Create issue ticket

考えれる322県の原因 細菌性脳炎

  • 細菌性髄膜炎

    この項では、炎症の原因を感染症と、自己免疫脳炎に分けて説明をします。 1.感染髄膜炎・脳炎 症状 細菌髄膜炎: 代表的なものは頭痛、発熱、意識障害、首の硬直です。炎症が脳にまで及ぶと意識がぼんやりして普段と様子が異なったり、けいれんが起こることがあります。[utanohosp.jp] 表1 髄膜炎と鑑別が必要な疾患 細菌髄膜炎,ウイルス性髄膜炎/脳炎(特に単純ヘルペス),頭蓋内出血,脳膿瘍/硬膜外膿瘍,血栓性海綿静脈洞炎,急性中毒,SLE,HIV 結核性髄膜炎,真菌性髄膜炎(特にクリプトコッカス),脳膿瘍/硬膜外膿瘍,脳腫瘍,神経梅毒,寄生虫性髄膜炎,非感染性髄膜炎,サルコイドーシス,ベーチェット病など 表2 細菌性髄膜炎[igaku-shoin.co.jp] 炎症がくも膜下腔から脳実質に及ぶと意識障害や痙攣といった神経症状を起こし、髄膜脳炎(meningoencephalitis)に至る。細菌髄膜炎の日本における年間発生率は年間約1500人でありその75%ほどは小児であり25%が成人である。[ja.wikipedia.org]

  • 外傷性頭蓋内気腫

    検査 4.治療 5.舌咽神経痛 b.不随意運動 [片山容一] 1.代表疾患 2.治療と適応 c.疼痛性疾患 [平 孝臣] 1.代表的疾患 2.治療各論 d.てんかん [橋詰清隆,田中達也] 1.診断と脳波所見 2.画像診断 3.治療と適応 G.感染(炎症) a.脳膿瘍 [高橋 淳] 1.脳膿瘍 2.硬膜下膿瘍 b.髄膜炎 [高橋 淳] 1.細菌髄膜炎[chugaiigaku.jp] 疼痛性疾患 [平 孝臣] 638 1.代表的疾患 638 2.治療各論 641 d.てんかん [橋詰清隆,田中達也] 647 1.診断と脳波所見 647 2.画像診断 648 3.治療と適応 652 G.感染(炎症) 659 a.脳膿瘍 [高橋 淳] 660 1.脳膿瘍 660 2.硬膜下膿瘍 661 b.髄膜炎 [高橋 淳] 662 1.細菌髄膜炎[kinokuniya.co.jp] 2.結核性髄膜炎 3.真菌性髄膜炎 4.ウイルス性髄膜炎 c.ウイルス性脳炎 [水谷智彦] 1.疫学 2.概念 3.病態機序 4.臨床症候 5.検査所見 6.診断 7.治療 8.鑑別診断 9.予後 d.後天性免疫不全症候群(AIDS)[村井弘之,吉良潤一] 1.HIVのタイプ 2.AIDSにみられる中枢神経感染症 3.AIDSにみられる他[chugaiigaku.jp]

  • 髄膜炎菌性髄膜炎

    表1 髄膜炎と鑑別が必要な疾患 細菌髄膜炎,ウイルス性髄膜炎/脳炎(特に単純ヘルペス),頭蓋内出血,脳膿瘍/硬膜外膿瘍,血栓性海綿静脈洞炎,急性中毒,SLE,HIV 結核性髄膜炎,真菌性髄膜炎(特にクリプトコッカス),脳膿瘍/硬膜外膿瘍,脳腫瘍,神経梅毒,寄生虫性髄膜炎,非感染性髄膜炎,サルコイドーシス,ベーチェット病など 表2 細菌性髄膜炎[igaku-shoin.co.jp] 四類感染症)、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、バンコマイシン耐性腸球菌感染症(以上、五類感染症)、細菌性髄膜炎、ペニシリン耐性肺炎球菌感染症、マイコプラズマ肺炎、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症、薬剤耐性緑膿菌感染症(以上、五類感染症(定点把握対象)) 届出様式:重症急性呼吸器症候群(二類感染症)、細菌赤痢[city.sendai.jp] またくも膜下腔への化膿浸出物は脳底部大径動脈の狭窄を引き起こす。 細菌髄膜炎の鑑別疾患としては単純ヘルペスウイルス脳炎(ヘルペス脳炎)やリケッチア症などがあげられる。局所神経脱落症状がある場合は硬膜下膿瘍、硬膜外膿瘍、脳膿瘍など局所性化膿性中枢神経系感染症も鑑別に考慮される。[ja.wikipedia.org]

