Create issue ticket

考えれる124県の原因 絨毛萎縮

  • 感染性腸炎

    近年、ノロウイルスは猛威を奮い、全国各地で発生しているニュースを耳にします。ノロウイルスは牡蠣などの二枚貝に多く、十分に加熱(85度以上1分以上)を行えば良いのですが、感染力が強く、集団生活の場などで、二次感染が問題になっています。そのため予防対策と二次感染に注意が必要になります。 潜伏期間は? 個人差はありますが1 2日 症状は? 突発的に発症します。症状を認めたときは医療機関に受診するようにして下さい。 ノロウイルスの症状 主症状 吐き気 嘔吐 下痢 腹痛 発熱 〇 〇 〇 脱水症状時は?[…][osaka-cu.ac.jp]

  • 絨毛萎縮がある慢性下痢

    所見として,絨毛の消失または短縮(絨毛萎縮),上皮内細胞増加,陰窩の過形成を認める。しかしながら,そのような所見は,熱帯性スプルー( 熱帯性スプルー ),重度の腸内細菌異常増殖( 腸内細菌異常増殖症候群 ),好酸球性腸炎,乳糖不耐症( 炭水化物不耐症 ),リンパ腫でも認められることがある。[msdmanuals.com] 確定診断は、小腸生検で粘膜を組織学的に調べ、絨毛(じゅうもう)の萎縮や陰窩(いんか)の過形成、およびリンパ球浸潤(しんじゅん)を確認して行います。これは、体重増加不良を伴う場合は必須の検査です。先天性微絨毛萎縮症も小腸生検で診断します。 脂肪の消化・吸収不良は、便のなかの脂肪量が多いと強く疑われ、さらなる検査を進めていきます。[medical.itp.ne.jp] (3)は先天性微絨毛萎縮症(びじゅうもういしゅくしょう)、先天性クロール下痢症、VIPホルモン産生腫瘍、ある種の大腸菌感染性腸炎、コレラなどがあります。(4)は甲状腺機能亢進症や過敏性腸症候群などがあります。 【症状の現れ方】 消化酵素の先天的な欠損症や、先天性微絨毛萎縮症では、生後数日以内に下痢が現れます。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 乳糖不耐症

    二次性はウイルス性胃腸炎,特にロタウイルス胃腸炎に罹患することにより発症することが多く,小腸粘膜に絨毛萎縮,陰窩の増殖,炎症性細胞浸潤などが生じる。これによりNa/ブドウ糖輸送や二糖類吸収などの障害が起こる。その他,化学療法,炎症性腸疾患,短腸症候群に合併する細菌異常増殖症なども乳糖不耐症を生じることがある。[jmedj.co.jp]

  • セリアック病

    表1 セリアック病の腸管病変の分類 タイプ 粘膜所見 ステージ0 前浸潤性病変 正常 ステージ1 浸潤性病変 1 上皮内リンパ球の増加 ステージ2 過形成病変 ステージ1の変化 過形成陰窩 ステージ3 破壊性病変 2 ステージ2の変化 ・部分絨毛萎縮(3a) ・亜全絨毛萎縮(3b) ・全絨毛萎縮(3c) ステージ4 低形成病変 3 陰窩低形成[grj.umin.jp] 内視鏡所見は小腸や十二指腸のKerckring皺壁の消失と絨毛萎縮やそれに伴うモザイク状粘膜です。組織学的所見は小腸や十二指腸粘膜の上皮内リンパ球浸潤、粘膜萎縮絨毛消失、上皮細胞のアポトーシス、陰窩過形成等です。腫瘍の合併も多く中でも空腸の腸管型T細胞リンパ腫の頻度が高く、60歳代で診断されることが多いです。[ohashinaika.jp] それは、アレルギー反応または絨毛萎縮またはアレルギー反応をもたらす自己免疫応答をもたらさない胃腸の苦痛として定義される。それは多くの健康上の問題を引き起こし、多くの問題に対し、食品アレルギーあるいはセ リアック病と似たものと受け止められている。 グリアジン抗体はセリアック病でなくグルテン不耐性の証明に使われるだろう。[mealtime.jp]

