Create issue ticket

考えれる23県の原因 結節性多発動脈炎

  • 連圏状ひ糠疹

    皮膚アレルギー性血管 過敏血管 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管 結節多発動脈 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 巨細胞性動脈炎 リベド クモ状血管腫 下肢静脈瘤 血栓性静脈炎 モンドール病 悪性萎縮性丘疹症(デゴス病) 下腿潰瘍 閉塞性動脈硬化症(ASO) 魚鱗癬[ja.wikipedia.org] 混合結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節多発動脈(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群[ja.wikipedia.org] 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎 自家感作性皮膚炎 しいたけ皮膚炎 痒疹 ビダール苔癬(Vidal苔癬) 紅皮症 蕁麻疹 血管浮腫 特異的なアレルギーをする病態 アナフィラキシーショック 結節性紅斑 バザン硬結性紅斑 環状紅斑 多形滲出性紅斑 Sweet病 持久性隆起性紅斑 アナフィラクトイド紫斑 ステロイド紫斑 慢性色素紫斑[ja.wikipedia.org]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    小林茂人「血管症候群」『家庭の医学』、gooヘルスケア 免疫疾患調査研究班(難治血管)『 結節動脈周囲 (2)顕微鏡的多発血管(公費対象)』難病情報センター、2011年7月29日 日本リウマチ財団「全身血管」リウマチ情報センター 難病情報センター 結節動脈周囲 (2)顕微鏡的多発血管炎 特定疾患情報[ja.wikipedia.org] 高安動脈(TA)、巨細胞動脈(GCA)があげられる。 中小動脈を傷害するものである。結節多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局性血管炎(原発性肉芽腫性中枢神経系血管炎 PACNS)などがあげられる。[ja.wikipedia.org] このため、ANCAは血管の診断や治療効果の判定に重要です。 血管症候群とはどんな病気か 結節多発動脈(PN)は、主に中等度の太さ(中型)の動脈の動脈壁に炎症が生じる病気です。 全身の諸臓器に分布する血管に動脈炎が生じるため、多様な症状を示します。[health.goo.ne.jp]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。 以前は、「慢性関節リウマチ」と呼ばれていた。第6回日本リウマチ学会総会(1962年)において「rheumatoid arthritis」の日本語訳が「慢性関節リウマチ」に決定されたためだが、「rheumatoid[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    大型血管(大動脈とその太い枝)に炎症を起こす疾患として、高安動脈、巨細胞動脈が、中型血管に炎症を起こす疾患として結節多発動脈、川崎病が、小型血管に炎症を起こす疾患として抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管、免疫複合体性小型血管炎があります。[twmu.ac.jp] 高安動脈(TA)、巨細胞動脈(GCA)があげられる。 中小動脈を傷害するものである。結節多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局性血管炎(原発性肉芽腫性中枢神経系血管炎 PACNS)などがあげられる。[ja.wikipedia.org] このため、ANCAは血管の診断や治療効果の判定に重要です。 血管症候群とはどんな病気か 結節多発動脈(PN)は、主に中等度の太さ(中型)の動脈の動脈壁に炎症が生じる病気です。 全身の諸臓器に分布する血管に動脈炎が生じるため、多様な症状を示します。[health.goo.ne.jp]

