Create issue ticket

考えれる5県の原因 線条体障害

  • シャイ・ドレーガー症候群

    小脳失調症(起立歩行時のふらつきなど)を主な症状とするオリーブ橋小脳萎縮症、パーキンソン症状(動作が遅くなる、手足が固くこわばる、転びやすいなど)を主な症状とする線条黒質変性症、自律神経障害(立ちくらみ、失神、尿失禁など)を主な症状とするシャイ・ドレーガー症候群、これらはかつて異なる病気であると考えられていました。[byouin.metro.tokyo.jp] しかし、これらの系統が単独で障害される例が存在せず、実際にはオリーブ橋小脳系、線条黒質系、自律神経系の3系統が様々な程度と組み合わせで障害される。どの系統が最も早期から障害されるかによって臨床的病型が決定される。運動ニューロン系(大脳運動野、錐体路、脊髄前角)もMSAの病変部位となる。[ja.wikipedia.org] 線条黒質変性症とは 最初 パーキンソン病 の症状に似ていますが、やがてフラツキや排尿障害などが出現して、抗パーキンソン病薬も効きにくい病気で多系統萎縮症という疾患の一つの病型です。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 我が国では、多系統萎縮症の約30%が線条体黒質 変性 症と推定されています。 3.[nanbyou.or.jp]

  • 強迫性障害

    これによれば、 眼窩前頭前皮質 (OFC)を主とした前頭葉領域の活性化に伴い、それらの領域からの入力を間接経路(背側 前頭前野 —線条— 淡蒼球 — 視床下核 —淡蒼球—視床—皮質)と直接経路( 前頭眼窩面 —線条—淡蒼球—視床—皮質)に振り分ける 尾状核 において制御障害が生じ(ブレイン・ロック)、視床への抑制性の制御が弱まる。[bsd.neuroinf.jp] この感染に伴う異常な自己免疫反応による線条の形態的、機能的異常を介し、小児期強迫性障害やチック障害などの急性発症に病因的役割を担うことが推定されています 30) 。[mhlw.go.jp] 他の医学的疾患による強迫性関連障害(DSM-5)は、生理学的に強迫症状を生じさせる病気にかかっていることが確認されており、例えば線条損傷など既存の文献に確認できる症状を呈し、せん妄以外の場合に症状が確認されている場合である。[ja.wikipedia.org]

  • レミエール症候群

    線条に注入される),舞踏病が生じたのではないかと推測している.[square.umin.ac.jp] 症例は71歳男性,右の片側の上下肢のhemichoreaだった.55歳の時胃切除歴があり,大球性貧血をきたしていた.シアノコバラミンの投与で舞踏病は消失した.著者はビタミンB12欠乏によって生じるmethylteterahydrophrateがカイニン酸類似の作用を持っているので,それが線条障害し(カイニン酸はハンチントン病モデルを作るとき[square.umin.ac.jp]

  • 脳溢血

    レンズ核線条動脈外側枝から出血する。血腫が大きいと内包の障害により対側の片麻痺が生ずるほか、優位半球からの出血なら失語症、非優位半球なら失行・失認を認める。意識レベルが傾眠(JCS10)から半昏睡(JCS100)で血腫量が31ml以上の症例で手術適応がある。[ja.wikipedia.org]

  • トゥレット症候群

    トゥレット障害の病態としては、 皮質-線条-視床-皮質回路 ( cortico-striato-thalamo-cortical circuit : CSTC回路 )の異常が想定されており、その中でも 基底核 の機能低下を示唆する所見が多い。[bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状