  • 吸収不良症候群

    特徴的な内視鏡所見を有する吸収不良症候群として,クローン病(縦走潰瘍,狭窄),セリアックスプルー(絨毛萎縮,scalloping),ウィップル(Whipple)病(びまん性白色絨毛),腸リンパ管拡張症(散布性白点),消化管アミロイドーシス(粘膜粗造や多発微細隆起),先天性βリポ蛋白欠損症〔十二指腸で白色霜降り状所見(snow white duodenum[jmedj.co.jp] このうち小腸の粘膜上皮細胞自体に欠陥があり著しい絨毛萎縮をきたすものにスプルーsprue(特発性吸収不良)がある。… ※「吸収不良症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] 内視鏡検査 スプルー:絨毛萎縮・顆粒変化 (正常な) の減少 Whipple:脂肪の転送障害による顆粒状変化、黄色調変化 腸リンパ管拡張:白色絨毛 4).[ibaraisikai.or.jp]

  • 小腸内細菌異常増殖

    特徴的な内視鏡所見を有する吸収不良症候群として,クローン病(縦走潰瘍,狭窄),セリアックスプルー(絨毛萎縮,scalloping),ウィップル(Whipple)病(びまん性白色絨毛),腸リンパ管拡張症(散布性白点),消化管アミロイドーシス(粘膜粗造や多発微細隆起),先天性βリポ蛋白欠損症〔十二指腸で白色霜降り状所見(snow white duodenum[jmedj.co.jp]

  • 先天性クロール下痢症

    確定診断は、小腸生検で粘膜を組織学的に調べ、絨毛(じゅうもう)の萎縮や陰窩(いんか)の過形成、およびリンパ球浸潤(しんじゅん)を確認して行います。これは、体重増加不良を伴う場合は必須の検査です。先天性微絨毛萎縮症も小腸生検で診断します。 脂肪の消化・吸収不良は、便のなかの脂肪量が多いと強く疑われ、さらなる検査を進めていきます。[medical.itp.ne.jp] (3)は先天性微絨毛萎縮症(びじゅうもういしゅくしょう)、先天性クロール下痢症、VIPホルモン産生腫瘍、ある種の大腸菌感染性腸炎、コレラなどがあります。(4)は甲状腺機能亢進症や過敏性腸症候群などがあります。 【症状の現れ方】 消化酵素の先天的な欠損症や、先天性微絨毛萎縮症では、生後数日以内に下痢が現れます。[yomidr.yomiuri.co.jp] 水や電解質をうまく吸収できない、もしくは水分の分泌過剰 先天性微絨毛萎縮症、先天性クロール下痢症、VIPホルモン産生腫瘍、感染性腸炎などが原因となります。 腸の蠕動運動の過剰 甲状腺機能亢進症や過敏性腸症候群などが原因となり大腸の運動に異常を来すことがあります。[news.merumo.ne.jp]

  • エンテロペプチダーゼ欠乏による先天性腸疾患

    このうち小腸の粘膜上皮細胞自体に欠陥があり著しい絨毛萎縮をきたすものにスプルーsprue(特発性吸収不良)がある。… ※「吸収不良症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] 病態生理 《糖質の消化吸収機構》 小腸の有効吸収面積が減少する疾患(短腸症候群)、小腸絨毛萎縮(セリアックスプルー)などによる刷子縁膜酵素の欠損、膵アミラーゼの分泌障害(膵疾患)などで、糖質の消化吸収障害がみられます。[blogs.yahoo.co.jp] 絨毛萎縮や炎症性細胞浸潤などの組織学的変化は腸疾患を示しますが、根本的な原因を特定しません。 例えば、リンパ球 - 形質細胞性腸炎は、2つ以上の誘発因子、特に微生物抗原および食事抗原に対する腸粘膜の一般的な反応である可能性があります。[sarpolitex.ru]

  • 微胞子虫症

    小腸生検では、局所的な絨毛萎縮、同部への好酸球を多含した炎症、および各発育段階の病原体が認められる。治療はきちんと体系化されていないが、 chloroquine, metronidazole, sulfamide系, cotrimozazole(ST合剤)が用いられている。[amda.or.jp]

  • 重鎖病

    通常は,空腸粘膜の絨毛萎縮および形質細胞浸潤がみられ,ときに腸間膜リンパ節への浸潤がみられる。末梢リンパ節,骨髄,肝臓,および脾臓は,通常侵されない。この疾患の気道型がまれに報告されている。溶骨性病変は生じない。 ほぼ全ての患者がびまん性の腹部リンパ腫および吸収不良を呈する。[msdmanuals.com]

さらなる症状

類似した症状