Create issue ticket

考えれる774県の原因 結節性多発動脈炎

  • 多発性関節炎

    具体的には関節リウマチのほか、全身エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎・多発筋炎、混合結合組織病、シェーグレン症候群、ベーチェット病、全身血管(高安動脈、巨細胞動脈結節多発動脈、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 など)、脊椎関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎 など[shinshu-u.ac.jp] 診療実績 29年度 入院患者疾患内訳 疾患名 症例数 関節リウマチ 63 悪性関節リウマチ 9 全身性エリテマトーデス 48 多発筋炎/皮膚筋炎 35 全身性強皮症 20 混合結合組織病 5 結節多発動脈 0 顕微鏡的多発血管炎 16 多発血管炎性肉芽腫症 8 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 2 リウマチ性多発筋痛症 4 抗リン脂質抗体症候群[kawagoe.saitama-med.ac.jp] 36, 好酸球多発血管肉芽腫症16, 多発血管肉芽腫症8) 巨細胞動脈29, 高安動脈 15, 結節多発動脈10, IgA血管炎6, リウマトイド血管炎 4 *2 :乾癬性関節炎27, 掌蹠膿疱症性骨関節症/SAPHO症候群 26, 強直性脊椎炎 14, 炎症性腸疾患関連 3, 反応性関節炎 4 *3 :ピロリン酸カルシウム[fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp]

  • 関節リウマチ

    リウマチ熱、関節リウマチ、全身エリテマトーデス、強皮症、多発筋炎/皮膚筋炎、結節多発動脈の6つが古典的な膠原病と呼ばれている。 関節リウマチは病気の進行が進むに従って関節組織に病変が及び、その病変の程度によって四つの時期に分けられる。[iryo.kurume-u.ac.jp] 1866年 に アドルフ・クスマウル (Adolf Kussmaul) とRudolf Maierは剖検例をおかしていた新たな疾患に対して結節動脈周囲なる疾患名を冠した。 1886年 にはErnst L. Wagnerが 多発性筋炎 の用語をはじめて使用した。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    大型血管(大動脈とその太い枝)に炎症を起こす疾患として、高安動脈、巨細胞動脈が、中型血管に炎症を起こす疾患として結節多発動脈、川崎病が、小型血管に炎症を起こす疾患として抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管、免疫複合体性小型血管炎があります。[twmu.ac.jp] 高安動脈(TA)、巨細胞動脈(GCA)があげられる。 中小動脈を傷害するものである。結節多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局性血管炎(原発性肉芽腫性中枢神経系血管炎 PACNS)などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 大動脈症候群(高安動脈) 巨細胞動脈(側頭動脈結節多発動脈 古典的多発動脈炎 顕微鏡的多発動脈炎 多発血管炎性肉芽腫症(ウエーゲナー肉芽腫症) 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(チャーグ・ストラウス症候群) いずれの疾患においても原因は解明されておらず、また強い遺伝的要因は認められていません。[ryumachi.umin.jp]

  • 糸球体腎炎

    結節多発動脈、顕微鏡的多発血管 結節多発動脈、顕微鏡的多発性血管炎は炎症により腎臓やその他臓器の中・小動脈の血管に炎症・壊死がみられる病気です。いずれも発熱、体重減少、関節痛、筋肉痛などで発症し、血尿やたんぱく尿があらわれて急激に腎機能が悪化します。[asahikasei-pharma.co.jp] 原因となる病気としては、膠原病[ループス腎結節多発動脈、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症(旧称:ウェジナー肉芽腫)など]、糖尿病腎症などの代謝異常(糖尿病、痛風、アミロイドーシスなど)のほか、悪性腫瘍、薬による副作用、感染症、妊娠高血圧症候群などがあります。次に代表的な病気について説明します。[asahikasei-pharma.co.jp] 続発性糸球体疾患(腎炎) 腎臓以外の病気によって起こる腎臓病(糸球体疾患)を続発糸球体疾患といいます。[asahikasei-pharma.co.jp]

  • 再発性多発軟骨炎

    全身血管(白血球破砕血管または結節多発動脈),骨髄異形成症候群,または癌が併存する可能性がある。[msdmanuals.com]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    小林茂人「血管症候群」『家庭の医学』、gooヘルスケア 免疫疾患調査研究班(難治血管)『 結節動脈周囲 (2)顕微鏡的多発血管(公費対象)』難病情報センター、2011年7月29日 日本リウマチ財団「全身血管」リウマチ情報センター 難病情報センター 結節動脈周囲 (2)顕微鏡的多発血管炎 特定疾患情報[ja.wikipedia.org] 高安動脈(TA)、巨細胞動脈(GCA)があげられる。 中小動脈を傷害するものである。結節多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局性血管炎(原発性肉芽腫性中枢神経系血管炎 PACNS)などがあげられる。[ja.wikipedia.org] このため、ANCAは血管の診断や治療効果の判定に重要です。 血管症候群とはどんな病気か 結節多発動脈(PN)は、主に中等度の太さ(中型)の動脈の動脈壁に炎症が生じる病気です。 全身の諸臓器に分布する血管に動脈炎が生じるため、多様な症状を示します。[health.goo.ne.jp]

