Create issue ticket

考えれる82県の原因 縦に激しい

  • 頭蓋前頭鼻骨形成異常

    見つかりません こちらには何もありません。検索をお試しください。 検索[oxford-craniofacial.org]

  • 甲状腺腫

    乳頭がんとは異なり、リンパ節転移が激しいものの予後はあまり良くありませので、予防的に側頸部までリンパ節郭清を行うことがあります。 隔や肝臓などに転移を起こすものの治療は難しく、新たな治療法の開発が期待されています 治療成績は乳頭がん、濾胞がんより悪く、未分化がんより良いといわれています(当科における5年生存率は73%)。[jfcr.or.jp]

  • 歯ぎしり

    写真1:激しく磨り減った下前歯、矢印の歯に痛みが出て来院 写真2:に破折し抜歯した歯 ブラキシズムは誰でもしていますが、異常に強い力の加わる人は危険な状態にあります。自分のブラキシズムの程度は歯科医院でチェックを受けましょう。異常なブラキシズムは一種の癖のようなものですから癖を治すために日常行動を変える以下のような心構えが必要です。[nagano-da.or.jp]

  • 胸部大動脈瘤

    胸部大動脈瘤で激しい胸痛やショックを来たした場合で、胸部X線写真による隔拡大、血胸等を認めたときは破裂もしくは切迫破裂を強く疑う。心嚢(心膜腔)への破裂もしくは切迫破裂では血性滲出液の貯留により心タンポナーデを来たし、血行動態は非常に不安定になる。[ja.wikipedia.org]

  • 十二指腸憩室

    隔気腫 左右の肺の間の隔に空気が侵入しているものです。外傷による肺損傷、激しく吐いたあと、食道に小さな穴が開いたりした場合に起こります。 隔リンパ節腫大 左右の肺の間にある縦隔のリンパ節が腫れています。悪性リンパ腫やサルコイドーシスなどで起こります。[nakanohp.com]

  • 脊椎すべり症

    飛び出した(膨れた)椎間板が神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。 多くの場合、脊椎椎体の後方を支持している後靱帯が強固なため、やや一方に偏在して存在することが多く、一側の神経根を圧迫して、激しい神経根性の下肢の疼痛、運動麻痺、歩行障害などを生じます。[shintakeo-hp.or.jp]

  • 血管運動の不安定性

    飛び出した(膨れた)椎間板が神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。 多くの場合、脊椎椎体の後方を支持している後靱帯が強固なため、やや一方に偏在して存在することが多く、一側の神経根を圧迫して、激しい神経根性の下肢の疼痛、運動麻痺、歩行障害などを生じます。[shintakeo-hp.or.jp]

  • 虫垂切除術

    お腹の中をよく観察する必要がある場合は、に大きく開く場合もあります。 虫垂の炎症が非常に激しい場合には、大腸もあわせて切除する大きな手術となることもあります。 虫垂に穴が開いてしまっていた場合には、ドレーン(排泄管)と呼ばれる管をお腹の中から外に留置することもあります。[ai-hosp.or.jp]

  • 骨膜炎

    なんとか室戸岬の「最御崎寺」にはたどり着きましたが、この頃には右足の脛(すね)から足の甲にかけての痛みが気になりだし、高知県唯一の「遍路ころがし」で 「関所寺」 でもある 27番札所「神峯寺」の「真っ」 でとどめを刺され、このあとは右足を引きずらなければ歩けない状態にまでおちいり、高知市内に入るころには激しい腫れにもみまわれまてしまいました[pilgrim-shikoku.net]

  • 頸部脊柱管狭

    飛び出した(膨れた)椎間板が神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。 多くの場合、脊椎椎体の後方を支持している後靱帯が強固なため、やや一方に偏在して存在することが多く、一側の神経根を圧迫して、激しい神経根性の下肢の疼痛、運動麻痺、歩行障害などを生じます。[shintakeo-hp.or.jp]

さらなる症状