Create issue ticket

考えれる621県の原因 細胞性免疫不全

  • 伝染性単核球症

    サイトメガロウイルスにはガンシクロビル(GCV)が有効である可能性があるが、骨髄抑制、腎障害など重篤な副作用があるため、伝染単核症には通常用いられない(GCVは造血幹細胞移植後など、免疫不全状態の患者の重篤なCMV感染症に適応がある)。[ja.wikipedia.org] EBV- HPSは明らかな免疫異常を伴わずに起こるほか、家族あるいは非家族免疫不全 症、慢性活動EBV感染症、NK/T細胞白血病/リンパ腫などに合併して起こります。健 常者に生じるEBV-HPSならびEBV以外の感染症に伴うHPSについて概説します。[med.osaka-cu.ac.jp] 普遍的なEBVが、なぜ一部の個体でT細胞・NK細胞に感染するのか、またこれらの細胞がなぜ宿主免疫から回避するのか、未解明である。既知の先天・後天性免疫不全症候群が否定された場合に、本疾患と診断される。本症は、日本、韓国、中国北部などの東アジアの小児・若年成人を中心に発症するが、疾患概念が認知されるに従い成人例の報告も増えている。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    悪性リンパ腫 (ML) ホジキン病 (HL) 非ホジキン病 (NHL) 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫 (AILT) 血管免疫細胞リンパ節症 (AILD) 多発性骨髄腫 (MM) キャッスルマン病 クロウ・フカセ症候群 白血球減少症 後天免疫不全症候群 (AIDS) 血漿タンパク異常 マクログロブリン血症 (ICD-10: C88.0)[ja.wikipedia.org] IgM 型 免疫抗体 産生細胞である IgM産生B細胞 が 腫瘍 に増殖する 悪性腫瘍 。[ja.wikipedia.org]

  • 白血赤芽球性貧血

    腫瘍 では、急性リンパ球白血病、慢性リンパ球白 血病、悪性リンパ腫、成人T 細胞白血病で増加 します。一方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)(エ イズの原因ウイルス)による感染など、さまざま な原因によって血液中のリンパ球の数が減少する ことがあります。[mpn-japan.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    遺伝と環境因子(特にUV線曝露、EBウイルス感染およびホルモン因子)の相互作用によってSLEが発症すると、サイトカイン、T細胞、B細胞およびマクロファージレベルでの免疫不全状態が生じる。SLEの診断は主に臨床所見に基づいて行われるが、症状が多様であることが問題になっている。[natureasia.com]

  • 骨髄増殖性疾患

    リンパ腫 2 リンパ形質細胞リンパ腫 3 その他の医原免疫不全に伴うリンパ増殖疾患 6 末梢性 T 細胞リンパ腫分類不能 1 ALK陰性未文化大細胞リンパ腫 1 結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫 1 小計 39 例 形質細胞性腫瘍 多発性骨髄腫 8 MGUS 11 ALアミロイドーシス 2 小計 21 例 骨髄増殖性疾患 慢性骨髄性白血病[fujioka-hosp.or.jp] 診療実績 2017 年度新規患者数 疾患 症例数 急性白血病 急性骨髄性白血病 13 (治療関連骨髄性腫瘍 ※ 1 ) (5) 例 急性リンパ性白血病 1 小計 14 例 骨髄異形成症候群 8 小計 8 例 悪性リンパ腫 びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫 17 濾胞リンパ腫 4 マントル細胞リンパ腫 3 慢性リンパ白血病 1 MALT[fujioka-hosp.or.jp]

  • 胎児栄養失調
  • 再生不良性貧血

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) 再生不良性貧血(指定難病60) さいせいふりょうせいひんけつ (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1.概要 再生不良性貧血は、末梢血で汎血球減少症があり、骨髄が低形成を示す疾患である。血球減少は必ずしも全ての血球というわけではなく、軽症例では貧血と血小板減少だけで白血球数は正常ということもある。診断のためには、他の疾患による汎血球減少症を除外する必要がある。特に診断が紛らわしい疾患は、骨髄異形成症候群の不応性貧血(FAB分類)である。 2.原因[…][nanbyou.or.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    抄録 HIV(human immunodeficiency virus)感染症は単なる「細胞免疫不全を来す疾患」ではなく,慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」であり,それに伴い虚血性心疾患のリスク増加を含む,多様な病原性を示すことが明らかになってきている.治療開始時期は次第に早期化へ向かっており,米国では2011年にHIV感染者全員[doi.org] とっさの日本語便利帳 の解説 エイズ(後天免疫不全症候群) ヒト免疫不全ウイルス( HIV )によって起こる 感染症 。HIVの感染により 免疫担当細胞 の破壊、免疫不全が起こる。感染後、約一〇年で発症するといわれる。 下痢 、食欲不振、体重減少などで始まり、様々な感染症や 悪性腫瘍 を起こす。[kotobank.jp] AIDSとは、別名 後天免疫不全症候群 という病気の名称です。後天免疫とは、B細胞やキラーT細胞などによる 獲得免疫 のことを指します。つまり、AIDSは、 獲得免疫がうまく働かなくなる病気 なのです。 AIDSを引き起こす原因は、 HIV という ヒト免疫不全ウイルス です。[try-it.jp]

  • ランゲルハンス細胞組織球増殖症

    8人 横紋筋肉腫 6人 先天骨髄不全症候群 6人 急性骨髄白血病 5人 先天免疫不全症 5人 ランゲルハンス細胞組織球症 5人 骨髄移植・末梢血幹細胞移植ドナー 5人 再生不良貧血 3人 肝腫瘍 3人 骨肉腫 2人 ユーイング肉腫 2人 神経芽細胞腫 2人 胚細胞性腫瘍 2人 悪性リンパ腫 1人 血球貪食リンパ組織球症 1人 特発性血小板減少性紫斑病[med.hirosaki-u.ac.jp] 3例 14 ホジキン病 1例 血液疾患・免疫不全症 術式名 症例数 1 血小板減少性紫斑病 50例 2 再生不良性貧血 8例 3 サラセミア 3例 4 遺伝性球状赤血球症 3例 5 重症先天性好中球減少症 1例 6 巨赤芽球性貧血 1例 7 寒冷凝集素症 1例 8 G-6PD欠損症 1例 9 Wiskott-Aldrich症候群 1例 10[hosp.pref.okinawa.jp] 一般の方へ 診療の実績 平成28年度 平成27年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成28年度 診療実績 外来(新患・再来)患者延数 入院疾患名 血液グループ 再生不良性貧血/骨髄異形成症候群 94人 急性リンパ白血病 41人 脳・脊髄腫瘍 35人 先天骨髄不全症候群 22人 免疫血小板減少症 18人 骨髄移植・末梢血幹細胞移植[med.hirosaki-u.ac.jp]

さらなる症状