  • レプトスピラ性髄膜炎

    (Vol. 28 p. 344-344: 2007年12月号) 細菌の急性脳炎あるいは脳症は、中枢神経系症状を呈する細菌感染症の重篤な合併症である。ウイルスのものに比べると、報告数は非常に少ない。 細菌脳炎は、細菌の髄膜炎、呼吸器感染などと関連して発生することが多い。[idsc.nih.go.jp] 感染症法疾患の新規届出数(平成29年度) 二類感染症 結核 14 三類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 5 四類感染症 レジオネラ症 2 五類感染症 梅毒 アメーバ赤痢 侵襲肺炎球菌感染症 後天免疫不全症候群(HIV感染症を含む) カルバペネム耐性腸内細菌細菌感染症 ウイルス肝炎 急性脳炎 劇症型溶血性連鎖球菌感染症 ジアルジア症 11[toshima-hp.jp] (E型肝炎及びA型肝炎を除く)、カルパペネム耐性腸内細菌細菌感染症、急性弛緩麻痺、急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎、日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く)、クリプトスポリジウム症、クロイツフェルト・ヤコブ病、劇症型溶血性レンサ球菌感染症、後天性免疫不全症候群、ジアルジア症、侵襲性インフルエンザ[city.hamamatsu.shizuoka.jp]

  • 野兎病髄膜炎

    (2)結核 (6)鳥インフルエンザ(H5N1) (3)ジフテリア (7)鳥インフルエンザ(H7N9) (4)重症急性呼吸器症候群(SARS) 3類 (直ちに届出) (1)コレラ (4)腸チフス (2)細菌赤痢 (5)パラチフス (3)腸管出血性大腸菌感染症 4類 (直ちに届出) (1)E型肝炎 (23)東部ウマ脳炎 (2)ウエストナイル熱[city.sakai.lg.jp] ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く) クリプトスポリジウム症 後天性免疫不全症候群 性器クラミジア感染症 梅毒 麻しん メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症 アメーバ赤痢 RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血レンサ球菌咽頭炎 カルバペネム耐性腸内細菌細菌感染症 感染胃腸炎 急性出血性結膜炎 急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部[e-kango.net] 球菌咽頭炎、カルバペネム耐性腸内細菌細菌感染症、感染胃腸炎、急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介性脳炎、東部ウマ脳炎、日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く)、クラミジア肺炎(オウム病を除く)、クリプトスポリジウム症、クロイツフェルト・ヤコブ病、劇症型溶血性レンサ球菌感染症、後天性免疫不全症候群、細菌性髄膜炎[suirikyo.or.jp]

  • 黄色ブドウ球菌髄膜炎

    ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く) クリプトスポリジウム症 後天性免疫不全症候群 性器クラミジア感染症 梅毒 麻しん メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症 アメーバ赤痢 RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血レンサ球菌咽頭炎 カルバペネム耐性腸内細菌細菌感染症 感染胃腸炎 急性出血性結膜炎 急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部[e-kango.net] 四類感染症)、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、バンコマイシン耐性腸球菌感染症(以上、五類感染症)、細菌性髄膜炎、ペニシリン耐性肺炎球菌感染症、マイコプラズマ肺炎、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症、薬剤耐性緑膿菌感染症(以上、五類感染症(定点把握対象)) 届出様式:重症急性呼吸器症候群(二類感染症)、細菌赤痢[city.sendai.jp] 指導医 重要なポイントですね.この患者は最初右耳痛があり,中耳炎は肺炎球菌が起因菌となる頻度が高いので,そこから髄腔への波及を疑うのは大切です.意識障害を伴っているので,肺炎球菌をはじめとする細菌髄膜炎のほか,ウイルス性(特にヘルペスウイルス)脳炎,さらに結核性や真菌性の髄膜炎も考えなければならないでしょう.このように,年齢や病歴,基礎疾患[igaku-shoin.co.jp]

