Create issue ticket

考えれる2,291県の原因 細菌感染症

  • 尿路感染症

    医療大全 細菌性尿路感染 さいきんせいにょうろかんせんしょう Bacterial urinary tract infection 【初診に適した診療科】 小児科 【どんな病気か】 腎臓の腎盂(じんう)から尿管、膀胱(ぼうこう)へと続くおしっこの通り道を尿路といいますが、そのなかに細菌が入り込んで炎症を起こす病気を細菌性尿路感染といいます[yomidr.yomiuri.co.jp] 小児における細菌感染の概要 潜在性菌血 小児の髄膜炎 リウマチ熱 小児の尿路感染(UTI) 尿路感染(UTI)とは、細菌による膀胱の感染( 膀胱炎 )、腎臓の感染( 腎盂腎炎 [じんうじんえん])、またはその両方がある状態です。[msdmanuals.com] 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 尿路感染 にょうろかんせんしょう 腎臓 (じんぞう) 、膀胱 (ぼうこう) 、尿道などの尿路にみられる細菌感染の総称。この場合、結核菌などによる特異性感染は一般に含まれず、非特異性細菌感染のみをさすと考えてよい。[kotobank.jp]

  • 皮膚感染症

    それほど一般的ではない細菌による皮膚への感染が、入院中、介護施設の入居中、庭仕事の最中、あるいは池、湖、海での遊泳中に起こることもあります。 皮膚の細菌感染を発症するリスクが特に高い人もいます。[msdmanuals.com] 皮膚細菌感染(蜂窩織炎や丹毒など)とは 皮膚は日常的に様々な細菌に接触していますが、外界からの細菌の進入を防ぐ働きがありますので、通常の状態では感染を引き起こすことはありません。 皮膚細菌感染は、何かのきっかけで一気に細菌が増え、病原性を発揮し感染を発症します。[gohongi-clinic.com] ここではまず、赴任先で罹ると困ってしまう皮膚感染細菌性、ウイルス性に分けて紹介し、次に皮膚感染における一般的な予防法・注意点について述べたいと思います。[jomf.or.jp]

  • 急性中耳炎

    基本的には、細菌感染であることが多いが、ウイルス感染、膠原病の場合もある。 中耳炎:特定の病態を指すものではない。通常は急性中耳炎を指す。 急性中耳炎:中耳に炎症が起こっている状態。痛みが強い。 慢性中耳炎:急性中耳炎の後鼓膜が穿孔したもの。 滲出性中耳炎:中耳に浸出液がたまっている状態。急性中耳炎に引き続き起こることが多い。[ja.wikipedia.org] 経外耳道性 外耳道と中耳は通常鼓膜で隔てられているが、鼓膜穿孔によって細菌が直接中耳に侵入したり、鼓膜に感染した後中耳に波及することがある。頻度は少ない。 血行性 猩紅熱、ジフテリア、インフルエンザなどの感染で血行性に感染することがある。まれではあるが、一般の中耳炎に比べ重症になりやすい。[ja.wikipedia.org]

  • 急性カタル性扁桃炎

    ウイルス 感染 風邪 インフルエンザ プール熱 HIV感染 / エイズ ヘルパンギーナ 伝染性単核球 (キス病) ウイルス性 咽頭炎 、ウイルス性 扁桃炎 ヘルペス性歯肉 口内炎 細菌 感染 細菌性 咽頭炎 、細菌性 扁桃炎 (溶連菌など) 細菌性肺炎 ( マイコプラズマ など) 梅毒 淋菌性咽頭炎 クラミジア 咽頭炎 亜急性甲状腺炎[medley.life] 細菌性赤痢 感染予防法で二類感染に分類されている細菌性腸管感染である。海外帰国者の感染例(旅行者下痢症)が多いが、日本国内でも幼稚園等で集団発生が起こっている。 病原体 …赤痢菌 感染経路 …感染者の便を感染源とする経口感染 潜伏期間 …1 5日 症状・予後 …発熱・腹痛・下痢・嘔吐などが急激に現れる。[nagaoka-med.or.jp] 原因の90%はウイルス感染である [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • HIV感染症

    イソスポラ (1) 確定診断 組織による病理診断又は一般検査により、イソスポラを確認 C. 細菌感染 9.[acc.ncgm.go.jp] エイズの指標疾患 真菌 細菌感染 腫瘍 カンジダ(食道、気管、気管支、肺) クリプトコッカス(肺以外) コクシジオイデス ヒストプラズマ ニューモシスチス肺炎 化膿性細菌感染 (13才未満) サルモネラ菌血症 活動性結核 非結核性抗酸菌症 カポジ肉腫 原発性脳リンパ腫 非ホジキンリンパ腫 浸潤性子宮頸癌 原虫症 ウイルス感染症[kompas.hosp.keio.ac.jp] 小腸炎を起こし、一ヶ月以上の下痢が続き体重が減少する イソスポーラ(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎) 細菌感染 非定型抗酸菌(肺、皮膚、頚部もしくは肺門リンパ節以外の部位、または、これに加え全身性に播種したもの) 化膿性細菌感染 再発性サルモネラ菌血症 活動性結核 ウイルス感染症 サイトメガロウイルス感染症(肝、脾、リンパ節以外) 単純[kyumed.jp]