  • ネフローゼ症候群

    )* 顕微鏡的多発血管 結節多発動脈 血清病 シェーグレン症候群 SLE* 特発性 キャッスルマン病 サルコイドーシス 腫瘍性 癌(例,気管支,乳房,結腸,胃,腎) 白血病 リンパ腫 黒色腫 多発性骨髄腫 薬物関連 金 ヘロイン インターフェロンα リチウム NSAID 水銀 パミドロン酸 ペニシラミン 細菌性 † 感染性心内膜炎 ハンセン[msdmanuals.com] 結節多発動脈、顕微鏡的多発血管 結節多発動脈、顕微鏡的多発性血管炎は炎症により腎臓やその他臓器の中・小動脈の血管に炎症・壊死がみられる病気です。いずれも発熱、体重減少、関節痛、筋肉痛などで発症し、血尿やたんぱく尿があらわれて急激に腎機能が悪化します。[asahikasei-pharma.co.jp] ネフローゼ症候群の原因 原因 例 原発性の原因 特発性 細線維性およびイムノタクトイド糸球体腎炎 巣状分節性糸球体硬化症 IgA腎症* 膜性増殖性糸球体腎炎* 膜性腎症 微小変化群 急速進行性糸球体腎炎* 続発の原因 代謝 アミロイドーシス 糖尿病 免疫 クリオグロブリン血症 多形紅斑 IgA血管(ヘノッホ-シェーンライン紫斑病紫斑病[msdmanuals.com]

  • 全身性エリテマトーデス

    1)結節多発動脈(polyarteritis nodosa:PN) 2)顕微鏡的多発血管炎(microscopic polyangiitis:MPA) 3)多発血管炎性肉芽腫症(granulomatosis with polyangiitis:GPA) 4)好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(eosinophilic granulomatosis[jmedj.co.jp] 病理学的に結合組織にフィブリノイドfibrinoid変性がみられる疾患という定義がなされ,全身 エリテマトーデス ,慢性 関節リウマチ , 皮膚筋炎 または多発筋炎,強皮症(全身進行性硬化症),結節動脈周囲, リウマチ熱 の6疾患が代表的な膠原病とされた。[kotobank.jp] 1866年 に アドルフ・クスマウル (Adolf Kussmaul) とRudolf Maierは剖検例をおかしていた新たな疾患に対して結節動脈周囲なる疾患名を冠した。 1886年 にはErnst L. Wagnerが 多発性筋炎 の用語をはじめて使用した。[ja.wikipedia.org]

  • 結節性紅斑

    【病気に気づいたらどうする】 バザン硬結紅斑、結節多発動脈、スウィート病、深在性エリテマトーデス、ウェーバー・クリスチャン病など類似の症状を示す病気が多数あるので皮膚科専門医を受診し、皮膚生検により確定診断を受けることをすすめます。 (C)法研[yomidr.yomiuri.co.jp] 病理組織学的な特徴から、バザン硬結紅斑、 結節多発動脈 、 スウィート病 、深在性 エリテマトーデス 、 ウェーバー・クリスチャン病 などと区別します。血液検査では白血球の増加、赤沈やCRPなどの炎症反応の亢進がみられます。 治療の方法 ベッドで安静にしていることが最も重要です。[qlife.jp] を認めたため,結節多発動脈(PN),特に皮膚型PN(cutaneous PN)との鑑別を要したが,症状や検査所見を一元的に説明し得るのはBDと判断した.BDでは,EN様皮疹などの皮膚病変において壊死性血管炎を呈することは稀とされる.しかし,BDとPNの間には,部分的に共通する病態が存在することや,BDの中にはPN様の壊死性血管炎を呈する[jstage.jst.go.jp]

  • 結節性多発動脈炎

    外部リンク [ 編集 ] 難病情報センター:結節動脈周囲(1)結節多発動脈[ja.wikipedia.org] 概要 結節多発動脈とは、全身に分布する血管のなかでも中程度の太さの血管を中心に炎症が生じ、さまざまな症状が引き起こされる血管を指します。結節多発動脈では全身各種臓器に分布する血管に病変が生じるため、障害を受けた血管に応じた臓器症状が出現します。 結節多発動脈は日本において難病指定を受けている病気のひとつです。[medicalnote.jp] HOME 病気の解説(一般利用者向け) 結節多発動脈(指定難病42) けっせつせいたはつどうみゃくえん (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 「結節多発動脈」とはどのような病気ですか 動脈は血管の太さから、大型、中型、小型、毛細血管に分類されます。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状