Create issue ticket

考えれる370県の原因 結節性紅斑

  • トキソプラズマ感染症

    徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載) トキソプラズマは寄生虫の一種で人と動物に共通の感染症です。妊娠中の女性に感染すると死産や流産の原因になり、胎児に感染して先天性トキソプラズマ症が発生します。 トキソプラズマ感染症は比較的少ない疾患ですが、確実に増加していると言われます。この感染症が増加する要因にはグルメ嗜好による汚染肉の生食や海外旅行、ペット(ネコ)ブームなどがあると言われます。[…][topics.or.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 結節性紅斑

    脚に出現したの例 結節 (けっせつせいこうはん、 英 : erythema nodosum:EN )とは皮下の 脂肪細胞 の 炎症 ( 脂肪織炎 )。結節は圧痛結節 [1] を引き起こし、一般に脛部に認められる。種々な病因に基づく急性炎症の皮膚症状症候群(免疫反応)である。[ja.wikipedia.org] 結節に関連した症状がみられる際には、結節の原因を正確に見極めるためにも、皮膚症状以外の症状にも注目することが重要です。 検査・診断 結節の診断は、皮膚所見を詳細に確認します。また、皮膚生検を行うことで、より詳細に脂肪組織での炎症状態を確認します。[medicalnote.jp] 結節とは 主に下腿の伸側に生じる痛みを伴う紅色結節を主徴とする急性炎症疾患です。組織学的には皮下脂肪を主な炎症の場所とする脂肪織炎です。 原因はさまざまで、一つの独立した疾患であるというよりは、皮膚に現れた症候の一つと考えられています。 罹患率は10万人あたり1 5人といわれ、比較的若い女性に多いようです。[senoopc.jp]

  • 炎症性腸疾患

    さらには炎症腸疾患では関節炎、結節といった腸管外合併症を認めることがあるのも特徴です。当院ではこれらの腸管合併症に精通したリウマチ内科、皮膚科の診療を受けることが可能です。[keio-med.jp] 活動期には、関節炎、結節、壊疽性膿皮症、虹彩炎などの症状を合併することがあり、胆汁酸性 下痢 が持続するによって胆石症のリスクが高まり、脂肪吸収障害が シュウ酸結石 を主体とする尿路結石症を発症させる。[nutri.co.jp] そのほかにも、アフタ口内炎、肝胆道系障害、結節などがみられることがあります。 潰瘍性大腸炎の予後 潰瘍性大腸炎は、寛解(症状が落ち着いている状態)と再燃(症状が悪化している状態)を繰り返しながら慢性の経過をたどります。 発病後長期経過すると大腸がんを発症するリスクが高まることが知られています。[ibd-life.jp]

  • クローン病

    腸管外合併症として貧血、末梢関節痛炎、強直脊椎炎、口腔内アフタ、皮膚症状(結節、壊疽性膿皮症など)、虹彩炎、成長障害などがあり、長期経過例では腸管悪性腫瘍が問題となる。 4.治療法 本症を完治させる根本的な治療法は現時点ではない。治療の目的は病気の活動性をコントロールして寛解状態を維持し、患者のQOLを高めることである。[nanbyou.or.jp] また、結節や関節炎など消化管外合併症が出現することもあります。 クローン病の病変部位 小腸型 小腸・大腸型 大腸型 クローン病の診断のポイント 腸粘膜に、クローン病特有の縦走潰瘍などがみられます。 組織を取って調べた時に、炎症性の細胞の集まりである非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫があると、クローン病に特異的な所見となります。[nomu-capsule.jp] 関節症状:関節痛・関節炎(約40%) 皮膚症状:結節、壊疽性膿皮症、Sweet病 眼症状:虹彩炎 原発性硬化性胆管炎 悪性腫瘍 大腸癌、回腸癌 CRP・赤沈が活動性に相関する検査として用いられる。[ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    結節結節は肉芽腫を認めない非特異的病変である。発赤を伴う有痛性の皮下硬結が両側下腿伸側に多発する病変である。初期には好中球浸潤、後期には多核巨細胞が認められることがあるが肉芽腫は認められない。 瘢痕浸潤肉芽腫と共に異物が証明されるものである。陳旧性の瘢痕に肉芽腫反応が認められる。[ja.wikipedia.org] 目の症状以外では咳、息切れなどの呼吸器症状、結節や丘疹のような皮膚症状を見ることもあります。検査での特徴的な所見は、前部ぶどう膜炎の検査をすると、 角膜 と虹彩の付け根(隅角)や結節にテント状の癒着を数多く散見する点です。後部ぶどう膜炎検査では 硝子体 の雪玉状の濁り、 網膜 の滲出斑や血管炎が認められます。[bausch.co.jp] サルコイドーシスの皮膚病変は皮膚サルコイド、瘢痕 浸潤 、結節に分類され、皮膚サルコイドには結節型、局面形成型、皮下型、びまん浸潤型、その他があります。皮膚サルコイドは、生検をするとサ症に特徴的な類上皮細胞肉芽腫が認められるものです。瘢痕浸潤は膝などに昔すりむいた痕にできてくる皮疹で、やはり肉芽腫が生検で認められます。[nanbyou.or.jp]

