Create issue ticket

考えれる4県の原因 緑色痰;がある湿性咳

  • 急性気管支炎

    初めは出ず乾いた(乾性咳嗽)の後、2 3日でさらさらの白いがからみはじめ(湿性咳嗽)、徐々に黄色や緑色となり、1 2週で白い痰になって元に戻ってゆきます。2歳以下の乳幼児では反射が弱く、線毛運動が未熟で喘鳴(ゼーゼー、ゼロゼロした音)を伴ったり、年長児では胸痛を訴えたり、肺炎、無気肺、副鼻腔炎を合併することもあります。[mpc-kodomo.sakura.ne.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    特に、慢性副鼻腔炎の症状としての特徴は、湿性咳嗽(湿った)、黄色から緑色の粘調な鼻汁、鼻閉、後鼻漏(のどへ鼻汁が漏れ落ちること)です。よく「がからむ咳」を保護者は訴えますが、痰とは肺から出るもので、気管支喘息や肺炎、気管支炎など下気道の病気で認められます。[alle-net.com]

  • 前頭洞炎

    特に、慢性副鼻腔炎の症状としての特徴は、湿性咳嗽(湿った)、黄色から緑色の粘調な鼻汁、鼻閉、後鼻漏(のどへ鼻汁が漏れ落ちること)です。よく「がからむ咳」を保護者は訴えますが、痰とは肺から出るもので、気管支喘息や肺炎、気管支炎など下気道の病気で認められます。[alle-net.com]

  • 副鼻腔疾患

    特に、慢性副鼻腔炎の症状としての特徴は、湿性咳嗽(湿った)、黄色から緑色の粘調な鼻汁、鼻閉、後鼻漏(のどへ鼻汁が漏れ落ちること)です。よく「がからむ咳」を保護者は訴えますが、痰とは肺から出るもので、気管支喘息や肺炎、気管支炎など下気道の病気で認められます。[alle-net.com]

さらなる症状