Create issue ticket

考えれる117県の原因 網状赤血球の増加

  • 遺伝性球状赤血球症

    遺伝性球状赤血球症の検査 正球性正色素性貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球網状赤血球増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。[byoutaieiyou.e840.net] 検査と診断 正球性正色素性貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球網状赤血球増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。 なお、新生児期には形態、浸透圧抵抗ともに典型的な所見をとらないことも多いため、診断が難しいことがあります。[qlife.jp] 検査と診断 正球性正色素性貧血(せいきゅうせいせいしきそせいひんけつ)、赤血球の形態観察で球状赤血球網状赤血球増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫(ひしゅ)、赤血球の浸透圧抵抗(しんとうあつていこう)の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。[medical.itp.ne.jp]

  • 白血赤芽球性貧血

    正球性貧血では種々の血液疾患による造血障害、腎性貧血、症候性貧血などがあり、網状赤血球増加の有無を調べます。また、基礎疾患などを含めて検索しますが、診断には骨髄穿刺を要することもあります。[crc-group.co.jp] 貧血にもかかわらず成熟途中で壊されるため網状赤血球増加せず、むしろ減少傾向にあり、 有核赤血球やHowell-Jolly小体、カボット環などの多様な奇形赤血球が見られます。 いずれも赤血球の核酸合成障害に伴って見られる所見です。[chugokuh.johas.go.jp]

  • 骨転移

    運用・要領 対象患者 原則として、以下の条件を満たす方とします。 内分泌療法反応性で経口もしくは皮下注射・筋肉注射で内分泌療法を行っている。 疼痛NRS3以下である。 急性期病院で初期治療(放射線治療・点滴化学療法)を開始して少なくとも6ヵ月病勢進行が認められない。 骨折の危険、麻痺の危険、余命に関してlevel6まで告知済みである。 骨転移に対する治療を行っている場合はゾメタの点滴を行っている。 パス発行 ①受診した病院が治療方針を決定した後にパスを発行します。 ②病院の主治医から、開業医さんへ初回診療日の確認の連絡をします。[…][chutoen-hp.shizuoka.jp]

  • 大腸ポリープ

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年2月 ) 大腸ポリープ ( 英 : Colorectal polyp )とは、 大腸 ( 直腸 ・ 結腸 )に生じる ポリープ の総称。 近年は、 大腸 における「隆起性病変」ないし「大腸腫瘍」は、「 大腸癌 」や「ポリープ」を含めて一括の概念で総括され、総合的に評価される。 名称 [ 編集 ] 正式には、生じる部位ごとに以下のように称される。 直腸ポリープ S状結腸ポリープ 下行結腸ポリープ 横行結腸ポリープ 上行結腸ポリープ 分類 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    所見では末梢血で正球性正色素性貧血と網状赤血球増加が認められたが、白血球と血小板減少はなかった。一方、生化学では間接ビリルビンとLDHの軽度増加がみられるも、ハプトグロビンは検出感度以下であった。[researchmap.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    原発性骨髄線維症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 骨髄線維症進行期 上: 100 下: 200 顆粒球系細胞、赤芽球系細胞は認められず. 巨核球は増加、著明な線維化が認められる. 解説 はじめに 原発性骨髄線維症は骨髄の広範な線維化と骨硬化、髄外造血を特徴とする慢性骨髄 増殖性疾患の一つです。その本態は本態性血小板血症、真性多血症と同様に造血幹 細胞レベルで生じた遺伝子異常であり、造血細胞はモノクローナルに増殖、特に血小板 産生細胞である巨核球から産生される種々のサイトカインが骨髄の間質細胞に作用し[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 先天性溶血性貧血

    《温式AIHA》 正球性正色色素性貧血を呈しますが、平均赤血球容積は網状赤血球増多や葉酸欠乏のため増加することもあります。 網状赤血球数は通常増加しますが、ときに減少し、骨髄は赤芽球過形成を呈します。 末梢血液像においては赤芽球および多染性、大赤血球症がみられ、また、様々な程度で球状赤血球がみられます。[blogs.yahoo.co.jp] 骨髄での赤血球産生の亢進[こうしん]を示すものとして、末梢血液中には網状赤血球と呼ばれる若い赤血球が増加してきます。そして、骨髄中では赤血球のもとになる細胞(赤芽球[せきがきゆう])が増えてきます。[cocokarada.jp] その後は無治療で経過を観察されたが、フルダラビン投与6ヶ月後に徐々に貧血が進行してHb 7.5 g/dL, WBC 15,600/μL となり、網状赤血球10.84%と増加、血清LDH 378 IU/L と上昇、総ビリルビン/間接ビリルビン 6.74/4.87 mg/dL と増加、ハプトグロビンの消失( (解説)慢性リンパ性白血病患者では、[naoru.com]

  • ホジキン病

    抄録 症例は29歳,女性.乾性咳嗽が出現し,炎症反応の高値と胸部X線写真で右中肺野の浸潤影を指摘された.胸部CTにて右S3に腫瘤影を認めた. CTガイド下肺生検と縦隔鏡によるリンパ節生検にてホジキン病と診断された.肺の腫瘤がリンパ節と比べ大きいことより,肺原発のホジキン病で,アンアーバー分類でStage IIEと診断した. ABVD療法を施行したところ腫瘍は消失した.肺原発ホジキン病は稀であり文献的考察を加え報告する.[jstage.jst.go.jp]

  • 軽症型サラセミア

    以下は、 ザ!世界仰天ニュース で扱われていた内容です。 2003年、中国蘇州市ルーズチェンに住む邱(キュウ)さん夫婦に一人の男の子が生まれた。名を『建文』と付けられ、両親から大切に育てられた。建文が1歳になった頃、母親がミルクをあげようとすると、建文の口の周りに白い粉がついていた。その後も口の周りに白い粉がつく日が続いていたことに気づいた。[…][oisha.livedoor.biz]

さらなる症状