Create issue ticket

考えれる5県の原因 網膜全体の白点

  • 中心窩網膜分離

    電気生理学検査で,色素上皮全体に機能異常を生じていることが証明される. case 16 状眼底 白点は,経時的に変化する. case 17 瘢痕黄斑(先天トキソプラスマ症の疑い) この所見は 壊死性滲出性炎症の結果の可能性が高い. case 18 黄斑分離症 X -linked juvenile retinoschisis の所見のうち[med.teikyo-u.ac.jp] 13 《 S targardt 型》黄色斑眼底 黄斑萎縮巣と,広範に散在する黄色斑 case 14 《 S targardt 型》黄斑ジストロフィ 中心窩の所見は, “ beaten-bronze ” と形容 ・・・ 15年経過での変化, case 15 卵黄状黄斑ジストロフィ (卵黄様黄斑変性: B est 病) OCT では 中心窩網膜色素上皮[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 脈絡膜出血

    電気生理学検査で,色素上皮全体に機能異常を生じていることが証明される. case 16 状眼底 白点は,経時的に変化する. case 17 瘢痕黄斑(先天トキソプラスマ症の疑い) この所見は 壊死性滲出性炎症の結果の可能性が高い. case 18 黄斑分離症 X -linked juvenile retinoschisis の所見のうち[med.teikyo-u.ac.jp] 13 《 S targardt 型》黄色斑眼底 黄斑萎縮巣と,広範に散在する黄色斑 case 14 《 S targardt 型》黄斑ジストロフィ 中心窩の所見は, “ beaten-bronze ” と形容 ・・・ 15年経過での変化, case 15 卵黄状黄斑ジストロフィ (卵黄様黄斑変性: B est 病) OCT では 中心窩網膜色素上皮[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 網膜黄斑ジストロフィー 2型

    電気生理学検査で,色素上皮全体に機能異常を生じていることが証明される. case 16 状眼底 白点は,経時的に変化する. case 17 瘢痕黄斑(先天トキソプラスマ症の疑い) この所見は 壊死性滲出性炎症の結果の可能性が高い. case 18 黄斑分離症 X -linked juvenile retinoschisis の所見のうち[med.teikyo-u.ac.jp] 13 《 S targardt 型》黄色斑眼底 黄斑萎縮巣と,広範に散在する黄色斑 case 14 《 S targardt 型》黄斑ジストロフィ 中心窩の所見は, “ beaten-bronze ” と形容 ・・・ 15年経過での変化, case 15 卵黄状黄斑ジストロフィ (卵黄様黄斑変性: B est 病) OCT では 中心窩網膜色素上皮[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 網膜色素性ジストロフィー

    電気生理学検査で,色素上皮全体に機能異常を生じていることが証明される. case 16 状眼底 白点は,経時的に変化する. case 17 瘢痕黄斑(先天トキソプラスマ症の疑い) この所見は 壊死性滲出性炎症の結果の可能性が高い. case 18 黄斑分離症 X -linked juvenile retinoschisis の所見のうち[med.teikyo-u.ac.jp] 13 《 S targardt 型》黄色斑眼底 黄斑萎縮巣と,広範に散在する黄色斑 case 14 《 S targardt 型》黄斑ジストロフィ 中心窩の所見は, “ beaten-bronze ” と形容 ・・・ 15年経過での変化, case 15 卵黄状黄斑ジストロフィ (卵黄様黄斑変性: B est 病) OCT では 中心窩網膜色素上皮[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 網膜瘢痕

    電気生理学検査で,色素上皮全体に機能異常を生じていることが証明される. case 16 状眼底 白点は,経時的に変化する. case 17 瘢痕黄斑(先天トキソプラスマ症の疑い) この所見は 壊死性滲出性炎症の結果の可能性が高い. case 18 黄斑分離症 X -linked juvenile retinoschisis の所見のうち[med.teikyo-u.ac.jp] 13 《 S targardt 型》黄色斑眼底 黄斑萎縮巣と,広範に散在する黄色斑 case 14 《 S targardt 型》黄斑ジストロフィ 中心窩の所見は, “ beaten-bronze ” と形容 ・・・ 15年経過での変化, case 15 卵黄状黄斑ジストロフィ (卵黄様黄斑変性: B est 病) OCT では 中心窩網膜色素上皮[med.teikyo-u.ac.jp]

さらなる症状