  • 再生不良性貧血

    好中球はわたしたちの体を細菌感染から守るため重要なはたらきをしているので、好中球が減ると細菌感染を起こしやすくなります。細菌感染を起こすと一般に熱が出ます。肺で細菌感染がおきると肺炎になります。また、敗血症のような重症の細菌感染になりやすくなります。[medicalnote.jp] 白血球が少なくなると、肺炎などの細菌感染を起こしやすくなります。血小板が少なくなると、出血しやすくなります。血球の数は減りますが、多くの場合、それぞれの血球の形態や機能などは正常に保たれています。 国の定める「指定難病」の一つで、我が国の罹患数は年間約1,000人と考えられています。[saiseikai.or.jp] 白血球のうち好中球は主に細菌を殺し、リンパ球は主にウイルス感染を防ぎます。したがって、好中球が減ると肺炎や 敗血症 のような重症の細菌感染になりやすくなります。 血小板は出血を止める働きをしているので、少なくなると出血しやすくなります。よく見られるのは皮膚の 点状出血 ・紫斑や鼻出血、歯肉出血などです。[nanbyou.or.jp]

  • 上気道感染症

    二つの病原体による感染である。鼠咬症スピリルムというらせん菌とストレプトバチルスという細菌が原因病原体で、おもに、ネズミに噛まれることで感染する。ネズミの排泄物で汚染された水や牛乳からも感染する。人から人への感染はない。[biseibutu.co.jp] また,ウイルス性胃腸炎など呼吸器系以外のウイルス感染,EBウイルス,サイトメガロウイルスなどの全身性ウイルス感染による発熱も「かぜ」と呼ばれることがある。感染性心内膜炎などの細菌感染や膠原病など原因不明の発熱を呈する疾患も特に初期には一見すると「かぜ」様の症状にみえることがある。これらの事情が,混乱に拍車をかけていると考えられる。[igaku-shoin.co.jp] A群β溶連菌が咽頭についておきるのが溶連菌感染です。のどがとても痛く、熱の出るのが特徴。抗生物質による治療が必要です。 百日咳は、吐くほどの強い咳込みがおきる細菌感染です。初期にしっかり抗生物質と使わないと、咳が100日ほども続きます。乳児では無呼吸発作をおこすこともあります。[kodomo-iin.com]

  • 多発性骨髄腫

    クローナルな形質細胞比率10%以上 臓器障害あり※ ※臓器障害とは 高カルシウム血症 11mg/dlまたは基準値より1mg/dlを超える上昇 腎不全 Cre 2mg/dl 貧血 Hbが基準値より2g/dl以上低下または10g/dl未満 骨病変 溶血病変または圧迫骨折を伴う骨粗鬆症(MRI,CT) 過粘稠症候群、アミロイドーシス、年2回以上の細菌感染[shonankamakura.or.jp] 【日和見(ひよりみ)感染について】 日和見感染とは、健康な人には害のないような弱い細菌や真菌(カビ)、ウイルスなどにより感染を発症することです。血液がんにより、あるいは治療中に起こりやすい感染で、重症化する場合もあります。 人はさまざまなウイルスや細菌、真菌などから感染を受けながら、体の中の状態を維持しています。[ganjoho.jp] 3_発熱、出血傾向 発熱の主な原因は正常の抗体がつくられにくくなるために細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まり感染を合併しやすくなるためですが、多発性骨髄腫の病気自体のために発熱を伴うこともあります。血小板が減少することにより出血しやすくなるため、皮下出血、鼻出血、歯肉出血などがみられることもあります。[uwajima-mh.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    非常に感染を起こしやすい状態であり、さらに細菌やカビなどのさまざまな菌やウイルスなどの病原体と戦う白血球が減るため、肺炎や敗血症などの感染を起こすことがあります。 対策 時間がたつにつれて、白血球の数は自然に回復しますが、G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)という白血球をふやす薬を使うこともあります。[ganjoho.jp] 慢性リンパ性白血病の低リスク群では無症状のまま無治療でも天寿を全うすることもあるが、病期が進行してくると貧血や血小板減少が進み、細菌や真菌などの日和見感染や自己免疫疾患を伴うこともある。 白血病の検査では血液検査と骨髄検査が主になる。[ja.wikipedia.org] その中で最も多いのが『膿皮』、つまり細菌感染による皮膚炎です。 その原因となる細菌は多くが「表皮ブドウ球菌 S.intermedius 」というものです。(ただし、すでに抗生剤による治療を繰り返している場合は、他の菌種が増えていることも多いです。)この細菌はもともと皮膚の常在菌で、正常な犬の皮膚や粘膜の上に付着しています。[takaoka-ac.com]

  • ウイルス性下気道感染症

    CRP 0.4mg/dl以下 正常 CRP 0〜2 ウイルス感染の疑い CRP 2〜5 ウイルス感染 細菌感染 CRP 5以上 細菌感染 CRP 10以上 抗生剤点滴が必要なことが多い[ayase-jibika.jp] その印象は正しく、ウイルス感染細菌感染と違って、多領域に症状を出すという特徴があります 1) 。この多領域を、何でもありとするとわけが分からなくなり、何でも急性上気道炎と言ってしまうようになるので、次のように考えるとよいでしょう。[hhk.jp] 二次的な細菌感染を合併することがある(いわゆる,かぜをこじらせた状態). 基本的治療方針 : 治療は,基本的には安静のみ .もしくは, 対症的に,症状の軽減 を計る.[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

さらなる症状