Create issue ticket

考えれる140県の原因 細胞膜破壊

  • 化膿レンサ球菌

    分泌される毒素、酵素ストレプトリジン(ストレプトリシン) 溶血素、すなわち赤血球などの細胞破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。組織破壊による感染巣の拡大や、免疫細胞による排除に対する抵抗性に関与する。ストレプトリジンOとストレプトリジンSの二種類があり、大部分の菌株がこの両者を産生する。[ja.wikipedia.org] 分泌される毒素、酵素 ストレプトリジン (ストレプトリシン) 溶血素 、すなわち赤血球などの細胞破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。組織破壊による感染巣の拡大や、免疫細胞による排除に対する抵抗性に関与する。ストレプトリジンOとストレプトリジンSの二種類があり、大部分の菌株がこの両者を産生する。[ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    細菌発育阻止作用を生じさせるには,そのままの状態で使用するのではなく,潰す,磨りおろす,細かく切る,液状にするなどの操作を行い細胞破壊することが必要である。3. 発育阻止作用は,加熱処理,乾燥によって失われる。[ci.nii.ac.jp] 細菌発育阻止作用を生じさせるには,そのままの状態で使用するのではなく,潰す,磨りおろす,細かく切る,液状にするなどの操作を行い細胞破壊することが必要である。3. 発育阻止作用は,加熱処理,乾燥によって失われる。 雑誌書誌ID AN1012144X 雑誌名 和洋女子大学紀要.[id.nii.ac.jp]

  • レンサ球菌感染

    分泌される毒素、酵素 ストレプトリジン (ストレプトリシン) 溶血素 、すなわち赤血球などの細胞破壊することで細胞や組織に対する毒性を示す菌体外酵素。組織破壊による感染巣の拡大や、免疫細胞による排除に対する抵抗性に関与する。ストレプトリジンOとストレプトリジンSの二種類があり、大部分の菌株がこの両者を産生する。[ja.wikipedia.org]

  • 歯周病

    例えば、P.gingivalis の代謝物質には、コラゲナーゼ、トリプシン様酵素、ヒアルロニダーゼ等があり歯根、周囲の線維芽細胞、骨芽細胞などを直接破壊すると報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 血小板減少症

    概要 1.概要 本疾患は、血小板蛋白に対する自己抗体が発現し、血小板に結合する結果、主として脾臓における網内系細胞での血小板の破壊が亢進し、血小板減少を来す自己免疫性疾患である。最近、欧米において本症は、一次性免疫性血小板減少症(primary immune thrombocytopenia)と呼ばれることが多い。[nanbyou.or.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    「脱殻」:ウイルスがヒト細胞内へ侵入後、自身の破壊しウイルスのRNAがヒト細胞内に放出 「M2蛋白機能阻害薬」と呼ばれる (注) M2蛋白機能阻害薬が効果を発揮するのはM2蛋白構造をもつA型インフルエンザウイルスだけ 「転写・複製」:細胞内へ放出されたRNAは核内に取り込まれ転写・複製が別個に行われウイルスが増殖 「RNAポリメラーゼ阻害薬[self-medication.ne.jp]

  • 食品媒介疾患

    細菌発育阻止作用を生じさせるには,そのままの状態で使用するのではなく,潰す,磨りおろす,細かく切る,液状にするなどの操作を行い細胞破壊することが必要である。3. 発育阻止作用は,加熱処理,乾燥によって失われる。 収録刊行物 和洋女子大学紀要 家政系編 和洋女子大学紀要 家政系編 (29), p13-19, 1989-03 和洋女子大学[ci.nii.ac.jp] 細菌発育阻止作用を生じさせるには,そのままの状態で使用するのではなく,潰す,磨りおろす,細かく切る,液状にするなどの操作を行い細胞破壊することが必要である。3. 発育阻止作用は,加熱処理,乾燥によって失われる。 雑誌書誌ID AN1012144X 雑誌名 和洋女子大学紀要.[id.nii.ac.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    その他の治療法について ガンマナイフ(特殊な放射線治療装置)による治療 髄腫に対し放射線を集中的に浴びせその腫瘍細胞破壊してしまうガンマナイフによる治療が始められ、現在では健康保険の適応も受けています。[n-watanabe-hosp.jp]

  • 肝硬変

    の小孔は消失して基底様変化を起こし,類洞は毛細血管化して血流障害が生じ,肝小葉構造が破壊され,肝内短絡絡(肝内シャント)の形成,側副血行路(肝外短絡路)の形成などの血流異常をひきおこす.[kotobank.jp] (matrix metalloproteinase:MMP)とその阻害物質であるtissue inhibitor of matrix metalloproteinase(TIMP)を産生し,細胞外マトリックスの産生と分解の両方にかかわっている.慢性肝障害では,線維産生が線維分解を上回る状態となり,Disse腔に線維が過剰に沈着すると,内皮細胞[kotobank.jp]

  • ハチ刺され

    蜂刺症(はちししょう)とは、ハチに刺され、ハチの持っている毒による痛みや腫れ、結合組織破壊、血圧降下、細胞透過性亢進などさまざまな症状が起こることです。 重症化するとアナフィラキシーショックを引き起こし、死に至ることもあります。[xn--cckyb8ika7450e78m704d6wf.com]

さらなる症状