Create issue ticket

考えれる1県の原因 組織球様細胞変化

  • 盲腸腺癌

    また,切除標本の病理組織学的所見では,リンパ球様細胞が存在した部位は,瘢痕組織や繊維化を認めることなく,除菌前の生検時と比較し,リンパ細胞が減少し,通常の粘膜組織変化していた.虫垂のMALTリンパ腫の除菌に伴う組織変化が,大腸腺癌の化学(放射線)療法後のものと異なる点は,新たな知見と考えられる.[jstage.jst.go.jp] は減少し,一部正常な粘膜組織変化していた.[jstage.jst.go.jp] リンパ球様細胞の浸潤を認め,また固有筋層から漿膜下層には,一部局所的に浸潤を認めた.浸潤している細胞は,中等度の大きさのリンパ球様腫瘍細胞が中心であるが,粘膜には形質細胞も混在していた( Fig. 5 b, c ).免疫染色検査の結果CD20,CD79a陽性で,CD3,CD5,cyclin D1は陰性であった.除菌前の生検時と比較し,リンパ細胞[jstage.jst.go.jp]

さらなる症状