Create issue ticket

考えれる29県の原因 網膜脂質沈着

  • 高コレステロール血症

    血液中のコレステロールは、タンパクと結合して、リポタンパクとして代謝利用されます。 このリポタンパクのうち、LDLに含まれているコレステロール(LDLコレステロール)は動脈硬化と関係が深く、「悪玉コレステロール」とも呼ばれ、その血中濃度が高いと血管壁に沈着して動脈硬化を促進します。 またHDLに含まれているコレステロール(HDLコレステロール)は動脈硬化を抑制する働きをすることから「善玉コレステロール」と呼ばれます。[…][asahi-kasei.co.jp]

  • 家族性高コレステロール血症

    家族性高コレステロール血症(familial hypercholesterolemia、FH)は高LDLコレステロール(LDL-C)血症、早発性冠動脈疾患、腱・皮膚結節性黄色腫を3徴とし、LDL受容体やその関連遺伝子の異常によって発症する常染色体優性遺伝子疾患である。家族性高コレステロール血症は単独で極めて冠動脈疾患のリスクが高い病態である。ヘテロ体でも未治療では男性では30 50歳、女性では50 70歳程度で心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患を発症することが多い。早期発見・早期治療が生命予後の改善に極めて重要である。 家族性高コレステロール血症ホモ接合体は総コレステロール[…][ja.wikipedia.org]

  • ネフローゼ症候群

    ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん、英: Nephrotic syndrome)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。 低蛋白血症、高度な蛋白尿、浮腫(眼瞼や下肢)を主な症状とし、病理学的には糸球体基底膜の透過の亢進を一次的異常として認める。時に脂質異常症も合併する。ネフローゼ症候群は元来病理学的な概念であり、腎炎 nephritisと異なり、炎症性の変化(炎症細胞浸潤など)がみられないものの総称として提唱された。若年層(特に幼少期では男子)に多く発症するが、30代の男女の発症例も多数報告されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 網膜症

    血管から漏れ出した脂質成分が網膜沈着し、「硬性白斑」と呼ばれるシミをつくます。自覚症状はありません。 前増殖糖尿病網膜症 早期の網膜症 毛細血管の障害が更に進んで、網膜の中に酸素や栄養が行き渡らない部分が部分がでてきます。正確な状況など調べるため、蛍光眼底造影(血管造影)をすることがあります。[yotsutoku.jp] その結果、毛細血管が瘤のようになったり、毛細血管から血液が漏れたり、漏れ出た血液中のたんぱく質や脂質の成分が網膜沈着したりします。 ② 増殖前網膜症 毛細血管の障害がさらに進むと毛細血管が閉塞して、網膜の中に酸素や栄養が行き渡らない部分ができます。[dmic.ncgm.go.jp] 進 行 (1)単純糖尿病網膜症 初期の段階で、網膜の細い血管に瘤ができる「毛細血管瘤」や、小さな点状の出血があらわれます。 血管から漏れ出た脂質成分が網膜沈着し、「硬性白斑」と呼ばれるシミをつくります。 多くは自覚症状がありません。[eyelifemegane.jp]

  • 眼球損傷

    進 行 (1)単純糖尿病網膜症 初期の段階で、網膜の細い血管に瘤ができる「毛細血管瘤」や、小さな点状の出血があらわれます。 血管から漏れ出た脂質成分が網膜沈着し、「硬性白斑」と呼ばれるシミをつくります。 多くは自覚症状がありません。[eyelifemegane.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    その結果、毛細血管が瘤のようになったり、毛細血管から血液が漏れたり、漏れ出た血液中のたんぱく質や脂質の成分が網膜沈着したりします。 ② 増殖前網膜症 毛細血管の障害がさらに進むと毛細血管が閉塞して、網膜の中に酸素や栄養が行き渡らない部分ができます。[dmic.ncgm.go.jp]

  • 光網膜症

    進 行 (1)単純糖尿病網膜症 初期の段階で、網膜の細い血管に瘤ができる「毛細血管瘤」や、小さな点状の出血があらわれます。 血管から漏れ出た脂質成分が網膜沈着し、「硬性白斑」と呼ばれるシミをつくります。 多くは自覚症状がありません。[eyelifemegane.jp] その結果、毛細血管が瘤のようになったり、毛細血管から血液が漏れたり、漏れ出た血液中のたんぱく質や脂質の成分が網膜沈着したりします。 ② 増殖前網膜症 毛細血管の障害がさらに進むと毛細血管が閉塞して、網膜の中に酸素や栄養が行き渡らない部分ができます。[dmic.ncgm.go.jp]

  • 糖尿病性白内障

    進 行 (1)単純糖尿病網膜症 初期の段階で、網膜の細い血管に瘤ができる「毛細血管瘤」や、小さな点状の出血があらわれます。 血管から漏れ出た脂質成分が網膜沈着し、「硬性白斑」と呼ばれるシミをつくります。 多くは自覚症状がありません。[eyelifemegane.jp]

  • 細小血管症

    また、細小血管障害が進み、網膜や腎臓、神経などの細い血管が徐々に傷つけられ、網膜症、糖尿病性腎症、神経障害などの合併症を引き起こします。高血糖は、血管の内膜を傷つけ、血中の脂質沈着し、侵潤してプラークをつくることにより血管の内腔狭窄が起こり、血流が悪くなり血管を詰まらせて、心筋梗塞・脳梗塞を起こすことになるのです。[aurora-net.or.jp]

  • 糖尿病性神経障害

    その結果、毛細血管が瘤のようになったり、毛細血管から血液が漏れたり、漏れ出た血液中のたんぱく質や脂質の成分が網膜沈着したりします。 ② 増殖前網膜症 毛細血管の障害がさらに進むと毛細血管が閉塞して、網膜の中に酸素や栄養が行き渡らない部分ができます。[dmic.ncgm.go.jp]

さらなる症状