Create issue ticket

考えれる73県の原因 糸球体係蹄

  • 特発性膜性腎症

    […] iMNはネフローゼ症候群の約35%を占める球体腎炎 MNとはどのような疾患なのでしょうか MNは、ネフローゼ症候群の代表的疾患であり、腎球体壁の上皮下に免疫複合体が沈着し、これにより活性化された補体が球体足細胞(ポドサイト)を傷害し蛋白尿を来す糸球体腎炎です。[cosmic-jpn.co.jp] Debiec氏は、このように小児膜性腎症患者の一部で、血中陽イオン性ウシ血清アルブミンと抗ウシ血清アルブミン抗体の両方が認められたこと、また上皮下の免疫沈着物中にそれらが存在することを踏まえ、「実験モデルで示されているように、陽イオン性ウシ血清アルブミンが陰イオン性の球体壁に結合し、免疫複合物の in situ 形成をすることが病原となっていることが[carenet.com] 一般にメサンギウム領域の変化は乏しく、細胞増殖やメサンギウム基質の増生を伴わないため、壁(血管腔)は保たれます。 末期には球体硬化、尿細管萎縮、間質細胞浸潤などの像も観察されます。 [蛍光抗体法] 球体壁にIgGが顆粒状に沈着し、多くは補体C3も同様に沈着します。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 膜性糸球体腎炎

    MPGNは球体壁の肥厚とメサンギウム増殖が同時にみられる一次性球体疾患である.球体壁において補体系が何らかの原因で過剰に活性化された炎症性疾患といえる.原因不明の特発性MPGNは若年層(〜30歳代)にほぼ限られ,それ以降に発症するものはほとんどが種々の疾患に続発するといわれている.[webview.isho.jp] 分節性とは球体病変が球体の半分未満を侵すものと定義される。 Ⅴ:膜性ループス腎炎 上皮下免疫沈着物を認める。 Ⅵ:進行した硬化性ループス腎炎 90%以上の糸球体が全節性硬化を示し、すでに活動性はない。[ncvc.go.jp] 分類 electron dense depositの球体内分布の違いから3型の3つに分類されます。 Ⅰ型では球体内皮下に、Ⅱ型では球体基底膜内に、Ⅲ型では球体上皮下にelectron dense depositが認められます。[blogs.yahoo.co.jp]

  • グッドパスチャー症候群

    腎組織病理所見としては、光学顕微鏡所見で分節性あるいは全節性の壊死性病変とそれに反応する半月体形成が、蛍光抗体法では球体壁に沿ってIgGおよびC3の線状沈着が認められる。 以下の3つがそろえばGoodpasture症候群と診断できる。[ja.wikipedia.org] 球体基底膜抗体が陽性である。 腎生検で球体壁に沿った線状の免疫グロブリンの沈着と壊死性半月体形成性球体腎炎を認める。 上記の1および2 または1および3を認める場合に確定診断とする。 治療(急速進行性腎炎症候群の診療指針第2版) 血漿交換療法とステロイド剤の併用療法を行います。[ncvc.go.jp] 病理組織像 腎生検像は、広範に半月体形成を認める菅外増殖性腎炎が典型的ですが、腎生検の時期や腎障害の重症度によっては、巣状focal、分節性segmentalなメサンギウム増殖性糸球体腎炎やほとんど光顕上は変化を認めない症例まで、多彩です。 必須所見は、蛍光抗体法におけるIgG(まれにIgA、IgM)の球体への線状の沈着です。[blogs.yahoo.co.jp]

  • ネフローゼ症候群

    一方、ステロイドにて寛解が得られない(これをステロイド抵抗性と呼びます)かステロイド依存性という臨床的特徴を持ち、巣状分節状に球体が硬化する病変を特徴とする疾患が巣状球体硬化症です。本症の多くは原因がわかりませんが、常染色体劣性、常染色体優性の本症の一部は上皮細胞を構成する蛋白の異常が原因であることがわかってきました。[glico.co.jp] 球体は内皮細胞,基底膜および上皮細胞により構成されている(図 11-4-2).従来,有窓(大きな窓が開いている)細胞である内皮細胞は蛋白透過性のバリアとはなり得ず,球体基底膜(おもにヘパラン硫酸プロテオグリカン)ならびに上皮細胞膜の陰性荷電によるチャージバリア機能,基底膜構成成分であるⅣ型膠原線維と各種糖蛋白で形成される網状構造[kotobank.jp] 腎生検 蛍光C 3 抗体染色 球体に沿って沈着が見られる。この半円状の沈着をlinear patternと言う。 診断 病期は乏尿期、利尿期、回復期と言う経過を取る。 治療 乏尿期には安静臥床とする。 食事療法 水分 水分は「前日の尿量 不感蒸泄」とする。 塩分 浮腫の増悪予防のために、3 5g/日とする。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路疾患

    腎生検 蛍光C 3 抗体染色 球体に沿って沈着が見られる。この半円状の沈着をlinear patternと言う。 診断 病期は乏尿期、利尿期、回復期と言う経過を取る。 治療 乏尿期には安静臥床とする。 食事療法 水分 水分は「前日の尿量 不感蒸泄」とする。 塩分 浮腫の増悪予防のために、3 5g/日とする。[ja.wikipedia.org]

