Create issue ticket

考えれる503県の原因 細菌性髄膜炎

  • 急性副鼻腔炎

    急性鼻副鼻腔炎とは、「急性に発症し、発症から4週間以内の鼻副鼻腔の感染症で、鼻閉、鼻漏、後鼻漏、咳嗽といった呼吸器症状を呈し、頭痛、頬部痛、顔面圧迫感などを伴う疾患」と定義されています。当院では、急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン2010年版をもとに診断、治療、説明を行っています。 鼻処置、鼻ネブライザーの重要性、抗生剤の内服を開始するタイミングなどについて解説します。 鼻鏡あるいは内視鏡を使って、鼻内を観察します。 鼻水の性状、量を診断したり、アレルギーがないか、鼻茸(ポリープ)や腫瘍(できもの)ができていないかなども確認します。 写真は、粘膿性中等度以上の鼻漏です。[…][takemura-jibika.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • 糖尿病

    -「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果- 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)と平成5年(1993年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、東京都葛飾区、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の11保健所(呼称は2009年現在)管内にお住まいだった方々のうち、ベースラインおよび研究開始から5年後に行なった調査時に糖尿病やがん、循環器疾患になっていなかった40[…][epi.ncc.go.jp]

  • 急性中耳炎

    急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん、Acute otitis media)とは、真正細菌が中耳に感染して急性の炎症を起こす疾患である。一般に中耳炎という場合、この疾患を指すことが多い。 細菌が中耳に感染する経路として大きく分けて以下の3つがある。 経耳管性 中耳は耳管によって咽頭と連絡しているが、鼻腔や上咽頭に感染が起こることで、起炎菌が中耳へと侵入する。乳幼児では耳管が成人と比べて短く、内腔が太い上に水平に近いので中耳に細菌が侵入しやすい。乳幼児に急性中耳炎が起こりやすいのもこのためである。起炎菌は5歳以下ではインフルエンザ菌が、それ以後は溶血性連鎖球菌や肺炎球菌が多い。 経外耳道性[…][ja.wikipedia.org]

  • 頭蓋骨骨折

    また、炎症が生じると細菌迷路 bacterial labyrinthitis となり、炎などを招いて致死的経過を辿る場合もある。内耳の損傷は線維化、骨新生など回復不可能な病的変化を続発することが多く、難聴の予後は悪い。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    細菌 (国立感染症研究所) 細菌の診療ガイドライン (日本神経学会)[idsc.tokyo-eiken.go.jp] (3)届出基準 ア 患者(確定例) 指定届出機関の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から細菌が疑われ、かつ、(4)及び(5)により、細菌患者と診断した場合には、法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜日に届け出なければならない。[pref.tottori.lg.jp] 細菌 Bacterial meningitis(菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌を原因として同定された場合を除く。) 更新日:2018年11月27日 細菌は、様々な細菌の感染によって髄膜(脳や脊髄を覆う膜)に炎症を起こす疾患の総称です。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 感染防御学講座 微生物学分野 小児細菌・菌血症の疫学研究(鹿児島スタディ) 私たちは、小児細菌などの侵襲細菌感染症を減らすことを目標に、鹿児島県の小児科医のみなさんのご協力のもと、鹿児島県における発生状況を調査しています。[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 小児細菌・菌血症の疫学研究(鹿児島スタディ) - 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・微生物学分野[ja.wikipedia.org] 小児および高齢者用肺炎球菌ワクチン:プレベナー13 Prevenar PCV13( ファイザー ) 2010年 2月に、日本で沈降7価肺炎球菌結合型ワクチン(無毒変異 ジフテリア 毒素結合体)が市販され、細菌 などの肺炎球菌感染症を予防する目的で、乳幼児への接種が可能となった。世界101の国・地域で承認されている。[ja.wikipedia.org]

  • クモ膜下出血

    多くの患者さんではこうした治療により術後感染の問題は生じませんが、患者さんの抵抗力が弱かったり、抗生剤の効き目が悪かったりすると術後、細菌、脳膿瘍、皮下膿瘍、硬膜外膿瘍などの感染性合併症を生じる可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 髄膜癌腫症

    液細胞数が1000/μl以下の時の細菌、あるいはリステリア菌による細菌髄液のリンパ球増加が報告されている。リンパ球増多はリステリア菌の症例の約25%で報告されている。 液糖/血液糖比は0.6以下が異常値であり0.4以下は細菌を強く疑う 。液糖/血液糖比が低下する病態の代表は 細菌 である。[ja.wikipedia.org] 液検査で先述の細菌を考慮する必要がある所見があれば、 抗菌薬は細菌に準じて投与する。 免疫不全者であれば、なおさらこの判断は推奨される。 糖低下や細胞数高値などがあれば、抗菌薬投与は「手堅い」診療である。 ウイルス疑いでも細菌の診断について悩むなら、抗菌薬投与の上、髄液検査を入院後再検する。[slide.antaa.jp] 多くの患者さんではこうした治療により術後感染の問題は生じませんが、患者さんの抵抗力が弱かったり、抗生剤の効き目が悪かったりすると術後、細菌、脳膿瘍、皮下膿瘍、硬膜外膿瘍などの感染性合併症を生じる可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 髄膜炎

    山口県感染症情報センター / 2011.4作成 2012.6更新 細菌とは インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、リステリア など の細菌感染による髄膜炎です。 抗菌薬が発達した現代でも発症すれば致死率が高く、また救命できても重篤な後遺症を残すことがあります。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp] 細菌 元気な子どもでも、ふだんは鼻やのどにいる細菌が血液の中に入ることがあり、その菌が脳を包むについて炎症を起こす病気です。そして最終的には脳そのものなどに病気を起こします。 細菌を予防するワクチンが導入される前の日本では、年間約1,000人の子どもが細菌(昔は脳膜炎と言いました)にかかっていました。[know-vpd.jp] しかしながら、30 年以上にわたる努力と議論から明らかにされる一つの最も重要なテーマは、ステロイドによる補助的療法は世界的に、特に細菌に関連した罹病率や死亡率の割合が異常に高い、医療が十分に行き届いていない地域では、細菌の公衆衛生上の負担に対して大きなインパクトは与えないのではないかという点である。[natureasia.com]

さらなる症状