  • 風邪

    経過が短いもの(経過が短いものは急速に増悪し、治療が間に合わないこともある) インフルエンザ 急性喉頭蓋炎 咽頭後壁膿瘍・口底蜂窩織炎 髄膜炎・脳炎 心筋炎 レミエール症候群(細菌頸静脈炎) 慢性骨髄性白血病急性転化 糖尿病性ケトアシドーシス 経過が長いもの(正しい診断にいたるまで時間がかかることがある) マイコプラズマ感染症 クラミジア[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性上気道感染症

    頭痛、腰痛、筋肉痛、関節痛、鼻づまり、咳、痰、のどの痛み おもな症状 くしゃみ、鼻汁、鼻づまり、咳、のどの痛み、軽い発熱、全身倦怠感 強い 悪寒 軽度、きわめて短期 38 40 (3 4日間) 熱(期間) ないか、もしくは微熱 強い 倦怠感 ほとんどない、弱い 強い 全身症状 ない 気管支炎、中耳炎、副鼻腔炎、クループ、インフルエンザ肺炎、細菌肺炎[pro.saraya.com] 旧第一類と比較すると、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病、ラッサ熱が加わり、赤痢(細菌赤痢を除く)、痘瘡、発疹チフス、猩紅熱、流行性脳脊髄膜炎及び日本脳炎は今回の改正で削除されました。なお、痘瘡(天然痘)は地球上から根絶しました。[nagaoka-med.or.jp] 、肝障害、熱性けいれん、ライ症候群、ギラン・バレー症候群、脳炎・脳症(特に乳幼児)、心筋炎、腎不全など 合併症 まれ(副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、中耳炎、結膜炎、髄膜炎など) インフルエンザウイルス(11月 4月頃) 病原体 (流行期) ライノウイルス(冬期)、アデノウイルス(年中)、コロナウイルス(冬期 春期)、RSウイルス(11月 3月頃[pro.saraya.com]

  • インフルエンザ

    インフルエンザ】 高度 【かぜ】 ほとんどない 鼻汁、鼻閉 【インフルエンザ】 後期より著しい 【かぜ】 初期より著しい 咽頭 【インフルエンザ】 充血 および ときに扁桃腫脹 【かぜ】 やや充血 結膜 【インフルエンザ】 充血 【かぜ】 アデノではある 咽頭結膜熱では特にひどい 合併症 【インフルエンザ】 気管支炎、インフルエンザ肺炎 細菌脳炎[ddmap.jp]

  • 細菌性脳炎

    原 因 ウイルスあるいは細菌脳炎によって、回復したあとも脳になんらかの異常が残ることが原因です。 ウイルス脳炎には、単純ヘルペス脳炎、日本脳炎、狂犬病、水痘帯状疱疹脳炎などがあります。細菌脳炎には、マイコプラズマ脳炎、結核、リステリアなどが挙げられます。 症状・経過 基礎にある病変の経過にともなって変化します。[heartclinic-machida.com] (Vol. 28 p. 344-344: 2007年12月号) 細菌の急性脳炎あるいは脳症は、中枢神経系症状を呈する細菌感染症の重篤な合併症である。ウイルスのものに比べると、報告数は非常に少ない。 細菌脳炎は、細菌の髄膜炎、呼吸器感染などと関連して発生することが多い。[idsc.nih.go.jp] 一方、慢性、進行に炎症をおこす病気もあり、その場合は認知症の症状も進行です。 細菌脳炎や日本脳炎、単純ヘルペス脳炎、エイズ等のウィルス性脳炎や「プリオン」と呼ばれる特殊な蛋白の感染によるクロイツフェルト・ヤコブ病などがこういった認知症の原因として重要です。[tyojyu.or.jp]

さらなる症状