  • 糸球体腎炎

    腎生検所見 球体は腫大し、びまん性富核(細胞増殖)を示します。内皮細胞の腫大と増殖があります。球体内腔の狭小化を認めます。 診断 通常は腎疾患の既往がなく、先行感染があり、急性発症した腎炎で、低補体血症があれば診断できます。ASOも参考所見になります。活動性が長期間続く場合は、腎生検を行い、他疾患を除外します。[ncvc.go.jp] 腎生検 蛍光C3抗体染色 球体に沿って沈着が見られる。この半円状の沈着をlinear patternと言う。 診断 病期は乏尿期、利尿期、回復期と言う経過を取る。 治療 乏尿期には安静臥床とする。 食事療法 水分 水分は「前日の尿量 不感蒸泄」とする。 塩分 浮腫の増悪予防のために、3 5g/日とする。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    分節性とは球体病変が球体の半分未満を侵すものと定義される。 Ⅴ:膜性ループス腎炎 上皮下免疫沈着物を認める。 Ⅵ:進行した硬化性ループス腎炎 90%以上の糸球体が全節性硬化を示し、すでに活動性はない。[ncvc.go.jp] Ⅵ型: 進行した硬化性ループス腎炎 球体の90%以上が全節性硬化を示し、残存腎機能は認められない。 * 全節性:一つの球体で病変が球体の半分を超える。分節性:一つの球体で病変が球体の半分未満である。 * Weening JJ, et al.[med.osaka-u.ac.jp] 蛍光抗体法 メサンギウム領域と球体壁に沈着を認めます。 C1q染色 SLEに血栓性微小血管症を合併した症例 著明な管内増殖と内皮下浮腫を認め、内皮細胞の脱落を伴っています。 ループスⅤ型 球体の肥厚を認めます。膜性腎症の所見です。 治療 Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型が治療対象となります。副腎皮質ステロイド薬にて治療を行います。[ncvc.go.jp]

  • 急性糸球体腎炎

    腎生検所見 球体は腫大し、びまん性富核(細胞増殖)を示します。内皮細胞の腫大と増殖があります。球体内腔の狭小化を認めます。 診断 通常は腎疾患の既往がなく、先行感染があり、急性発症した腎炎で、低補体血症があれば診断できます。ASOも参考所見になります。活動性が長期間続く場合は、腎生検を行い、他疾患を除外します。[ncvc.go.jp] 病理所見 1)光顕所見: びまん性全節性の管内増殖性球体腎炎(endocapillary glomerulonephritis)の像を呈する.管内増殖は毛細血管内増殖と同義語である.球体の腫大,富核(球体毛細血管内の多数の単球,好中球の浸潤),内皮細胞の増殖・肥大,毛細血管腔の狭小化がある(図11-3-3A,B).メサンギウム細胞[kotobank.jp] 病理学的には血栓性細小血管症(thrombotic microangiopathy) を示し、腎球体にその特徴的変化が出現する。球体内皮細胞は腫大し、 基底膜から挙上、剥離し、内腔は狭小化する。また、細動脈から球体 への血栓形成が認められる。重症例では腎皮質壊死を呈する。[ibaraisikai.or.jp]

  • 急速進行性糸球体腎炎

    抗GBM型はIgG、C3が球体壁に線状に沈着が見られる。免疫複合体型は球体壁やメサンギウム領域に顆粒状の沈着が見られる。 治療 1、MPO-ANCA型RPGN MPO-ANCA型RPGNは臨床所見を以下の1-4の項目でスコアリングをおこなう。[ncgmkohnodai.org] [抗基底膜抗体型] 免疫グロブリン(IgG)が球体に線状に沈着します [免疫複合体型] IgGおよび補体が顆粒状に沈着します [pauci-immune型] IgGおよび補体の球体内沈着が認められません。[blogs.yahoo.co.jp] 病理学的には血栓性細小血管症(thrombotic microangiopathy) を示し、腎球体にその特徴的変化が出現する。球体内皮細胞は腫大し、 基底膜から挙上、剥離し、内腔は狭小化する。また、細動脈から球体 への血栓形成が認められる。重症例では腎皮質壊死を呈する。[ibaraisikai.or.jp]

  • 慢性糸球体腎炎

    球体の全体にわたって球体内メサンギウム細胞・基質の増殖像を呈し、毛細血管内皮下および基底膜内に免疫複合体が沈着することによる壁の肥厚、基底膜の二重化構造を特徴とする。また10〜20%で半月体の形成が認められる。球体における免疫複合体の沈着様式に応じて、I〜III型に病型分類されており、このうちI型が最多である。[ja.wikipedia.org] 壁の二重化はほとんど見られない。どの球体にも好中球が見られる。 4.慢性・びまん型 4a.軽度:分節性に壁の二重化が見られる。 4b.非分葉型:係蹄壁の二重化がびまん性・全節性に見られ、メサンギウム間入があるが、軸部のメサンギウム増殖は軽度である。 4c.中等度:壁の二重化がどの球体にも認められる。[nanbyou.or.jp] アルブミン尿・蛋白尿は,主に球体壁の透過性亢進により生じ,腎疾患のみならず,心血管疾患(CVD)の予後予測因子として重要である.さらに,アルブミン尿・蛋白尿は治療の効果判定にも有効である.CKD 患者では,アルブミン尿・蛋白尿を適切に評価することが重要である.[saishin-igaku.co.jp]

さらなる症状