Create issue ticket

考えれる32県の原因 網状赤血球の増加

  • 骨転移
  • 大腸ポリープ

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年2月 ) 大腸ポリープ ( 英 : Colorectal polyp )とは、 大腸 ( 直腸 ・ 結腸 )に生じる ポリープ の総称。 近年は、 大腸 における「隆起性病変」ないし「大腸腫瘍」は、「 大腸癌 」や「ポリープ」を含めて一括の概念で総括され、総合的に評価される。 名称 [ 編集 ] 正式には、生じる部位ごとに以下のように称される。 直腸ポリープ S状結腸ポリープ 下行結腸ポリープ 横行結腸ポリープ 上行結腸ポリープ 分類 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。 出典 がまったく示されていないか不十分です。内容に関する 文献や情報源 が必要です。 ( 2015年5月 ) 独自研究 が含まれているおそれがあります。 ( 2018年8月 ) 遺伝性球状赤血球症 (いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう、英 Hereditary spherocytosis , HS)は、 溶血性貧血 の一種。 遺伝 性に 赤血球 が球状化する。 病態 [ 編集 ] 球状になった赤血球( 球状赤血球 )は変形能が乏しいので、物理的に 脾臓[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 白血赤芽球性貧血
  • 原発性骨髄線維症

    原発性骨髄線維症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 骨髄線維症進行期 上: 100 下: 200 顆粒球系細胞、赤芽球系細胞は認められず. 巨核球は増加、著明な線維化が認められる. 解説 はじめに 原発性骨髄線維症は骨髄の広範な線維化と骨硬化、髄外造血を特徴とする慢性骨髄 増殖性疾患の一つです。その本態は本態性血小板血症、真性多血症と同様に造血幹 細胞レベルで生じた遺伝子異常であり、造血細胞はモノクローナルに増殖、特に血小板 産生細胞である巨核球から産生される種々のサイトカインが骨髄の間質細胞に作用し[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • ホジキン病
  • 軽症型サラセミア

    サラセミア(thalassemia)は、ヘモグロビンを構成するグロビン遺伝子の異常による貧血である。(溶血性貧血をきたす遺伝性疾患である)地中海沿岸に多いので地中海貧血、地中海性貧血とも言う。 グロビン蛋白の異常によって正常な赤血球が作られず貧血になる。異常なヘモグロビンを持つ赤血球は脾臓で次々と破壊される。赤血球が脾臓で破壊されることを血管外溶血と言う。標的赤血球と呼ばれる特徴的な赤血球が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    発作性夜間血色素尿症(ほっさせいやかんけっしきそにょうしょう、英: Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria、略称: PNH)とは、溶血性貧血の一つ。発作性夜間ヘモグロビン尿症とも呼ばれる。 厚生労働省指定の難病特定疾患であり、日本での患者数は、約500人程度と言われている。 グリコシルホスファチジルイノシトール(Glycosyl phosphatidylinositol:GPI)アンカーの生合成に必須な遺伝子である「PIG-A遺伝子」の変異が造血幹細胞に生じて、赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御因子である「CD55(decay-accelerating[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    慢性骨髄性白血病 (まんせいこつずいせいはっけつびょう Chronic myelogenous leukemia ,CML)とは、 造血幹細胞 の遺伝子が後天的に変異して、造血細胞が分化・成熟能を保ったまま自律的な増殖をし、血液において白血球や時に血小板が増加する血液腫瘍である。 発生率と疫学 [ 編集 ] 慢性骨髄性白血病は年間に100万人あたり10-15人程度発生しすべての白血病(年間10万人あたり6人程度)の約2割を占める [1][…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状