Create issue ticket

考えれる132県の原因 網膜瘢痕

  • 網膜裂孔

    凝固によってできた傷は治る過程で瘢痕となり、感覚網膜と色素上皮を癒着させます。これにより網膜剥離へ進行する確率が低くなります。ただし、凝固後に瘢痕ができるまでに数週間かかり、その間は未治療と同じ状態ですし、瘢痕ができてからでも剥離する可能性もあるので、やはり経過観察は大切です。[dm-net.co.jp] 眼科では眼底検査をして、網膜剥離に進む可能性が高いと考えられる場合に、その進行を食い止める治療を行います。裂孔周囲の網膜に人工的な 瘢痕 〈 はんこん 〉 を作るのです。[skk-net.com] 眼科では眼底検査をして、網膜剥離に進む可能性が高いと考えられる場合に、その進行を食い止める治療を行います。裂孔周囲の網膜に人工的な瘢痕 〈 はんこん 〉 を作るのです。[dm-net.co.jp]

  • 黄斑変性症

    網膜の下にある脈絡膜から血管新生が起こり、これによって網膜下に瘢痕(はんこん)形成が起きます。 加齢黄斑変性症の検査 加齢黄斑変性症の診断のためには、問診で見え方の自覚症状などを確認するとともに、以下のような検査を行う必要があります。 眼底検査 眼底とは、眼球内の水晶体より後ろ部分をいいます。[mitani-ganka.jp] 加齢などの変化で黄斑の下(脈絡膜)に新生血管が生じ、それが破綻することで網膜下出血や浮腫をきたし、最終的には線維性瘢痕を残し重篤な視力障害をおこす病気です。欧米では中途失明の疾患として注目され、本邦でも増加傾向です。自覚症状は、ものをみるときに中心がぼやける、あるいは中心が歪む、などです。[hanezawa-cl.jp] 萎縮型加齢黄斑変性がより進行した症例では,脈絡網膜萎縮(地図状萎縮と呼ばれる)の領域が現れる。黄斑部の隆起した瘢痕(円盤状瘢痕),浮腫,出血,または滲出は認めない。 滲出型加齢黄斑変性 は,脈絡膜新生血管と呼ばれる過程で網膜下に新たな異常血管が形成されることにより発生する。[msdmanuals.com]

  • 網膜色素変性症

    網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう、英: pigmentary degeneration of the retina、拉: degeneratio pigmentosa retinae)は眼科疾患の一つで、中途失明の3大原因の一つであり、数千人に一人の頻度で起こるとされている。日本の盲学校ではこの病気の生徒が2番目に多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 網膜動脈塞栓症

    動脈硬化や塞栓による網膜動脈閉塞によって起こります。塞栓の原因としては、動脈アテローム( 動脈硬化症 )、心臓弁膜症の血栓、 膠原(こうげん)病 、巨細胞動脈炎、骨折、外傷や手術時の脂肪塞栓があります。閉塞の部位により網膜中心動脈閉塞症と網膜動脈分枝閉塞症があります。中心動脈閉塞の場合は全体に暗くなって、ついには何も見えなくなってしまいます。 動脈分枝閉塞症の場合は、閉塞部位に応じた視野異常や、黄斑部付近であれば視力障害も起こります。眼底では閉塞部位の網膜に浮腫(むくみ)が起こり蒼白(あおじろ)く見えます。視力回復は非常に困難です。のちに 視神経萎縮 や出血 緑内障[…][medical.jiji.com]

  • 網膜中心静脈閉塞症

    株式会社Ristは、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と連携し、世界で初めて広角眼底画像を用いたAIによる網膜中心静脈閉塞症の判定を行い、その結果AUC99%の精度を達成しました。また、その成果が眼科に関する国際学術誌に掲載されました。 株式会社Ristは、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と連携し、世界で初めて広角眼底画像を用いたAIによる網膜中心静脈閉塞症を行い、その結果AUC99%の精度を達成しました。また、その成果が眼科に関する国際学術誌Journal of Ophthalmology( )に掲載されました。[…][prtimes.jp]

  • サイトメガロウイルス網膜炎

    長谷川英一, 佐藤孝太, 武田篤信, 大島裕司, 中澤徹, 趙英準, 園田康平, 網膜線維瘢痕化とIL-6, 第50回日本眼炎症学会, 2016.07. 174.[hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp] の範囲は,0.25%の症例がC3例,50%以上の症例がC3例であった.3例で萎縮瘢痕化した滲出斑と正常網膜の境界に網膜前膜(epiretinalmembrane:ERM)を認めた(図1).そのうちC2例と,ERMの存在は不明であったC1例で滲出斑と正常網膜の境界に原因裂孔を認めた.CMV網膜炎の診断からCRD発症までの平均期間はC4.3C[atagan.jp] ,出血を伴い,急性期を過ぎると瘢痕化するという特徴がある.CMVRは網膜.離,視神経炎の合併など,ときに失明に至るような深刻な眼合併症を起こす危険があり,これらの合併症の併発の有無は視力予後に大きく影響する14,15).CMVRの視力予後については,海外では多数例での報告があるが3,9,13),わが国での多数例の報告は少なく10.12),とくに[atagan.jp]

