Create issue ticket

考えれる462県の原因 紅斑性発疹

  • ウイルス性発疹

    薬疹と鑑別すべきウイルス発疹症 播種状丘疹型薬疹と紛らわしいウイルス発疹症には,麻疹,風疹,伝染,伝染性単核症などがある。ウイルス感染症に加えて,溶連菌感染症も鑑別に挙がる。[jmedj.co.jp] 、伝染(りんご病)、突発発疹(赤ちゃんの病気)、ロタウイルス感染症、伝染性単核症、および名もないかぜウイルスによる発疹症などがあります。 発熱と発疹がみられる病気に川崎病や溶連菌感染症があります。[ohta-hp.or.jp] ウイルス性発疹症(水ぼうそうなど) 小児に比較的多いウイルス発疹症としては ウイルス疣贅、伝染軟属腫 単純疱疹 、水痘、 帯状疱疹 麻疹、風疹、突発発疹、伝染 手足口病 ジアノッティ病、ジアノティ症候群 が挙げられます。[jimbocho-hifu.com]

  • ライム病

    3 32日後に、咬まれたところから細菌が皮膚に侵入して、発疹(遊走)が発生します。細菌は血流に入り、他の部位の皮膚、心臓、神経系、関節といった他の臓器に拡散します。[msdmanuals.com]

  • レンサ球菌感染

    (4) 届出に必要な要件(以下のアの(ア)及び(イ)かつイを満たすもの) ア 届出のために必要な臨床症状 (ア) ショック症状 (イ) (以下の症状のうち2つ以上) 肝不全、腎不全、急性呼吸窮迫症候群、DIC、軟部組織炎(壊死筋膜炎を含む)、全身発疹、痙攣・意識消失などの中枢神経症状 イ 病原体診断の方法 検査方法 検査材料 分離[mhlw.go.jp] 届出に必要な臨床症状 肝不全、腎不全、急性呼吸窮迫症候群、播種血管内凝固症候群(DIC)、軟部組織炎(壊死筋膜炎を含む)、全身発疹、痙攣・意識消失などの中枢神経症状 病院感染の事例 5)6) A群溶血性レンサ球菌による劇症型溶血性レンサ球菌感染症は家庭内など市中で伝播した事例の他、病院感染例も報告されています。[yoshida-pharm.com]

  • B型肝炎ウイルス

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年9月 ) B型肝炎ウイルス (Bがたかんえんウイルス、Hepatitis B Virus)は、 ヘパドナウイルス科 オルソヘパドナウイルス属 に属する DNAウイルス である。 B型肝炎 の原因ウイルスである。略してHBVと呼ばれる。 歴史 [ 編集 ] 記録では 1883年 にドイツのLurmanによって最初の報告がなされている。 1964年 にアメリカの バルーク・サミュエル・ブランバーグ らにより、 オーストラリア[…][ja.wikipedia.org]

  • 蕁麻疹

    膨疹とその周囲にを伴うという特徴的な発疹を生じる。痒いというより痛痒さを訴える人が多く、激痛であるという人さえいる。一過であり、汗をかくたびに生じる。発生機序はまだ確定されていないが、一つの説として、発汗刺激因子により中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経を介して皮膚の神経末端でアセチルコリンが分泌され膨疹が生じるというものがある。[ja.wikipedia.org]

  • B 群溶血性レンサ球

    (4)届出に必要な要件(以下のアの(ア)及び(イ)かつイを満たすもの) ア 届出のために必要な臨床症状 (ア) ショック症状 (イ) (以下の症状のうち2つ以上) 肝不全、腎不全、急性呼吸窮迫症候群、DIC、軟部組織炎(壊死筋膜炎を含む)、全身発疹、痙攣・意識消失などの中枢神経症状 イ 病原体診断の方法 検査方法 検査材料 分離・[pref.tottori.lg.jp] 《届出基準》 医師は、症状や所見から当該疾患が疑われ、かつ、以下の届出に必要な要件を満たすもの アの(ア)及び(イ)かつイを満たすもの ア 届出のために必要な臨床症状 (ア)ショック症状 (イ)以下の症状のうち2つ以上 肝不全、腎不全、急性呼吸窮迫症候群、DIC、軟部組織炎(壊死筋炎を含む)、全身発疹、痙攣、意 識消失などの中枢神経症状[kansen.pref.saga.jp] 届出に必要な臨床症状 肝不全、腎不全、急性呼吸窮迫症候群、播種血管内凝固症候群(DIC)、軟部組織炎(壊死筋膜炎を含む)、全身発疹、痙攣・意識消失などの中枢神経症状 病院感染の事例 5)6) A群溶血性レンサ球菌による劇症型溶血性レンサ球菌感染症は家庭内など市中で伝播した事例の他、病院感染例も報告されています。[yoshida-pharm.com]

