Create issue ticket

考えれる15県の原因 続発性髄膜腫

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 乳房の腺癌
  • 小細胞肺癌
  • 気管支原性癌
  • 再発小細胞肺癌
  • 髄膜転移
  • 転移性乳癌
  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜癌腫症
  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状