Create issue ticket

考えれる227県の原因 線条体障害

  • 急性過換気

    この黒質のドーパミン細胞が枝を出し線条に連絡が行っています。実はこの系が障害されたのがパーキンソン病という病気であります。従来は臨床症状だけでパーキンソン病と診断されていたわけですが、病変部位である線条体のD2受容体画像や、ここにゆくドーパミン線維のトランスポーターのマーカーβ-CITも出現し画像化出来るようになりました。[square.umin.ac.jp]

  • 起立性低血圧

    責任病巣として、胸髄の中間外側角の神経核とその根(交感神経節前ニューロン)および線条、橋核、オリーブ核、小脳白質の変性、萎縮を認める。[med.toaeiyo.co.jp] 起立性低血圧を起こす病気として 教科書に載っている病名を列挙すれば、 Shy-Drager症候群、オリーブ橋小脳萎縮症、 線条黒質変性症、多発性硬化症、脳血管障害、 アミロイドーシス、糖尿病性神経障害、 パーキンソン病、鬱病、褐色細胞腫、ポルフィリン症、 ギラン・バレー症候群、不整脈、向精神薬の副作用........[1101.com] 二次性起立性低血圧としては内分泌代謝障害、心血管障害、中枢および末梢神経障害、薬剤などによるものがあり、なかでも糖尿病、パーキンソン病、多発脳梗塞、薬剤としてはクロニジン、メチルドパ、プラゾシン、ベタニジンなどの降圧薬やレボドパ、カルビドパなどの抗パーキンソン薬によるものが重要である。[med.toaeiyo.co.jp]

  • 神経症性障害

    この感染に伴う異常な自己免疫反応による線条の形態的、機能的異常を介し、小児期強迫性障害やチック障害などの急性発症に病因的役割を担うことが推定されています 30) 。[mhlw.go.jp]

  • 強迫性障害

    これによれば、 眼窩前頭前皮質 (OFC)を主とした前頭葉領域の活性化に伴い、それらの領域からの入力を間接経路(背側 前頭前野 —線条— 淡蒼球 — 視床下核 —淡蒼球—視床—皮質)と直接経路( 前頭眼窩面 —線条—淡蒼球—視床—皮質)に振り分ける 尾状核 において制御障害が生じ(ブレイン・ロック)、視床への抑制性の制御が弱まる。[bsd.neuroinf.jp] この感染に伴う異常な自己免疫反応による線条の形態的、機能的異常を介し、小児期強迫性障害やチック障害などの急性発症に病因的役割を担うことが推定されています 30) 。[mhlw.go.jp] 他の医学的疾患による強迫性関連障害(DSM-5)は、生理学的に強迫症状を生じさせる病気にかかっていることが確認されており、例えば線条損傷など既存の文献に確認できる症状を呈し、せん妄以外の場合に症状が確認されている場合である。[ja.wikipedia.org]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    筋緊張低下‐運動亢進症候群は、主に視床とも関連する新線条(尾状核、被殻)の障害で、筋緊張は低下し、多動状態が見られる。例として、舞踏病、アテトーゼ、バリスムス、ミオクローヌス、ジスキネジ等がある。疾患としては、リウマチ性舞踏病(小舞踏病)、ハンチントン舞踏病、脳性麻痺、脳血管障害等がある。[ameblo.jp] 筋緊張低下‐運動亢進症候群 [ 編集 ] 筋緊張低下‐運動亢進症候群は、主に 視床 とも関連する 新線条 ( 尾状核 、 被殻 )の障害で、筋緊張は低下し、多動状態が見られる。例として、 舞踏病 、 アテトーゼ 、 バリスムス 、 ミオクローヌス 、 ジスキネジア 等がある。[ja.wikipedia.org]

  • 淡蒼球錐体症候群

    まず 舞踏運動(コレア)の病態機序 を解明した.シデナム舞踏病を研究し,その責任病巣を線状とした上で,線条は下位にある淡蒼球などを抑制的に制御するため,線条障害されると下位中枢の作用が亢進し,運動過剰になると説明した(田村はこの功績をもってAntonを「錐体外路系研究の祖」と呼んでいる).それまで舞踏運動に関して,Pickは錐体路の[med.gifu-u.ac.jp] 筋緊張低下‐運動亢進症候群 [ 編集 ] 筋緊張低下‐運動亢進症候群は、主に 視床 とも関連する 新線条 ( 尾状核 、 被殻 )の障害で、筋緊張は低下し、多動状態が見られる。例として、 舞踏病 、 アテトーゼ 、 バリスムス 、 ミオクローヌス 、 ジスキネジア 等がある。[ja.wikipedia.org] そして、それ以外の神経が錐体外路ですが、上記錐体外路症状は解剖学的な同定ではなく大脳の基底核である、線条、淡蒼球、ルイ、そして、黒質などの障害で、随意運動障害、不随意運動の出現、筋の緊張異常、筋のトーヌス異常増加、それらに関連する姿勢や姿勢反射の異常のことであります。[medical.radionikkei.jp]

  • 脳血栓症

    視床の変性 外側線条動脈を含め中大脳動脈領域に障害があると皮質視床路を介して同側視床が発症3か月以降にT2延長。背内側核から起ることが多い。 中脳黒質の変性 線条障害で同側中脳黒質に発症10日前後でT2延長が認められ、1か月ほどで消失する。[ja.wikipedia.org] 外側線条動脈領域では母動脈である中大脳動脈の血管内皮障害が少なく、穿通枝近位部のプラークが傍正中橋動脈では脳底動脈壁のプラークが主体をなしていると考えられている。アテローム血栓性脳梗塞に基づいて抗凝固療法を行うべきと考えられているが治療法は確立していない。[ja.wikipedia.org]

  • 睡眠時無呼吸症候群

    ドパミン作動神経の機能障害 薬剤による症状変化 ・L-ドーパ、ドパミンアゴニスト ︎ ︎・ドパミンアンタゴニスト ︎ ︎ 脳画像研究 ・特発性RLS:線条D2受容体結合能 ︎ Cervenka, 2006 :被殻D2受容体結合能 ︎  Turjanski, 1999 :尾状核や︎ 被殻でD2受容体結合能  ︎ ︎ Earley, 2013[xn--mrrzf295f.net]

  • 前大脳動脈梗塞

    視床の変性 外側線条動脈を含め中大脳動脈領域に障害があると皮質視床路を介して同側視床が発症3か月以降にT2延長。背内側核から起ることが多い。 中脳黒質の変性 線条障害で同側中脳黒質に発症10日前後でT2延長が認められ、1か月ほどで消失する。[ja.wikipedia.org] 外側線条動脈領域では母動脈である中大脳動脈の血管内皮障害が少なく、穿通枝近位部のプラークが傍正中橋動脈では脳底動脈壁のプラークが主体をなしていると考えられている。アテローム血栓性脳梗塞に基づいて抗凝固療法を行うべきと考えられているが治療法は確立していない。[ja.wikipedia.org]

  • 後下小脳動脈閉塞

    このような病巣の多様性と半側空間無視の障害要素に注目した Mesula [8] は、 頭頂葉 、 前頭葉 、 帯状回 と 皮質 下の視床、 線条 、 上丘 などからなる空間性注意の神経ネットワーク仮説を提唱した。その後の神経心理学的研究の進歩を取り入れてまとめた空間性注意の神経ネットワークの模式図を図2に示す。[bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状