  • ウイルス性上気道感染症

    耳下腺腫脹が消失するまで 風疹 発疹が消失するまで 水痘 すべての発疹が痂皮化するまで 咽頭結膜熱 主症状が消失した後2日を経過するまで 結核 医師が伝染のおそれがないと認められるまで 第3種 腸管出血性大腸菌感染症 症状が改善し、医師が伝染のおそれがないと認められるまで 流行性結膜炎 眼症状が改善し、医師が伝染のおそれがい認められるまで[www2.nms.ac.jp] 症状 …かぜ様症状と引き続きみられる顔面の特徴的なである。発疹は顔面頬部のびまんと四肢伸側にレース状、網目状が出現する。一旦消失して再び発疹が2 3週間後に出現することもある。掻痛感を訴えることもある。合併症として溶血貧血、血小板減少性紫斑病や関節炎を起こすことがある。[nagaoka-med.or.jp] りんご病(伝染) りんご病のウィルスが喉や鼻から入り、約2週間後に発病します。 発疹の出る約1週間前に、微熱、のど痛、咳、鼻汁などのかぜの様な症状がみられることあり、この時期によくうつリますのでご注意ください。 発疹が出てからはうつりません。 ほっぺがりんごのように赤くなり、腕や太ももにも赤いまだら模様が出来きます。[matsuda-kids.com]

  • 上気道感染症

    耳下腺腫脹が消失するまで 風疹 発疹が消失するまで 水痘 すべての発疹が痂皮化するまで 咽頭結膜熱 主症状が消失した後2日を経過するまで 結核 医師が伝染のおそれがないと認められるまで 第3種 腸管出血性大腸菌感染症 症状が改善し、医師が伝染のおそれがないと認められるまで 流行性結膜炎 眼症状が改善し、医師が伝染のおそれがい認められるまで[www2.nms.ac.jp] 入院前2週間以内) ⑩ 年齢因子(生後6ヶ月未満) 0 2点:健常群、3 4点:境界群、5点以上:危険群 感染症の登園・登校に関する基準 分類 病名 登園・登校の目安 第1種 コレラ 赤痢 腸チフスなど 治癒するまで 第2種 インフルエンザ 解熱した後2日経過するまで 百日咳 特有な咳が消失するまで 麻疹 解熱した後3日経過するまで 流行耳下腺炎[www2.nms.ac.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    感染症の発生状況のページにもどる 伝染(りんご病) (1)定義 B19ウイルスの感染によるを主症状とする発疹疾患です。 (2)臨床的特徴 幼少児(2 12歳)に多いが、乳児、成人が罹患することもあります。潜伏期は4 15日。顔面、特に頬部に境界明瞭な平手で頬を打ったような紅斑が突然出現 します。[city.okazaki.lg.jp] 解熱に前後して小さなや紅色丘疹が出現し、散在、時に斑状融合性に分布します。発疹は体幹から始まり上肢、頚部の順に広がりますが、顔面、下肢には少ないです。発疹は1 2日で消失します。脳炎を合併することがあります。 (3)予防方法 予防接種(ワクチン)はありません。[city.okazaki.lg.jp] つづいて四肢に対側にレース様のが出現します。消退後さらに日光照射、外傷などによって再度出現することがあります。発疹の他に発熱、関節痛、咽頭痛、鼻症状、胃腸症状、粘膜疹、リンパ節腫脹、関節炎を合併することがあ ります。予後は通常、良好です。但し、溶血性貧血の患者では、汎血球減少を起こすことがあります。[city.okazaki.lg.jp]

  • 歯齦炎

    7).中毒表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens Johnson症候群)、多形滲出、急性汎発発疹膿疱症:中毒表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形滲出、急性汎発発疹性膿疱症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止[medical.nikkeibp.co.jp] 、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、多形滲出、急性汎発発疹性膿疱症、発疹、薬剤性過敏症症候群、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、遅発性の重篤な過敏症状、ヒトヘルペスウイルス6再活性化、HHV-6再活性化、ウイルス再活性化、後天性血友病[medley.life] に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症 進行したHIV感染者における播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の発症抑制及び治療 後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の発症抑制及び治療 ハンセン病 ハンセン病 ハンセン病(多菌型、らい結節[fpmaj.gr.jp]

さらなる症状