽球性白血病

    腫脹 頸部などのリンパの腫れ、T細胞系では部の腫瘤 3.原因 発症の原因の多くは不明です。[ganjoho.jp] 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血球減少 (感染)発熱など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤、痛み 歯肉腫脹 歯ぐきが腫れる、痛み 骨痛 腰痛、関節痛 中枢神経系への浸潤 頭痛、吐き気・嘔吐 リンパ[ganjoho.jp]

  • ユーイング肉腫

    ユーイング肉腫とは ユーイング肉腫 は放射線感受性が高い腫瘍で、歴史的には局所治療として放射線治療が第1選択とされていました。しかし、放射線治療単独では手術もしくは手術と放射線を組み合わせた治療に比べて局所再発率が高いという報告がなされるようになり、近年では積極的に外科的な腫瘍切除が行われるようになりました。 切除時には、腫瘍からある程度の厚さの正常組織を介した、適切な切除縁での切除が理想とされています。体幹部発生の巨大腫瘍や頭頚部原発腫瘍などを除いては、可能な限り外科的切除を行い、切除縁や組織学的奏効割合に応じて最適な放射線治療を行うのが標準的な局所コントロール方針です。 研究者ページ[…][jess-jccg.jp]

  • 多中心性キャッスルマン病

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 特発性多中心性キャッスルマン病(指定難病331) とくはつせいたちゅうしんせいきゃっするまんびょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.特発性多中心性キャッスルマン病とはどのような病気ですか? キャッスルマン病は1956年に医師のBenjamin Castleman先生が提唱した慢性のリンパ節腫脹および慢性 炎症 を特徴とする疾患群です。分類としては単一のリンパ節のみに発症する単中心性キャッスルマン病Unicentric Castleman[…][nanbyou.or.jp]

  • 肺門リンパ節腫脹

    気管支肺胞洗浄液のリンパ球比率上昇又はCD4/CD8 比の上昇 付記1.両側肺門リンパ腫脹とは両側肺門リンパ腫脹又は多発リンパ腫脹である。[nanbyou.or.jp] その他、診断未確定のびまん性肺疾患に対する胸腔鏡下肺生検、リンパ腫脹に対する胸腔鏡下リンパ節生検、胸膜腫瘍や原因不明の胸水貯留に対する胸腔鏡下胸膜生検など診断目的の手術も行っています。 2次救急の範囲内における胸部外傷の治療も行っています。[hachioji-hosp.tokai.ac.jp] 胸部X線、HRCT検査では、肺門やリンパ腫脹と、上肺野中心のびまん性粒状影、斑状影と気管支血管束周囲の不規則な陰影と肥厚がみられます。 治療 サルコイドーシスの70%は予後良好で、発病2年以内に自然に病気が消退します。そのほかの場合には長期間に病変が残存し、一部では進行性かつ難治性となる場合もあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • サルコイドーシス

    気管支肺胞洗浄液のリンパ球比率上昇又はCD4/CD8 比の上昇 付記1.両側肺門リンパ腫脹とは両側肺門リンパ腫脹又は多発リンパ腫脹である。[nanbyou.or.jp] 胸部X線、HRCT検査では、肺門やリンパ腫脹と、上肺野中心のびまん性粒状影、斑状影と気管支血管束周囲の不規則な陰影と肥厚がみられます。 治療 サルコイドーシスの70%は予後良好で、発病2年以内に自然に病気が消退します。そのほかの場合には長期間に病変が残存し、一部では進行性かつ難治性となる場合もあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] C.臓器病変を強く示唆する臨床所見 1.呼吸器病変を強く示唆する臨床所見 画像所見にて、①又は②を満たす場合 ①両側肺門リンパ腫脹(BHL) ②リンパ路である広義間質(気管支血管束周囲、小葉間隔壁、胸膜直下、小葉中心部)に沿った多発粒状影又は肥厚像 2.眼病変を強く示唆する臨床所見 眼所見にて、下記6項目中2項目以上を満たす場合 ①肉芽腫性前部[nanbyou.or.jp]

  • リンパ球心筋炎

    気管支肺胞洗浄液のリンパ球比率上昇又はCD4/CD8 比の上昇 付記1.両側肺門リンパ腫脹とは両側肺門リンパ腫脹又は多発リンパ腫脹である。[nanbyou.or.jp] C.臓器病変を強く示唆する臨床所見 1.呼吸器病変を強く示唆する臨床所見 画像所見にて、①又は②を満たす場合 ①両側肺門リンパ腫脹(BHL) ②リンパ路である広義間質(気管支血管束周囲、小葉間隔壁、胸膜直下、小葉中心部)に沿った多発粒状影又は肥厚像 2.眼病変を強く示唆する臨床所見 眼所見にて、下記6項目中2項目以上を満たす場合 ①肉芽腫性前部[nanbyou.or.jp] リンパ腫脹(Bilateral hilar-mediastinal lymphadenopathy:BHL) 2.血清アンジオテンシン変換酵素(ACE)活性高値または血清リゾチーム値高値 3.血清可溶性インターロイキン-2受容体(sIL-2R)高値 4. 67 Ga シンチグラフィ又は 18 F-FDG/PETにおける著明な集積所見 5.[nanbyou.or.jp]

さらなる症状