Create issue ticket

考えれる307県の原因 細胞膜破壊

  • 化膿レンサ球菌

    分泌される毒素、酵素ストレプトリジン(ストレプトリシン) 溶血素、すなわち赤血球などの細胞破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。組織破壊による感染巣の拡大や、免疫細胞による排除に対する抵抗性に関与する。ストレプトリジンOとストレプトリジンSの二種類があり、大部分の菌株がこの両者を産生する。[ja.wikipedia.org] 分泌される毒素、酵素 ストレプトリジン (ストレプトリシン) 溶血素 、すなわち赤血球などの細胞破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。組織破壊による感染巣の拡大や、免疫細胞による排除に対する抵抗性に関与する。ストレプトリジンOとストレプトリジンSの二種類があり、大部分の菌株がこの両者を産生する。[ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    細菌発育阻止作用を生じさせるには,そのままの状態で使用するのではなく,潰す,磨りおろす,細かく切る,液状にするなどの操作を行い細胞破壊することが必要である。3. 発育阻止作用は,加熱処理,乾燥によって失われる。[ci.nii.ac.jp] 細菌発育阻止作用を生じさせるには,そのままの状態で使用するのではなく,潰す,磨りおろす,細かく切る,液状にするなどの操作を行い細胞破壊することが必要である。3. 発育阻止作用は,加熱処理,乾燥によって失われる。 雑誌書誌ID AN1012144X 雑誌名 和洋女子大学紀要.[id.nii.ac.jp]

  • レンサ球菌感染

    分泌される毒素、酵素 ストレプトリジン (ストレプトリシン) 溶血素 、すなわち赤血球などの細胞破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。組織破壊による感染巣の拡大や、免疫細胞による排除に対する抵抗性に関与する。ストレプトリジンOとストレプトリジンSの二種類があり、大部分の菌株がこの両者を産生する。[ja.wikipedia.org]

  • 歯周病

    例えば、P.gingivalis の代謝物質には、コラゲナーゼ、トリプシン様酵素、ヒアルロニダーゼ等があり歯根、周囲の線維芽細胞、骨芽細胞などを直接破壊すると報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • モラクセラ・カタラーリス

    抗菌薬の種類はその作用店により、最近の細胞壁合成を阻害するβ-ラクタム系(ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系)、DNA合成を阻害するアミノグリコシド系・マクロライド系・テトラサイクリン系、細胞破壊するグリコペプチド系など多数あります。 しかし、抗菌薬であればどの細菌にでも効く訳ではありません。[ok-tsurumi.com] その後、細菌細胞を、例えば、細胞ホモジナイザー中で破壊することにより溶解させ、そして遠心分離して、可溶性細胞成分から濃密な封入体および細胞を分離する。これにより濃厚な封入体が、しょ糖のような糖を緩衝液に組込み、そして選択速度で遠心分離することによって選択的に富化される条件下で、この遠心分離を行うことができる。[biosciencedbc.jp]

  • 黄色ブドウ球菌

    血清中において異物認識に与る抗体やレクチンは,直接的には標的となるウイルスや毒素の中和や凝集により感染力や毒力を低減し,またオプソニンと呼ばれる病原体の貪食目印として食細胞による標的の貪食を誘起する.一方,間接的にはその認識シグナルが補体のプロテアーゼカスケードにより増幅されることを通じ,標的の細胞破壊や,補体成分をオプソニンとした食細胞[katosei.jsbba.or.jp]

  • 血小板減少症

    概要 1.概要 本疾患は、血小板蛋白に対する自己抗体が発現し、血小板に結合する結果、主として脾臓における網内系細胞での血小板の破壊が亢進し、血小板減少を来す自己免疫性疾患である。最近、欧米において本症は、一次性免疫性血小板減少症(primary immune thrombocytopenia)と呼ばれることが多い。[nanbyou.or.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    「脱殻」:ウイルスがヒト細胞内へ侵入後、自身の破壊しウイルスのRNAがヒト細胞内に放出 「M2蛋白機能阻害薬」と呼ばれる (注) M2蛋白機能阻害薬が効果を発揮するのはM2蛋白構造をもつA型インフルエンザウイルスだけ 「転写・複製」:細胞内へ放出されたRNAは核内に取り込まれ転写・複製が別個に行われウイルスが増殖 「RNAポリメラーゼ阻害薬[self-medication.ne.jp]

  • シュードモナス属

    垂直感染 スフェロプラスト (spheroplast:スフェロプラスト) グラム陰性菌をEDTAとリゾチームで処理すると、ペプチドグリカン層が破壊され、細胞と細胞壁の一部が残った球状の細胞ができる。これをスフェロプラストという。[au-techno.com]

  • 変形性膝関節症

    このように軟骨破壊の主役であるメタロプロテアーゼは軟骨細胞および滑細胞から産生されます。軟骨は一度、変性のサイクルに入ると自分自身が産生したメタロプロテアーゼによって周囲の軟骨を破壊する現象が見られます。一方、OAの病態では軟骨細胞だけではなく滑細胞も重要で、滑膜炎が実際の疼痛や関節水腫の発生に関与しています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

さらなる症状