Create issue ticket

考えれる8県の原因 細胞外容量減少

  • 腎性糖尿

    腎性糖尿について解説します。 執筆者: 埼玉医科大学名誉教授・同大学かわごえクリニック院長 片山茂裕 腎性糖尿の解説(コラム) 糖尿病は英語ではdiabetes mellitusといい、「甘い尿」という意味です。したがって、尿に糖が出る病気ということになります。しかしながら、尿に糖が出ても、糖尿病でない場合もあります。 一般的には、血糖値が180mg/dLを超えていると、尿に糖が排泄されます。この値を境目の値ということで、閾値(いきち)といいます。この閾値が生まれつき低い人がいます。こういう人では、食後にわずかに血糖値が上がって130とか140mg/dLになっただけでも、尿に糖が排泄されます。[…][medical.itp.ne.jp]

  • 心臓性喘息

    カテコールアミン投与により心拍出量を増加させ、利尿剤投与により心臓への容量負荷を減少させるとともに肺間質の細胞液を減少させる。輸液量は制限されなければならない。酸素投与も行われる。[ja.wikipedia.org]

  • 低浸透圧

    細胞外液量の減少 がみられるが副腎機能は正常な患者では,生理食塩水の輸液によって通常は低ナトリウム血症および細胞液量減少の両方が是正される。血清ナトリウム濃度が120mEq/L未満の場合,血管内容量が回復しても低ナトリウム血症が完全には是正されないことがある;自由水の摂取量を24時間で500 1000mL以下に制限する必要が生じうる。[msdmanuals.com]

  • 塩類喪失

    細胞外液量の減少 がみられるが副腎機能は正常な患者では,生理食塩水の輸液によって通常は低ナトリウム血症および細胞液量減少の両方が是正される。血清ナトリウム濃度が120mEq/L未満の場合,血管内容量が回復しても低ナトリウム血症が完全には是正されないことがある;自由水の摂取量を24時間で500 1000mL以下に制限する必要が生じうる。[msdmanuals.com]

  • 橋中心髄鞘崩壊症

    細胞外液量の減少 がみられるが副腎機能は正常な患者では,生理食塩水の輸液によって通常は低ナトリウム血症および細胞液量減少の両方が是正される。血清ナトリウム濃度が120mEq/L未満の場合,血管内容量が回復しても低ナトリウム血症が完全には是正されないことがある;自由水の摂取量を24時間で500 1000mL以下に制限する必要が生じうる。[msdmanuals.com]

  • 視床下部飲症性高ナトリウム血症症候群

    細胞外液量の減少 がみられるが副腎機能は正常な患者では,生理食塩水の輸液によって通常は低ナトリウム血症および細胞液量減少の両方が是正される。血清ナトリウム濃度が120mEq/L未満の場合,血管内容量が回復しても低ナトリウム血症が完全には是正されないことがある;自由水の摂取量を24時間で500 1000mL以下に制限する必要が生じうる。[msdmanuals.com]

  • 家族性グルココルチコイド欠乏

    低ナトリウム血症の種類[低浸透圧性低Na 血症(細胞外液量減少)] 低ナトリウム血症の種類[低浸透圧性低Na 血症(細胞液量増加)] 腎不全:尿量減少による水貯留 心不全:静脈系容量が増加。[nagasaki-clinic.com]

  • フルドロコルチゾン

    低ナトリウム血症の種類[低浸透圧性低Na 血症(細胞外液量減少)] 低ナトリウム血症の種類[低浸透圧性低Na 血症(細胞液量増加)] 腎不全:尿量減少による水貯留 心不全:静脈系容量が増加。[nagasaki-clinic.com]

さらなる症状