Create issue ticket

考えれる42県の原因 総蛋白量増加

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎球菌性肺炎

    概要 疾患のポイント: 肺炎球菌性肺炎とは、肺炎球菌が原因で起こる肺炎である。 市中肺炎の中で最多であり、死亡者が多いのも肺炎球菌肺炎である。 侵襲性肺炎球菌感染症(侵襲性感染症のうち肺炎球菌が髄液又は血液から検出された場合)は、感染症法の5類感染症に分類され、診断した医師は、7日以内に最寄りの保健所に届け出る必要がある。 市中肺炎と診断した場合には、第一に肺炎球菌性肺炎であるかどうか考える。 インフルエンザ罹患後に続発する肺炎としても、28 48%と最多である。 市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表[…][clinicalsup.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 気管支原性癌
  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳塞栓症

    非弁膜症性心房細動患者さんのために 臨床試験、そしてリアルワールド(実臨床)での エビデンスに基づく実績 (世界では2,800万人 * での使用経験を有する) *:IMS Health MIDAS, Database: Quarterly Sales Q4 2016. ただし、非弁膜症性心房細動、深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症に対する適応以外も含む ROCKET AF:非劣性試験 有効性主要評価項目(脳卒中または全身性塞栓症) 14,000例以上を対象とした大規模臨床試験でイグザレルトの有効性が確認されました 有効性主要評価項目の累積発症率(海外データ):非劣性試験 ROCKET[…][xarelto.jp]

  • アジソン病

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) アジソン病(指定難病83) あじそんびょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1.概要 原発性の慢性副腎不全は、1855年英国の内科医であるThomas Addisonにより初めて報告された疾患であることから、アジソン(Addison)病とも呼ばれている。その後、この原発性慢性副腎皮質機能低下症の病因として、[…][nanbyou.or.jp]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状