Create issue ticket

考えれる32県の原因 絨毛萎縮(生検)

つまり: 絨毛萎縮(生検

  • 絨毛萎縮がある慢性下痢

    確定診断は、小腸で粘膜を組織学的に調べ、絨毛(じゅうもう)の萎縮や陰窩(いんか)の過形成、およびリンパ球浸潤(しんじゅん)を確認して行います。これは、体重増加不良を伴う場合は必須の検査です。先天性微絨毛萎縮症も小腸で診断します。 脂肪の消化・吸収不良は、便のなかの脂肪量が多いと強く疑われ、さらなる検査を進めていきます。[medical.itp.ne.jp] 診断は小腸により行い,では特徴的であるが非特異的な病理的変化である絨毛萎縮が示され,この変化は厳格なグルテン除去食で消失する。 病因 セリアック病は,小麦に含まれるタンパクであるグルテンのグリアジン成分に対する感受性を原因とする遺伝性疾患で,同様のタンパクはライ麦および大麦にも存在する。[msdmanuals.com] 診断は十二指腸絨毛萎縮をチェックするわけだけど、東洋人でも十二指腸絨毛萎縮は寄生虫やbacterial overgrowth で起こる。[medi-gate.jp]

  • 微胞子虫症

    小腸では、局所的な絨毛萎縮、同部への好酸球を多含した炎症、および各発育段階の病原体が認められる。治療はきちんと体系化されていないが、 chloroquine, metronidazole, sulfamide系, cotrimozazole(ST合剤)が用いられている。[amda.or.jp]

  • セリアック病

    潜在性セリアック病 潜在性セリアック病は、血清学的に陽性だが小腸は正常であったものと定義される。その患者の一部は、グルテンを摂取し続ければ絨毛萎縮が認められるようになる。[grj.umin.jp] グルテン除去食 疾患の早期 まばらな粘膜病変 消化性疾患(peptic changes)によってセリアック病の所見がはっきりしない場合 生検標本の数が不十分な場合 鏡でスライドの誤認がある場合 潜在性セリアック病(スクリーニングのセリアック病関連抗体検査は陽性だが小腸絨毛萎縮を認めない場合と定義される) 偽陽性も不十分な(poorly[grj.umin.jp] 臨床的にセリアック病の疑いが強い場合、もしくは明らかな吸収不良を認める場合、特異的セリアック病関連抗体検査の結果に関係なく小腸を施行するべきである。 小腸 セリアック病診断のゴールドスタンダードである特徴的な組織学的所見には、部分的/完全な絨毛萎縮、陰窩過形成、上皮内リンパ球(IELs)の増加などがある。[grj.umin.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    消化管粘膜では炎症細胞浸潤と腸絨毛萎縮、粘膜下の浮腫が見られるが血管炎の所見はない。99mTc-ラベルヒト血清アルブミンシンチで消化管での漏出部位を確認する。放射線を用いない方法としてα1アンチトリプシン(α1AT)の腸管クリアランスを測定することでも蛋白漏出を証明できる。α1ATは消化酵素で分解されず、アルブミンと分子量が近い。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 薬物性紅斑性狼瘡

    消化管粘膜では炎症細胞浸潤と腸絨毛萎縮、粘膜下の浮腫が見られるが血管炎の所見はない。99mTc-ラベルヒト血清アルブミンシンチで消化管での漏出部位を確認する。放射線を用いない方法としてα1アンチトリプシン(α1AT)の腸管クリアランスを測定することでも蛋白漏出を証明できる。α1ATは消化酵素で分解されず、アルブミンと分子量が近い。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • ループス脳症

    消化管粘膜では炎症細胞浸潤と腸絨毛萎縮、粘膜下の浮腫が見られるが血管炎の所見はない。99mTc-ラベルヒト血清アルブミンシンチで消化管での漏出部位を確認する。放射線を用いない方法としてα1アンチトリプシン(α1AT)の腸管クリアランスを測定することでも蛋白漏出を証明できる。α1ATは消化酵素で分解されず、アルブミンと分子量が近い。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • ハシトキシコーシス

    【0026】 組織学的には、典型的な形態変化(つまり、円蓋の過形成および絨毛萎縮)に関連した、十二指腸および空腸の粘膜の顕著なTリンパ球の浸潤がある。 【0027】 十二指腸および空腸のは、診断のための絶好の標準であると考えられるが、実施の際には、分析的な面でも事前分析的な面でもいくつかの問題がある。[ekouhou.net]

  • アルブタミン・ストレステスト

    消化管粘膜では炎症細胞浸潤と腸絨毛萎縮、粘膜下の浮腫が見られるが血管炎の所見はない。99mTc-ラベルヒト血清アルブミンシンチで消化管での漏出部位を確認する。放射線を用いない方法としてα1アンチトリプシン(α1AT)の腸管クリアランスを測定することでも蛋白漏出を証明できる。α1ATは消化酵素で分解されず、アルブミンと分子量が近い。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 円板状エリテマトーデス

    消化管粘膜では炎症細胞浸潤と腸絨毛萎縮、粘膜下の浮腫が見られるが血管炎の所見はない。99mTc-ラベルヒト血清アルブミンシンチで消化管での漏出部位を確認する。放射線を用いない方法としてα1アンチトリプシン(α1AT)の腸管クリアランスを測定することでも蛋白漏出を証明できる。α1ATは消化酵素で分解されず、アルブミンと分子量が近い。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 遺伝性血小板異常

    腸疾患 典型例では生後数か月以内に慢性水様性下痢の症状を生じる.で最もよく見られる所見は,粘膜固有層への単核球(活性化T細胞)の浸潤を伴う絨毛萎縮である. 皮膚炎 湿疹性皮膚炎が最も多い.他に紅皮症,剥脱性皮膚炎,乾癬様病変,および結節性類天疱瘡が観察されている.[grj.umin.jp]

さらなる症状