  • 潰瘍性大腸炎

    結節には一定の効果があるが、潰瘍性大腸炎への有効性は確認されていない。)抗菌薬多剤併用療法アモキシシリン、テトラサイクリン、メトロニダゾールを経口投与し、症状の軽減が図られる。[ja.wikipedia.org] そのほかにも、アフタ口内炎、肝胆道系障害、結節などがみられることがあります。 潰瘍性大腸炎の予後 潰瘍性大腸炎は、寛解(症状が落ち着いている状態)と再燃(症状が悪化している状態)を繰り返しながら慢性の経過をたどります。 発病後長期経過すると大腸がんを発症するリスクが高まることが知られています。[ibd-life.jp] さらに関節炎、虹彩炎、膵炎、皮膚症状(結節、壊疽性膿皮症など)などの腸管外合併症を伴うことも少なくない。 4.治療法 治療の原則として、重症例や、ある程度の全身障害を伴う中等症例に対しては、重症例では入院の上、脱水、電解質異常(特に低カリウム血症)、貧血、栄養障害などへの対策が必要である。[nanbyou.or.jp]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

  • 大腸クローン症

    腸管外合併症として貧血、末梢関節痛炎、強直脊椎炎、口腔内アフタ、皮膚症状(結節、壊疽性膿皮症など)、虹彩炎、成長障害などがあり、長期経過例では腸管悪性腫瘍が問題となる。 4.治療法 本症を完治させる根本的な治療法は現時点ではない。治療の目的は病気の活動性をコントロールして寛解状態を維持し、患者のQOLを高めることである。[nanbyou.or.jp] また、結節や関節炎など消化管外合併症が出現することもあります。 クローン病の病変部位 小腸型 小腸・大腸型 大腸型 クローン病の診断のポイント 腸粘膜に、クローン病特有の縦走潰瘍などがみられます。 組織を取って調べた時に、炎症性の細胞の集まりである非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫があると、クローン病に特異的な所見となります。[nomu-capsule.jp] 活動期には、関節炎、結節、壊疽性膿皮症、虹彩炎などの症状を合併することがあり、胆汁酸性 下痢 が持続するによって胆石症のリスクが高まり、脂肪吸収障害が シュウ酸結石 を主体とする尿路結石症を発症させる。[nutri.co.jp]

  • 腸炎エルシニア感染症

    3歳以下の乳幼児では胃腸炎型が多く見られ、成人では他の型の病型が主で、結節、関節炎も起こします。 この菌は、0 4 の低温でも発育します。冷蔵庫で保存中の食品でも、菌の増殖により食中毒を起こすことがあるため、注意が必要です。[hk-wj.co.jp] 年長児や成人では感染後2 6週で関節炎や結節を起こすことがあります。水様性の便で、嘔吐、強い腹痛があります。 頭痛、悪寒が出現します。 Yersinia pseudotuberuculosis の場合、発熱、発疹、腹部症状が主です。特に乳幼児では 川崎病 のような症状を呈すことがあります。一時原因説として浮上しました。[senoopc.jp] 少数例には心冠動脈の拡張変化のほか、二次的自己免疫的症状として関節痛、腎不全、肺炎、および結節などが認められることもあります。このあたりの症状が川崎病と非常に似たものとなります。 エルシニア以外の細菌性腸炎でもいえることですが、感染性胃腸炎は抗菌薬を使用しなくても基本的には自然治癒に近い経過をとります。[kunichika-naika.com]

さらなる症状