Create issue ticket

考えれる89県の原因 緊張性尿失禁

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尿道炎

    膀胱炎は、尿道から入り込んだ病原菌による炎症です。おもな症状は、おしっこをするときに痛みを感じる、残尿感[ざんにょうかん]がある、トイレが近くなる、尿がにごるなど。ひどくなると、排尿時に焼けつくような激しい痛みが起こったり、血尿が出ることもあります。女性の尿道は男性に比べて短いのに加え、膣や肛門と尿道の入り口が近い位置にあるため、外から細菌、とくに大腸菌が膀胱まで入りやすい構造になっているのです。 細菌が膀胱にまでいかないで、尿道だけで炎症を起こしている場合は、尿道炎と診断されます。排尿時の痛みは、膀胱炎より尿道炎のほうが強いようです。[…][sofy.jp]

  • 膀胱脱

    泌尿器科 石浦嘉之(泌尿器科部長) 【膀胱脱、子宮脱とは?】 膀胱脱や子宮脱、直腸脱、膣断端脱等を総称して骨盤臓器脱といいます。 女性骨盤底筋の緩みや出産に伴う損傷等によって加齢とともに膀胱や子宮など骨盤内臓器が膣口から体外に脱出することがあります。昔は膣口から膀胱や子宮が垂れ下がって脱出している状態を「なすび」と呼んでいました。その「なすび」こそが骨盤臓器脱なのです。(図1膀胱脱、図2子宮脱、図3膀胱脱と子宮脱の合併) 【どういった症状があるの?】[…][toyamah.johas.go.jp]

  • 尿失禁

    要するに、尿の排出がままならず、とくに抑制のきかない状態を尿失禁といいます。 尿失禁の種類と原因 腹圧緊張尿失禁 せきやくしゃみ、笑ったり重いものを持ち上げたときなど、おなかに力がかかったときに尿がもれるものです。中年女性の尿失禁でもっとも多いものです。[kotobank.jp] 検査の結果、他に原因となる疾患が存在しない場合、治療として、膀胱の緊張を抑える薬などを内服します。また腹圧尿失禁に対しては 尿の出口の筋肉である骨盤底筋群を鍛える「 骨盤底筋体操」が効果があるとされています(詳しくは医療機関などで聞いてみて下さい。) 日常生活では 水分摂取は大切ですが、コーヒーや濃いお茶などは控えた方がよいでしょう。[kamikatsu.jp] (※切迫尿失禁にも効果があります。) 薬物療法 膀胱の緊張を緩めて、尿道の締まりを良くする薬を服用します。 手術療法 体操や薬物療法では効果が出ない場合、症状が重い場合は手術を行います。 当院で主に行っている尿失禁根治術は、TVT-O(TOT)という手術です。英語からの直訳は「ピンと張っていないテープ」という意味です。[kohjin.ne.jp]

  • 子宮脱

    子宮脱 子宮下垂・脱は、子宮が正常の位置より下降したものを子宮下垂といい、これがひどくなり外陰部より子宮の一部または全部が脱出するのを子宮脱といいます。従って子宮の下垂と脱の違いは程度の差です。子宮の下端は腟内に突出しており(子宮腟部)、子宮の前方は膀胱、後方は直腸とそれぞれ接しており、多くの場合子宮が下降するときは、腟・膀胱・直腸などの臓器を引き連れて下がり、ひどくなると腟は、それにつられて裏返ってしまうこともあります。このように、骨盤の中に周囲の臓器が落ち込むことからpelvic organ prolapse(骨盤内臓脱)もしくは性器脱とよばれます。 症状[…][jspog.com]

  • 緊張性尿失禁

    一般的な治療方法には以下が含まれます: 膀胱再訓練 骨盤底筋を強化するためのエクササイズ 薬物治療 子宮脱の矯正手術 尿道と膀胱頸部の閉鎖に役立つ尿道スリング手術を含め、緊張尿失禁を制御する手術[drphoebehong.com.au] 尿意切迫を伴う急迫尿失禁(Aと略) 溢尿を伴う尿失禁(Bと略) 完全尿失禁(Cと略) 緊張尿失禁(Dと略) (A)は排尿筋と膀胱頸部の括約筋の協調作用障害によって起こる。膀胱炎、多尿、括約筋の機能低下が原因である。 (B)は尿閉が起きたために、尿が尿道から漏れだすことによって起こる。脊髄圧迫に伴う膀胱障害などが原因となる。[hospat.org] 尿失禁の分類 1)腹圧(緊張)尿失禁 咳,笑い,クシャミ,重い物を持ったときなどのように,急に腹圧が加わった場合に起こる尿失禁のことをいいます。老婦人や多産婦にみられることが多く,女性の尿失禁のほとんどは腹圧性尿失禁によるものです。[nakamura-urology.com]

  • 第三度子宮脱

    学会誌へ戻る 前のページへ戻る 【原著】 異なる経過をたどった子宮脱合併妊娠の2例 門脇 綾 1), 奥田 美加 1), 春木 篤 1), 石川 浩史 1), 遠藤 方哉 2), 安藤 紀子 2), 高橋 恒男 1), 平原 史樹 2), 山中 美智子 3) 1) 横浜市立大学附属市民総合医療センター母子医療センター 2) 横浜市立大学医学部産婦人科 3) 神奈川県立こども医療センター周産期医療部産科[…][jsog-k.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尿路疾患

    エストロジェンやテストステロンは、αアドレナリン作動性神経支配への反応を増加させて、正常な尿道筋緊張を保っています。なので、中高齢の避妊犬では、エストロジェン濃度の低下で尿失禁が起こりやすく、眠っている状態やくつろいでる時によく認められます。エストロジェンの補充で改善します。[dogwan.jp]

  • 多発性神経炎

    からだから遠い、遠位筋ほど強い筋萎縮、筋力低下、筋緊張の低下、腱反射の消失をみます。自律神経系の症状として起立低血圧、 インポテンス 、下痢と便秘をくり返したり、尿失禁などの症状をみることもあります。 多発神経炎には運動障害(筋力低下など)が強いタイプと、感覚障害(感覚鈍ま、しびれ)が強いタイプとがあります。[medical.jiji.com]

さらなる症状