  • 糸球体腎炎

    糸球体腎炎 (しきゅうたいじんえん、 英語 : Glomerulonephritis )は、腎疾患の一つで 腎臓 の 炎症 の一つ。 腎臓の炎症である腎炎は病理組織学的に炎症の首座がどこにあるかによって、糸球体腎炎、 間質性腎炎 、および 腎盂腎炎 に分類される。主に糸球体に炎症反応がみとめられるものを糸球体腎炎と呼ぶ。 種類 [ 編集 ] 急性糸球体腎炎 (Acute glomerulonephritis) 急速進行性腎炎症候群 (Rapidly progressive glomerulonephritis) 慢性糸球体腎炎 (Chronic glomerulonephritis) 急性糸球体腎炎 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    皮膚アレルギー性血管 過敏血管 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管 結節多発動脈 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 巨細胞性動脈炎 リベド クモ状血管腫 下肢静脈瘤 血栓性静脈炎 モンドール病 悪性萎縮性丘疹症(デゴス病) 下腿潰瘍 閉塞性動脈硬化症(ASO) 魚鱗癬[ja.wikipedia.org] 混合結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節多発動脈(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群[ja.wikipedia.org] 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎 自家感作性皮膚炎 しいたけ皮膚炎 痒疹 ビダール苔癬(Vidal苔癬) 紅皮症 蕁麻疹 血管浮腫 特異的なアレルギーをする病態 アナフィラキシーショック 結節性紅斑 バザン硬結性紅斑 環状紅斑 多形滲出性紅斑 Sweet病 持久性隆起性紅斑 アナフィラクトイド紫斑 ステロイド紫斑 慢性色素紫斑[ja.wikipedia.org]

  • 結節性多発動脈炎

    外部リンク [ 編集 ] 難病情報センター:結節動脈周囲(1)結節多発動脈[ja.wikipedia.org] HOME 病気の解説(一般利用者向け) 結節多発動脈(指定難病42) けっせつせいたはつどうみゃくえん (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 「結節多発動脈」とはどのような病気ですか 動脈は血管の太さから、大型、中型、小型、毛細血管に分類されます。[nanbyou.or.jp] 皮膚アレルギー性血管 過敏血管 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管 結節多発動脈 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 巨細胞性動脈炎 リベド クモ状血管腫 下肢静脈瘤 血栓性静脈炎 モンドール病 悪性萎縮性丘疹症(デゴス病) 下腿潰瘍 閉塞性動脈硬化症(ASO) 魚鱗癬[ja.wikipedia.org]

  • 木村病

    皮膚アレルギー性血管 過敏血管 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管 結節多発動脈 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 巨細胞性動脈炎 リベド クモ状血管腫 下肢静脈瘤 血栓性静脈炎 モンドール病 悪性萎縮性丘疹症(デゴス病) 下腿潰瘍 閉塞性動脈硬化症(ASO) 魚鱗癬[ja.wikipedia.org] 混合結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節多発動脈(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群[ja.wikipedia.org] 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎 自家感作性皮膚炎 しいたけ皮膚炎 痒疹 ビダール苔癬(Vidal苔癬) 紅皮症 蕁麻疹 血管浮腫 特異的なアレルギーをする病態 アナフィラキシーショック 結節性紅斑 バザン硬結性紅斑 環状紅斑 多形滲出性紅斑 Sweet病 持久性隆起性紅斑 アナフィラクトイド紫斑 ステロイド紫斑 慢性色素紫斑[ja.wikipedia.org]

  • 再発性多発軟骨炎

    再発性多発軟骨炎 (さいはつせいたはつなんこつえん、再発性多発性軟骨炎とも、 英 : relapsing polychondritis: RP )は、原因不明の 軟骨 の破壊・腫脹を来たす慢性疾患である。 膠原病 類縁疾患、 自己免疫疾患 のひとつで、全身の 軟骨 に炎症をきたし、その名のとおり寛解と再発を繰り返す。1923年 Jaksc-Wartenhorstが症例報告し、1960年 Pearsonらが現在の病名で自験例をNew England Journal of Medicineに報告した [1] 。 日本での正確な統計はないが、 アメリカ ・ ミネソタ州[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 &全身性エリテマトーデス(SLE)は男性にはまれな疾患である.今回,われわれは男性SLE 17例を対象に,その臨床像,血清学的および内分泌学的検討を行った.発症年齢,観察期間を一致させた女性SLEと比較して,男性例では日光過敏症が有意に多く(p 0.04),リンパ節腫脹と中枢神経障害がやや多かった.腎障害は同率であったが,ネフローゼ症候群が男性に多かった.白血球減少は女性例に有意に多かった(p 0.07)が,血清学的検査で男女間に有意差は認められなかった.治療内容では,男性例により多くのステロイドホルモンが必要とされた,われわれの男性SLEは女性例に比してやや重症である傾向がみられた.[…][doi.org]

さらなる症状