Create issue ticket

考えれる36県の原因 細胞性免疫不全

  • 伝染性単核球症

    サイトメガロウイルスにはガンシクロビル(GCV)が有効である可能性があるが、骨髄抑制、腎障害など重篤な副作用があるため、伝染単核症には通常用いられない(GCVは造血幹細胞移植後など、免疫不全状態の患者の重篤なCMV感染症に適応がある)。[ja.wikipedia.org] EBウイルスによる伝染単核球症は通常、約4 - 6週間で症状は自然になくなるが、まれに数ヶ月以上症状が持続し、全身状態が極めて重篤となる極めて予後不良の例があることが知られるようになった。このような例ではEBウイルスが持続的に活動していることが証明され、慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)という病態として区別される。[ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 胎児栄養失調
  • 再生不良性貧血

    再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ、英: Aplastic anemia、略称: AA)とは骨髄機能低下による貧血の1つ。英語の正確な和訳は低形成貧血であり、日本語の「再生不良性」は別の研究者が提唱したaregenerative anemiaを和訳したものである。1950年代頃までは汎骨髄癆(はんこつずいろう)という名称も用いられた。 1888年にドイツの医学者パウル・エールリヒが、汎血球減少と子宮出血を起こして死亡した21歳女性を剖検したところ、大腿骨の骨髄髄質が脂肪化していたことを発見し、aplastische[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 白血赤芽球性貧血
  • 後天性免疫不全症候群

    抄録 HIV(human immunodeficiency virus)感染症は単なる「細胞免疫不全を来す疾患」ではなく,慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」であり,それに伴い虚血性心疾患のリスク増加を含む,多様な病原性を示すことが明らかになってきている.治療開始時期は次第に早期化へ向かっており,米国では2011年にHIV感染者全員[doi.org] 後天免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身炎症性疾患」としている。[ja.wikipedia.org] AIDSの直接的な死因は日和見感染症やがんであり、いずれも多くの場合、進行免疫不全の結果として生じる。がんのリスクはCD4陽性細胞数が500 /μlを下回ると増加するようである。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡、英語: Systemic lupus erythematosus; SLE, ドイツ語: Lupus erythematodes)とは、なんらかの原因によって種々の自己抗体を産生し、それによる全身性の炎症性臓器障害を起こす自己免疫疾患。産生される自己抗体の中でも、抗DNA抗体は特異的とされる。特定疾患(難病)に指定されている。動脈硬化性心血管病による死亡率および罹病率も高い。 全身性は文字通り体中どこにでも症状が起こること、エリテマトーデスは紅斑(エリテマ)症をそれぞれ意味し、本疾患に特徴的に生じる皮疹に由来する。英語の病名中にある lupus[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    6月 ストーリー / 2019年 6月 13日 先駆的なビジネスアプローチで、インドの村の医療を拡充 ヘルシーファミリープログラムで、健康に関する教育と、医師や医薬品へのアクセス改善を同時に実現する さらに詳しく 報道関係者向けお知らせ / 2019年 6月 11日 ノバルティスが新規吸入配合剤治療(QVM149)における第II相臨床試験結果から、標準治療の吸入療法に対し有意に改善した結果を発表 さらに詳しく 報道関係者向けお知らせ / 2019年 6月 10日 ノバルティス、重症スギ花粉症患者におけるオマリズマブの効果と安全性、QOLおよび労働生産性についての結果を発表 さらに詳しく 5月[…][novartis.co.jp]

  • ホジキン病

さらなる症状