Create issue ticket

考えれる80県の原因 細い四肢

  • クッシング症候群
  • しもやけ

    霜焼けは、寒さのために血行が悪くなり生じる炎症であり、手足など血管が細い四肢末端に発症しやすい。また、肌が外気に露出している頬や鼻先や耳たぶも霜焼けになりやすい部位である。よく「ジンジン」と形容される感覚を起こしやすく、むず痒い、痛い、熱いなどと表現されることもある。指に発症した場合は、患部が硬く膨れ上がる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • ホモシスチン尿症

    ホモシスチン尿症 (ホモシスチンにょうしょう、英: homocystinuria) とは、先天的な遺伝子の異常によって過剰発生したホモシステインが尿中に大量排泄される疾病である。 必須アミノ酸のひとつであるメチオニンの代謝経路において、中間生成物ホモシスチンの代謝酵素であるシスタチオニン-β合成酵素(シスタチオニン-β-シンターゼ、英語版)の先天的欠損によりホモシスチンがシスチンに変換されず、体内に多量に蓄積され尿中へ排出される先天性アミノ酸代謝異常症のひとつである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 不眠症

    この検査を行えば、睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害などの診断も正確に行うことができます。 また、睡眠のパターンだけでなく、生体リズムを把握するために、細い柔らかなチューブ状の直腸体温計を肛門に入れて、体温の変化を見ることもあります。[e-chiken.com]

  • レイノー病

    血行障害性疼痛 概要 血行障害性疼痛は主に四肢に生じ、末端の血行障害によって生じる痛みです。四肢の血管、特に血管が病的な収縮や炎症、動脈硬化などにより血行障害をもたらし、末梢の組織が虚血状態となります。[jspc.gr.jp]

  • 多発性神経炎

    多発性神経炎 では、手袋・靴下型といって、両側の四肢の末端に近いところに症状が起こるのが特徴です。膝から下が細くなったり、足の関節を動かす力や手の握力が弱くなります。 感覚の障害としては、足の裏のしびれなどが最初の症状として起きます。 原因を早く発見して、それを排除することです。例えば、糖尿病なら血糖のコントロールを上手にすることです。[cocokarada.jp]

  • 癤腫症

    体幹部においては体腔内との交通の有無の確認. 3)手・足の外傷 4)切断四肢(指趾)への対応 [診断] 受傷時間・受傷機転など,情報をできるだけ収集しておく.血管・神経ともに細い部位ではあるが,再建可能なものは再建することが望ましいため創の深さを正確に評価すること.自傷行為の場合,精神疾患の治療歴や,受傷時の薬物(アルコール・向精神薬など)[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 正中神経障害

    詰まって、神経に血液が通わなくなることで神経障害が起こる 顔面神経、外眼筋、聴神経の麻痺や四肢の神経障害など 糖尿病性神経障害の検査と診断 糖尿病性神経障害の検査と診断 神経障害を調べるための検査 検査項目 特徴 末梢神経伝導速度 末梢神経による刺激の伝わる速度を測定する検査です。[e-chiken.com] 糖尿病性神経障害の分類 分類 原因 症状 多発性神経障害(知覚・運動神経の障害) 神経細胞内にソルビトールという物質が蓄積されることで、神経障害が起こるとされている しびれ、冷感、神経痛、感覚麻痺、こむらがえりなど 自律神経障害 発汗異常、立ちくらみ、便秘、下痢、胆のう収縮能低下、尿意を感じない、インポテンツなど 単一性神経障害 細い血管が[e-chiken.com]

  • 糖尿病性自律神経障害

    詰まって、神経に血液が通わなくなることで神経障害が起こる 顔面神経、外眼筋、聴神経の麻痺や四肢の神経障害など 糖尿病性神経障害の検査と診断 糖尿病性神経障害の検査と診断 神経障害を調べるための検査 検査項目 特徴 末梢神経伝導速度 末梢神経による刺激の伝わる速度を測定する検査です。[e-chiken.com] 糖尿病性神経障害の分類 分類 原因 症状 多発性神経障害(知覚・運動神経の障害) 神経細胞内にソルビトールという物質が蓄積されることで、神経障害が起こるとされている しびれ、冷感、神経痛、感覚麻痺、こむらがえりなど 自律神経障害 発汗異常、立ちくらみ、便秘、下痢、胆のう収縮能低下、尿意を感じない、インポテンツなど 単一性神経障害 細い血管が[e-chiken.com]

  • マルファン症候群

    マルファン(Marfan)症候群について 大動脈や心臓弁の異常、骨格異常(長身、長く細い四肢、手指、漏斗胸、脊椎側彎など)、眼異常(水晶体脱臼など)を呈する先天性の病気です。その大多数は遺伝性であり、約2万人に1 2人の発生といわれます。[osaka-med.ac.jp]

さらなる症状