  • 網膜症

    今回我々は、未熟児網膜症の瘢痕期に両眼に黄斑偏位をきたした症例で、同様の固視反応を経験したので、その視機能について報告する。 症例は34歳男性で未熟児網膜症により両眼中心窩は乳頭より5乳頭径耳側に偏位している。眼内レンズ手術が最近施行され、矯正視力は右眼0.5、左眼0.4である。[doi.org] 新生児の網膜で血管内皮増殖因子(VEGF)による血管新生と閉塞を繰り返し、それが瘢痕収縮を おこして網膜が剥離(はくり)するためであるとされる。最近、本研究班の石田(北大眼科ら)はVEGFアイソフォームのうちVEGF165の過剰な発現 が、網膜外(硝子体)への病理的血管新生を誘導していることを報告した(Ishida et al.[nanbyou.or.jp] 厚生省分類では発展段階を主に、比較的ゆるやかな経過のI型と、段階的な進行を経ず比較的早く進行して網膜剥離に至るII型に分類し、国際分類にはない瘢痕期分類が存在する。国際分類は病期(Stage ステージ)と病変位置・範囲(Zone ゾーン)の2つに分けた上でそれぞれを分類している。[ja.wikipedia.org]

  • 網膜瘢痕

    脈絡膜のその他の障害 脈絡膜瘢痕 網膜瘢痕 黄斑部瘢痕 日光網膜症 網脈絡膜瘢痕 脈絡膜硬化症 脈絡膜萎縮症 脈絡膜変性 網脈絡膜萎縮 網脈絡膜変性 三角症候群 全脈絡膜萎縮症 中心性輪紋状脈絡膜萎縮症 脳回転状脈絡膜網膜萎縮症 脈絡膜断裂 網脈膜破裂 脈絡膜出血 脈絡膜剥離 脈絡膜ヘルニア 点状脈絡膜内層症 脈絡膜疾患 網膜分離症および網膜[scuel.me] 危険性など 図2 糖尿病網膜症でレーザー光線による 網膜光凝固術を行った後。灰色の丸い瘢痕が レーザー光線を当てたところ。 網膜の場所によっては 神経が近くを通っている場合があり、その付近にレーザー光線を当てるとずんとした痛みが起こります。また、強い光があたりますので、とても眩しく感じます。[hospital.japanpost.jp] 標準病名 ICD10 KEGG DISEASE 黄斑部瘢痕 日光網膜症 脈絡膜瘢痕 網膜瘢痕 網脈絡膜瘢痕 H310 網脈絡膜瘢痕 脈絡膜萎縮症 脈絡膜硬化症 脈絡膜変性 網脈絡膜萎縮 網脈絡膜変性 三角症候群 H311 脈絡膜変性 全脈絡膜萎縮症 脳回転状脈絡膜網膜萎縮症 中心性輪紋状脈絡膜萎縮症 H312 遺伝性脈絡膜ジストロフィ H01116[kegg.jp]

  • 眼内異物

    【未熟児網膜症】 未熟児網膜症の瘢痕期に水晶体後面の線維性血管膜が収縮することによって水晶体が前方に圧迫され、閉塞隅角緑内障をきたすことがあります。 【網膜芽細胞種】 腫瘍が大きくなると水晶体や虹彩が前方に圧迫されて閉塞隅角緑内障をきたすことがあります。また、腫瘍細胞が前房内へ浸潤し、隅角につまって眼圧を上昇させることもあります。[kato-eye-clinic.com] 脈絡膜出血は網膜下腔、網膜、 硝子体 内におよぶことが多く、出血吸収後は白色の線状もしくは弧状の 瘢痕 を生じる。脈絡膜断裂が黄斑もしくは視神経乳頭と黄斑の間に発生した場合には顕著な 視力障害 が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 偽落屑症候群

    標準病名 ICD10 KEGG DISEASE 黄斑部瘢痕 日光網膜症 脈絡膜瘢痕 網膜瘢痕 網脈絡膜瘢痕 H310 網脈絡膜瘢痕 脈絡膜萎縮症 脈絡膜硬化症 脈絡膜変性 網脈絡膜萎縮 網脈絡膜変性 三角症候群 H311 脈絡膜変性 全脈絡膜萎縮症 脳回転状脈絡膜網膜萎縮症 中心性輪紋状脈絡膜萎縮症 H312 遺伝性脈絡膜ジストロフィ H01116[kegg.jp] 【未熟児網膜症】 未熟児網膜症の瘢痕期に水晶体後面の線維性血管膜が収縮することによって水晶体が前方に圧迫され、閉塞隅角緑内障をきたすことがあります。 【網膜芽細胞種】 腫瘍が大きくなると水晶体や虹彩が前方に圧迫されて閉塞隅角緑内障をきたすことがあります。また、腫瘍細胞が前房内へ浸潤し、隅角につまって眼圧を上昇させることもあります。[kato-eye-clinic.com] 局所性浮腫に対しては毛細血管瘤への網膜光凝固術が有効です。一方、びまん性浮腫に対しては格子状光凝固術も行われてきましたが治療後の瘢痕拡大など課題が残されていました。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

さらなる症状